冴えない限界オタクが彼女欲しさに台湾の占いに行った話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

冴えない限界オタクが彼女欲しさに台湾の占いに行った話

2020-02-21 21:52
    彼女が欲しい!!!!
    加藤恵を彼女にしたい!!!
    ※加藤恵:「冴えない彼女の育てかた」という作品に出てくるメインヒロイン。超かわいい。可愛すぎて死ねる。超かわいい。ああ、その髪をクンカクンカしたいよおおお!!!超かわいい。


    欲望が出てしまいました。失礼いたしました。
    改めまして、「ニコニコ鉄道海都支社」等の動画を極稀に投稿しているMOTOR-MANです。現在、留学で台湾は台北に住んでいたりします。マンゴーおいしい。

    そんな私ですが、彼女が居ません。ええ。彼女がいないのです。「口にすれば願いは叶う」と聞くので、発声機能を備えた時から「彼女が欲しい」と言い続けているのですが、いまだに出来る気配もありません。そして出来ないまま、21歳拗らせ童貞学生となり、Twitterで女の子と遊んでいるフォロワーに喧嘩をけしかけるまでになっていましました。大変醜いですね。

    このままいくと、人生のモラトリアム期間たる大学生活を童貞のまま過ごし通し、社会人になれたとしても、30歳で魔法使いとなり、そのままホグワーツ魔法学校に入学してグリフィンドールに入寮してマイナス500億点加点される道しか見えません。非常にまずい。

    そんな時でした。適当に全裸でネットサーフィンしていると、「行天宮の占い横丁の占いはよー当たる」と書いてある記事を見つけました。
    普段は「自然派インスタをぶっこわす!」と言いながら、科学をひたすら信仰し続ける私ですが、「よく当たる」と聞くと興味が少しは湧くもの。大体の占いのレビューに「よく当たる」と書いてある気がするけど。気になる料金も、1000元程度と比較的リーズナブル(な気がする)。そして、台湾の郵便貯金の口座を見てみると、3900元が入っていました。

    でも科学を宗教として進行する私です。さすがに占いなんてねえ。


    <占い横丁>
    さて、今回行ったのは、台湾は台北の行天宮にある「占い横丁」のお店の一つで、「徐實琴」というお名前の女性の方がやられています。なんでこの店にしたのかというと、「台湾 占い横丁」とGoogleの検索ボックスに入力したら、サジェスト一覧の一番目に「台湾 占い横丁 徐實琴 予約」と出てきたからです。以上です。

    テレビとかにも割と出演されているようで、バナナマンとか志村けんとかと一緒の撮影した画像が沢山ありました。また、先生は日本語もお上手なので、日本人も占ってくださいます。そのせいもあってか、このお店は常に人気なよーで、予約が必須です。私も二日前に電話で予約しました。

    ちなみに、この記事はこの店の広告記事とかではなく、限界オタクが「彼女欲しい」という動機で占いにいったことをレポートしただけのものです。お金とかは一切貰ってませんし、むしろ払いました。というか、何かくれるなら金じゃなくてNintendo Switchくれ。Nintendo Switch。


    <占い結果>
    というわけで、この記事を見ている半分くらいの方が期待されているであろう、占いの結果を書いていきます。今回占ってもらったのは、「恋愛運」「性格」「財運」「仕事」の四つ。特に大事なのが「恋愛運」です。ぶっちゃけこれのためだけに来たようなもんですからね。
    ただ、これらの運勢を占われる前に、総合運勢的なものを占われたので、それから先に書いていきます。

    【総合運勢】
    先生「今年はあんまり運が良くないですね。それに欲張りになってますねえ。」
    ぼく「欲張りねえ。私なんて、清廉潔白と純粋無垢の擬人化的存在だというのに。」「・・・。」





