ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

病院(十六回戦)と父に会う
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

病院(十六回戦)と父に会う

2013-09-03 00:03
    日曜日、電話がかかってきた。父からだった。
    「明日から仕事で東京へ行く。時間があったら夜にでも会わないか」
     私は家族を蔑ろにできない上に会えば必ずお小遣いをくれる存在を無視できるほど人間ができていないので、私はそれに対しイエスという旨の返答をした。駅前で幸福実現党の支持者らしい中年女性が「私たちの生活なんですよ。私たちの生活が大切なんですよ。だから公務員の給料は減らして、その分減税するべきなんですよ」と行っているのを聞いた直後だった。ちなみに父は地方公務員である。
     その翌日、月曜日。午後から病院へ行った。3時に病院について、診察室から名前が呼ばれたのは5時半だった。小路幸也「キサトア」を読み始めてほとんど読み終わる頃になって名前を呼ばれた。
     私の担当医はニュースをチェックすることを重要視しているらしいので、私はブラック企業大賞がワタミに授与されましたね、みたいな感じのことを言った。
    「ブラック企業っていう言い方は黒人さんに失礼だと思うんですけどね。言い方を変えるべきじゃないですかね。搾取企業とかそんな感じで」
     じゃあキュアブラックは黒人じゃなきゃならんのか。ポケモンブラックの主人公は黒人じゃなきゃいけなかったのか。でもきっとこの仕事熱心でネット界隈に無理かいな私の担当医はプリキュアもポケモンもほとんど知らないだろうからそう言うのはやめておくことにした。言っても「?」みたいなリアクションしか帰ってこないだろうし。
     診察を終えると午後6時を回っていた。もう今から薬局へ行っても閉まっている。処方箋の薬の受け取りは明日に回さねばなるまい、と諦めて池袋行きの電車に乗り込んだ。
     6時半、池袋へ着いた。さすが急行は早い。でも父と昨日約束していた会う時間である午後7時半まではあまり余裕がない。私は池袋の「たしかこのあたりに居酒屋あったよな」といったあたりを歩き回り、大体のあたりを北海道料理を出すらしい居酒屋に定めて待ち合わせ場所であるジュンク堂書店へ向かった。
     ジュンク堂で時間を潰していると、父から「遅れる」とのメールが届いた。7時半時点で鶯谷にいるらしい。じゃあ8時にしとけばよかったのに。これが宮崎出身者特有の日向時間というやつか。私も宮崎出身だけど。
     そして8時にジュンク堂で合流して、2人して適当に好みの本を買ってから飲み屋へ向かうことになった。歩きながら、最初に決めておいた北海道居酒屋にするか、それともその店のすぐそばにある貝を中心とした魚介を出す居酒屋にするか迷ったが、結局北海道居酒屋にした。きっと貝の居酒屋にはザンギがないだろう、肉がないのは寂しい、と思ったからである。
     一杯目を飲みながらそんなことを父に話すと、「俺はじつは貝があまり好きではないのだ」と、長年親子してきて初の情報を父が繰り出してきた。私の判断は間違っていなかった、ということになる。今後の自己肯定のための材料にしよう。些細なことの積み重ねが重要なのだ。
     で、しばらく飲んだり食べたりしたのだが、私と父の趣味は全くかち合わないことが明らかになった。父は小説を読まないしテレビも「これが見たいから見る」みたいな感じではなく適当に流し身する程度だし、私と違って戦闘機が好きだ。でも「風立ちぬ」を見る気がしない、という点では意見は一致した。あの有名な戦闘機設計家の半生を描いていながら戦闘機が出てこないとなるとどうにも見る気が失せる、というのが父の意見で、ジブリなんだからどうせ来年の今頃になればテレビで見られるからいいや、映画って高いし。というのが私の意見だった。
     そんなわけで父と私でチューハイ及びビール及び日本酒を合計8杯程呑んだ。そしてイカソーメンだのイカの炙り焼きだの刺身五点盛りだのシーザーサラダだのを頼んだところ、会計が1万円になった。友達と一緒に飲む、という経験に乏しい私にとってこれが高いのか安いのかはわからない。けど少なくとも10日分の食費になるな、とは思った。
     それから父は山手線に乗り、私は西武池袋線で所沢に帰ってきた。まだ日付変更には時間があったのでゲームセンターに寄ってクイズマジックアカデミーに登校した。準決勝で落とされた。そして結果発表時に夏の水着がもらえるキャンペーンのスタンプが押されなかったことに気づいてから始めて、私は新学期が始まったことを実感した。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。