その界隈の人間にはひどく怒られそうな話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その界隈の人間にはひどく怒られそうな話

2020-09-20 05:24

    どうもです

    友人と話していて、音楽を聴く理由や姿勢があまりに真逆で面白いなあと思っている中、

    実はアイドルソングとボーカロイド楽曲というのは似ているのではないだろうか、

    とちょっと思ったので何となく書き記しておく。

    おそらく双方の界隈の人間はあいまみえることがないと思うので、

    その手の人が聞いたら大激怒しそうな話ですが、

    まあはたから見るとこんな意見もあったりするくらいの感じで軽く流してください、


    まず初めに、音声が平均化されていること。

    ボーカロイドというのは、モデルの声があり、

    それを音程に合わせて調整したりなんなりでできるため、

    非情に楽譜通りと言える。

    一方、アイドルソングは基本的に複数人で歌うのがベースなので、
    (TOKIOみたいな役割決まってるパターンは除く)

    基本的に複数人で歌うという行為は、個性を削ぐんですよ。

    合唱もそうなんですけど、声を合わせて歌う以上、勝手なことをできないんです。

    皆が普通に歌う中、一人だけ中島みゆき居たら浮くじゃないですか。

    そういう意味では、それぞれの個性を削いで削いで、

    平均化された音声、表現になっていくので、これも楽譜通りに近いものだと思う。

    という一つ目の共通点。


    二つ目、一般的にアップテンポで盛り上がりやすい曲が人気であること。

    これはまあわかりやすいかなと。

    そんなの大体のアーティストそうじゃんと思われるかもしれないですが、

    そのアーティストのコンセプトうんぬんがあるのでそんなことも無いです。

    米津玄師のLemonもLoserも馬と鹿も明るい曲じゃないし、ノれる曲ではないし。

    でもアイドルとボーカロイドで求められている(ように見える)ものはそういった、

    明るく、テンション高く、言ってしまえば「バカになれる」曲

    ボカロであれば、メルトのような甘ったるい曲から、

    みっくみくみたいな歌ってる媒体そのものをさしたもの、

    マトリョシカのようなどんちゃん系、千本桜的なノリ系、

    曲自体はアイドルソングっぽくはないですが、

    そういう売れている曲を系統で見るとアイドルソングっぽいですよね。

    みっくみくにしてあげるとモーニング娘もWowWowはやってること本質一緒ですよね。

    あとはすごくわかりやすい恋愛ソングに、盛り上がる系。

    実にアイドルソングの踏襲という感じがする。


    その3、そういった曲になっていく場合、基本的に歌詞にあまり目を向けられない。

    正直、双方ともそういった目線としては「意味の有る歌詞は求められていない」

    そもそも歌詞なんか聞いちゃいない人間の方が圧倒的に多いと思うし、

    覚えやすい、わかりやすい、キャッチーな言葉選びで、

    言ってしまえば読み物として浅いものが多いという点

    もちろん、いや、歌詞めっちゃ重視してるやつあるからwwww

    っていう意見が出るのはわかる。

    それは双方そう。

    それはあくまで、その中に入り込んでいるあなただからわかるのであって、

    ボカロはわかんないけどこの曲は知っている、

    AKBはよくわからんけど、この曲はよく聞くよね、

    に該当するものの話である。あくまではたから見ている目線だし、

    実際そういう曲を重視して作られているし、その方が売れているよねという話。

    こういうのもある、というのはあくまで事象として存在しているって話で、

    表向きに目につくようによくやっていることは、という話。


    4つ目、育った土壌が、大衆の目にさらされる環境であること。

    アイドルソング、ボーカロイドのような曲ではなく、

    一般的なJpop聞くときって、他人と聞くとか、誰がどういうリアクションをとるかとか

    今はまあ昔に比べてスコープしやすい環境にはなりましたが、あんまり考えませんよね。

    ボーカロイドの面白かったところは、まずニコニコ動画という媒体で流行り、

    それが、コメントという形で、お互いの感覚を共有しあえるんですよ。

    その曲特有の共通のネタや、弾幕、

    これってアイドルのライブのコールにすごく似ていません?

    みっくみっくにしてやんよで埋め尽くされること、観客が全く同じ言葉を叫ぶことは、

    本質的にやっていること一緒ですよね。盛り上げというか盛り上がりというか。

    常に横には同じように見ている人間がいて(ニコニコの場合、時系列のズレはありますが・・・)、

    その人間たちと、感覚や感情を共有することが出来る。

    これも非常に似ている。


    その5、ビジュアルが前面にあること

    ボカロに関しては時期もありますが、登場するキャラクター有りきみたいなところ

    ありましたよね。一枚絵でもミクが描かれたり、動画でもミクが主役だったり。

    メルト然り、千本桜しかり、みっくみく、マトリョシカ然り・・・・

    モザイクロールなんかもGUMIがなんかしますよね。

    アイドルも基本的にはビジュアルありき(というかそっちがメイン)なところがあるので、

    そのあたりも少しだけですが似ている感じがしますね。



    といろいろ考えたときに、属性としては双方似ているのかもしれないなと思った次第。

    もちろん、「いや、アイドルソングでもソロはあるし、そういう人はうまいし」とか、

    「いや、ボカロにも抑揚あるし、ミクちゃん感情込めて歌ってるから」って

    いう人はいるかもしれませんが、

    それは僕もそう思いますし、そしてそれは、さっきも言ったように、

    あくまで内側でそれを見てきたからであり、

    はたから表面をあっさりさらったらという話。

    youtubeとか別媒体でボカロ知る可能性もあるので、全部が全部ではないと思いますが、

    以外と似ているし、その割に双方全く別物として、互いに忌み嫌っている感じがして、

    面白いなあと思いました。

    多分ドルオタにアイドルソングってボカロっぽいよねって言っても、

    ボカロ好きにボカロ曲ってアイドルソングっぽいよねといっても、

    おそらく理解されないし、ブチ切れられそう。こわいこわい。

    まあ共通点をいくら探したところで、違うところもいくらでもあり、

    99同じ物でも1つ違えばまったくの別物だとする考えもあるわけで、

    たまたま、どっちかを好きになっただけという話で、それが悪いとかもありません。

    ただ分析してみたら面白いねえっていう。

    この話に自分からなんか結論とか偉そうなことを言いたいわけではなく、

    なんとなくふと思ったのでまとめたくらいの感じです。オチとかは無いです。

    終わり。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。