    「欲望垂れ流しじゃねえか!!!」

    というわけで、初手から当てられました。え、なんなの?この先生、井上尚弥並に初手からカウンター決めてくるよ?世界チャンピオン?ボクシングの世界チャンピオンなの?え?
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    先生「んでねえ、来年は恋愛運がすごく上昇するわね。」
    ぼく「なるほど、来年には加藤恵を安芸倫也から寝取れるのね・・・。ふむふむ。」
    先生「だからねえ、恋愛とかそういうのは来年ね。来年。」
    ぼく「22歳童貞確定おめでとう、ワイ。」
    先生「あと再来年厄年ね。日本とは違う。」
    ぼく「恋愛運急上昇の翌年が厄年か、乱高下が激しいな」
    先生「ちなみに2016年も厄年だったよ。2016年辛かったでしょ?」
    ぼく「2016年ねえ・・・あ、受験勉強失敗してたわ。
    先生「だから、気を付けてね」
    ぼく「この先生めっちゃあててくるやん」

    と、始終こんな感じでした。この後もズバズバ言い当ててくるので、本当に怖かったです。多分この先生はCIAとかFBIとかHTBとかの係員だと思います。こんなに当ててくる原因はアメリカの陰謀かフリーメーソン以外に思い当たりません。

    【恋愛運】
    皆様お待ちかね、恋愛運です。
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    先生「んで、恋愛運ね。」
    ぼく「はい。(加藤恵との運命ktkr)」
    先生「まず最初に言っときますけど、私は他の人みたいに「お金持ちと結婚できる」とか「この時期に出会う」とかは言いません。胡散臭いからね。」
    ぼく「超わかる」
    先生「なので、相性とか身の振り方とかを教えていきますね」
    ぼく「アッハイ」
    先生「まずねえ、あなたは理想が高すぎるね。
    ぼく「さようなら加藤恵
    先生「理想が高すぎるから、こんなんじゃ彼女出来ないよ。
    ぼく「加藤恵ありがとーー!!!!押すなーー!!!!押さないでーーー!!!!!!フラッシュ焚くなー!!!邪魔なんだよ下がれーーー!!!コ〜ンギョ〜コンギョ〜コンギョガップロ〜〜/安芸倫也!お前入ってんだよ!下がれっつんでんだろ!加藤恵ありがとー!!!!!さよーならァーー!!!!!

    先生「だから、あなたはまず理想を下げなさい。
    ぼく「・・・はい。」
    先生「理想が高いのは分かるけど、90点とか100点探してたら、その後は欠点しか見ることが出来ない。だから、まずは友達の中から合う人を探しなさい。んで、そこから長所とか欠点を探していくのよ。」
    ぼく「・・・分かりました。」
    先生「とりあえず友達を作りなさい。いいわね?」
    ぼく「はい・・・。」
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    というわけで、加藤恵は無理そうなので、銀魂のさっちゃんみたいな人を探すことにします。さっちゃんの方がよっぽどいなさそうだな。


    【性格・仕事】
    ここから先はほとんどの方が興味ないと思いますが、見たい方はそれでも見てやってください。
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    先生「んで、性格ですけど・・・」
    ぼく「さようなら加藤恵」
    先生「貴方は優しいですけど、プライドが高いですね。
    ぼく「プライドが高い?」
    先生「あんまり人に頼らない。助けが必要な時でも、恥ずかしがって自分で何とかしようとしてしまう。
    ぼく「またまた当たっとるやんけ、もう恐怖を感じなくなってきたわ。」
    先生「そんなことあったでしょ?」
    ぼく「・・・高校の時とかまさにそうでしたね。勉強してて分からないところがあるのに、変に恥ずかしがって自分で解決しようとしてたりしてました。」
    先生「そういうところよ。もっと人に頼りなさい。そして素直になりなさい。
    ぼく「はい・・・。」
    先生「前に、人にそういうこと言われたでしょ?」
    ぼく「親からめっちゃ言われました。」
    先生「でしょ?だから、これから家族や友達にも自分の性格を話してみるといいわ。そして素直になりなさい。」
    ぼく「素直に。」
    先生「そう。」「例えば、街を歩いてて、道が分からない時にはGoogleとかじゃなくて、通りすがりの人に聞いてみるとか。」
    ぼく「非オタクしぐさだ・・・。」
    先生「そういうことをこれからしていきなさい。」
    要約:脱オタクしろ
    --------------------------------------------------------------------------
    先生「あと、貴方割と緊張するでしょ?
    ぼく「また当てよった」
    先生「それと、胃腸が弱い。
    ぼく「さらに当てよった。」
    (※MOTOR-MANは、起床後に歯を磨く前に唾をのんだり、食後すぐ横になるだけで下痢になる、クソザコ胃腸の持ち主です。)
    先生「それは全部ストレスからくるのよ。そして、プライドの高さがそのストレスの起因になってる。
    ぼく「プライドを捨てろ、と・・・。」
    先生「捨てるというか、少しずつ無くしていきなさい。」
    ぼく「ふぁい・・・。」
    先生「でも、『プライドが高い』ってのは悪いことだけじゃないの。」「プライドが高い人は達成感を求めるの。」「だから、あなたは達成感を必要とする、専門職や技術のアドバイザー、相談役などのコミュニケーションが多い職に就くといいわね。ずっと座ってたりする職業には向いていない。
    ぼく(ワイ、コミュ障なんですが・・・)
    先生「そういった職業に就くのが楽しいと思うわよ。楽しくないと飽きるし。」
    ぼく「ふむ」
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    というわけで、割と言い当てられました。怖い。

