精一杯輝く→夢見たいに綺麗で泣けちゃう→そして…【デレアニ雑感】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

精一杯輝く→夢見たいに綺麗で泣けちゃう→そして…【デレアニ雑感】

2015-04-11 03:48
    胃痛へ。(挨拶)


    どうも。実際の現場で同じ事が起こったらと考えて見ていると胃が痛くてしょうがない舞台PA系プロデューサーかぐらPです。

    さて、「アイドルマスターシンデレラガールズ」1stシーズン全13話が終わりましたね。
    私の全体通しての感想は…

    毎回胃痛との戦いでした。

    …副業で舞台関係の仕事をしている事は以前お話ししましたが、それと別で、ライブやコンサートのスタッフなんかもちょっとやってます。(あ、アイマスとかには行ってないですよ。念の為。)

    なので、裏の情景が映ると、リアルに感じる事が凄まじいんですね。
    そして、ちょっとしたトラブルでも、どう解決するかとかを考えて、このトラブルはこうで…など、現場の対応時と同様、本当に胃が痛くなってきます。

    そんな中でも今回の13話は、「1stシーズン最終話なんだからもうちょっとゆっくりゆったり見させてくれよ!><」という思いが大きかったです…

    (以後、アイドルマスターシンデレラガールズ第13話のネタバレが含まれます。)




    えーと、まずは美波の冒頭からのリーダーとしてのぶっ飛ばし。
    いや、初手からこえぇと思って居た所に倒れるみなみん…
    よりによってみなみんを倒れさせるとか…製作陣鬼畜…

    それを蘭子がカバーする形で乗り越えたと思ったその次の瞬間に客席エリア上空の雲が早く黒くなる…
    「お願い…!降らないで…!」と、現地スタッフの様に願うも、案の定無情に降り出す雨…
    そして、何処かで見た覚えがある野外ライブ公演中の雷雨→落雷による停電→中断…
    いやね、野外ライブで雨が降ったときの対応って本当に大変なんですよ…?
    ステージの水切りや機材保護用透明テントを移動させたり、機材の雨養生をしたり…orz
    落雷発生の場合は緊急時対応となりますね…(地震・火災等発生時と同等の対応です)←イベント制作目線

    …ここまで書いていて、書きながら胃が痛くなったのは内緒です。

    しかし、それらのトラブル全部を乗り越えて、飛び越えて、再開して全員で新曲披露。
    …アニメの俺らマジ有能(コール的な意味で)。

    と、ここまで書いて本当に思ったのは、デレアニの現実感と非現実感の境目が絶妙な描き方だなと言う事ですかね。
    ライブ前のドキドキや、ライブ中のトラブル発生時の描き方、
    営業や日常の風景に至るまで、どこまでもリアルで、どこまでもアニメだとそう感じました。
    …だから泣く回数も必然的に多くなるわけで…

    最後の、未央の涙や凛の笑顔は、本当に尊い。
    さて、2ndシーズンはどうなるのかしら。ワクワク。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。