ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ぼいこん!第1回 S氏のBANについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぼいこん!第1回 S氏のBANについて

2018-08-06 06:31


    本記事は、ぼいこん!第1回における、件の参加資格剥奪について、代表Каiтоの言葉です。

    運営としては不適切な言葉遣い、文章としての拙さがあると思われますが、
    完読いただけますようお願い申し上げます。


    箇条書きとはなりますが、以下の経緯によって今回の処置なりました

    ・氏の主催の企画において、問題が発生した

    ・私が問題対処に協力したが、虚偽があり謝罪等はなし、音信不通になり縁を切る

    ○今回参加する際に、多方面(参加しているしていないにかかわらず)から多くの報告があり、その後の事実確認をする。

    ○が、その態度に対して個人として不安を覚える。

    ・彼がこのまま参加して、企画が良いものになるか、運営陣で討論。

    ・様々な意見があったが、多数決で彼の参加を制限する処置に。


    簡潔ですが、以上が処置までの経緯です。
    彼の起こした問題、については
    https://dic.nicovideo.jp/b/a/pubgroid/1-
    こちらをお読みいただくほうが早いかと存じ上げます。

    主な原因は、○の二点。

    今回彼が参加を表明した後、運営には彼がいるなら参加しない
    という声をいくつか見かけました。直接問い合わせが来ているものもあります。
    噂の独り歩きでしょうが、件の問題以降も、違反を見たという話も聞きました。
    処罰執行後、参加表明を上げた方もいます。
    以上は当人らの希望により匿名となります。




    それらを含め、事実確認にDMをいたしました。



    以下返信です





    この時点で、私は彼に対して

    ・騒動の渦中にあった人間として、責任・反省などを感じない

    ・以前の互いの関係を踏まえて、この態度、言葉遣いである

    ・まず質問への返答ができていない


    ここで、彼の参加について運営に話を持ち上げます。

    彼の参加で、周りにも迷惑がかかる、不快な思いがあるのではないかと。

    以下運営陣での彼への考え








    (こちらにあったは発言は、他への影響を考え、一部非公開にいたします)





    以上も踏まえ、私は

    彼の参加そのものが、参加者、参加を検討している方に対して
    何かしらの波紋が必ず発生すると考えました。
    氏の主催の企画、に参加していた人間もいたので。

    理由は彼の現時点で私が感じた上記の三点と
    運営陣のこれらの考えを踏まえてです。

    個人の感情として、彼とはうまくやっていけないと思ったし
    もちろんそれをのぞき、自身が参加者の立場でも、
    同じように思うだろうと考えました。


    以上のことより、私の最終決定で今回の処罰に至りました。


    氏の企画に関連する諸々のツイートはすでに消されているため、
    問題直後の彼の言動に詳細は、私の記憶によるものですが
    嘘偽りなく、自己誇示の発言をしていたのは事実です。
    これは私のほか数名の証人もいます。
    以下、私の記憶をたどったものです。

    ・PUBGROIDはAHSから不問にしてもらいました、はい。
    ・別にスパチャも返金したしいいじゃんか。
    ・ロゴつけてないし規約違反じゃない、これいけんじゃね?無罪じゃん。
     →その後配信画面が発覚(https://www.youtube.com/watch?v=d_Rtmtuj2P8&t=9831s)


    まだあると思いますが、今思いついたのはこちらで。
    公開処刑とでも、いじめとでも、捉えていただいて結構です。
    質問は随時受け付けます。

    @kaitoyellow、もしくはDiscordのDMまで
    公にする必要があると考える情報は以上になります。
    他にも公に開示するべきだという質問があれば、それも含めて
    お問い合わせください。
    また、他運営として協力いただいてる方々には問い合わせず、
    私に直接連絡いただくようお願い申し上げます。



    ぼいこん! 運営代表 Каiто



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。