    【財運】
    最後はお金の話です。Nintendo Switchは買えるんでしょうか。
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    先生「んで、財運ね・・・。」
    ぼく「はい」
    先生「まず、貴方は株やFXなどの短期的な投資は向いてない。
    ぼく「何故に?」
    先生「貴方プライドが高くて負けず嫌いだから、短期的な投資をやると、すぐに金をつぎ込んじゃって破産するの。」
    ぼく「FXで有り金全部溶かした顔になりやすいってことか」
    先生「だから、土地や不動産みたいな長期的な目線で見る投資の方が向いているし、お金も貯めれるわ。」「株も長期的な目線で買うのなら、いいかもしれないわね。」
    ぼく「短期的な投資より長期的な投資の方が向いてるってことか。
    先生「そういうこと。」
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    先生「あと、手相を見るわね。」
    ぼく「はい。」
    先生「ちょっと手に書いていくけど、これは水性ペンだから、あとで手を洗えば取れるわよ。だから安心して。
    ぼく「いい人かよ。」
    先生「日本だと片手しか見ないけど、こっちでは両手を見るわ。」「左手は人生の総合的な状態、右手は現在の状態を表してるわ。」
    ぼく「ヒンドゥー教みたい」
    先生「んー、左手から見ると、お金に困ることは一生ないわね。
    ぼく「やったぜ勝ち組、酒池肉林」
    先生「んで、右手から見ると・・・」「あなた最近出費が多いわね?」
    ぼく「・・・。
    先生「何に使ったの?
    ぼく「
    先生「出費を控えなさい。今は金に困らないけれど、使いすぎてゼロになったら元も子もないからね?」
    ぼく「ふぁい」
    ---------------------------------------------------------------------------------------

    というわけで、占いはこんな感じでした。
    このあと、上記の事が簡単に書かれた紙と、今後12年の運勢について書かれた紙(日本語)をいただきました。料金は先ほども言った通り1000元ですが、個人的には結構コスパもサービスもよいものだったと思っています。占い初めて行ったので善し悪しは全然わからないんですけどね。
    ですが、良かったことは事実なので、皆さんも彼女が欲しくなったら行かれてみてはどうでしょうか。すでに彼女がいる方は、横浜港に係留されているクルーズ船に乗って不潔ルートを通ってきてください。

    「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉があり、「占い」というものは完全に信用できるものではないとされています。私もそう思います。しかし、少しは自分のことを理解する手助けになるのもまた事実だと思います。ですので、今回のこの占いを機に、少し自分の事を見直し、今後の人生を明るく楽しいものにしていきたいなと思います。
    この決意もあってか、帰りの駅のそばにあるマツキヨでTENGAを買うことを回避することが出来ました。出費は抑えていかなくてはいけませんからね。クーポン使ってミスドで6個ほどドーナツ買っちゃいましたけど。

    というわけで、以上、「冴えない限界オタクが彼女欲しさに台湾の占いに行った話」でした。次回は「MOTOR-MAN、ついに童貞のまま30歳を迎える」です。ご期待ください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。