春香が教えてくれたこと。【アイマス雑記】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

春香が教えてくれたこと。【アイマス雑記】

2015-06-22 02:04
  • 2
今を大切にって、本当に刺さる。(挨拶)

どうも。かぐらPです。
今日はちょっと思ったことを色々書いてみようかと思います。

「劇場版アイドルマスター 輝きの向こう側へ!」が、私にとって、アイマスPになるきっかけの作品です。
元はと言えば、今の演劇ユニットの主宰と別の映画を見に行った時。
予告編を見た時に、主宰が「よし、かぐら君。アイマス全話見ろ。」と言って来ました。
とりあえず全話貸されて、14話か15話辺りまで公開日位までで見ました。
その間多分2週間足らず。
そして、公開初日(か日付的に翌日の夜中)に、劇場版を見ました。
…私、不覚にも涙しましてね。
アリーナへどうしたいかを確かめに行った時の春香の台詞。そして、その後のみんなの涙。
私には本当に衝撃的でした。

その後、あっという間に曲を集め、全話見終わり(20話で大号泣をし、)
アイマスPへの華麗な転身を果たした後、改めてパッケージ盤を見て、やっぱり同じシーンで号泣。

今、自分が春香達と同じ様な「芸能の道」を歩いている身として、
色々と刺激を受けたことがたくさん有ります。
その中でも、プロデューサーの「今を大切に。悔いのない様に!」と言う力強い言葉。
そして、春香の「今の、全部で!このライブを成功させたいの!」という心からの想い。
正直、いつ立ち行かなくなったっておかしくない綱渡りを続けている様な状態です。
でも、お客さんの為に、今出せる全てを賭してやって行く。
そんな、「舞台人として当たり前」だけど「簡単に出来ないよ」と言われる様なことを、
ストーリーとしても、そのストーリーの作り手達もやっている。
いつの間にか、そんな"アイマスイズム"そのものに、強い尊敬と憧れを抱いていました。

この9月にある公演では、私にとって、「今の全部」でぶつかるべき公演になりそうです。
こうして影響を受けることが出来たのは、本当に嬉しいことです。
それをちゃんとやることがどれだけ大変か、想像するだけで若干くじけそうです。
でも、くじけることなく、無事に終わらせられれば良いなと思っています。
そして、10thは目一杯楽しみます!(何かが違う)

ちょっと書きたくなったので、いろいろと書いてみました。
次こそは楽曲考察に戻りたい…!いや、戻ろう。←
広告
×
いやー、アニメ、ドラマ、小説、などなど様々な媒体がこの世のなかにはありますけど、
そういったものの中から、純粋にいいなって思えるものを見つけて、自分の糧に出来るっていいことですよ、本当。

わたしも、アイマスにはずっぽりでして、文字通り、アイマスに命を救われました。
ほんと、夢とか希望とか、今の世の中では虚ろなるものを確りと描いているこの作品が、私は大好きです。
65ヶ月前
×
>>1
コメントありがとうございます。
夢とか希望とかが希薄で、そう言う事を感じづらい現代で、そういうものの大切さをきちんと描いているのって、
貴重だなって思います。
そして、それに対して自分が大きな影響を受けて、自分もそう言う事をちゃんと描ける表現者になりたいと強く思いますね。
65ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。