『ハドソン川の奇跡』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ハドソン川の奇跡』

2016-10-01 22:42
    96分が長い。理由は2つ。
    (1)全般的にショットが弱い。盟友トム・スターンの仕事も光への感度が衰えた感がある。本来の気質に加えて高齢故の早撮り体制も照明設計にかける時間を削る悪癖となっているのではないか。
    トレードマークとなった(手軽で手間取らない)ハーフシャドウが多用され、室内撮影ではありものの照明だけで撮っているパターンが多いように思われる。
    曇天の日中という事実に則したロケーションが災いして、特に機内の映像が薄暗がりというのも頂けない。脱出前のハンクスが最後部を確認して戻ってくる、という何も「見せ場」がないシーンでも、かつてのイーストウッドなら機内を闇で覆い、行って戻るだけの行動を恐怖体験として演出したのではないか。

    かと思うと、ハンクスとインタビュアーのなんでもない切り返しにわざわざトラッキングショットを使ったりして、思いつきで撮影した部分も多いのではないか(それが効果を生んだとも思えない)。

    車道を横断するハンクスの脇から現れるタクシー・機内に流れ込む水・客室に現れるハンクス等1ショットで驚きをもたらすはずの効果が弱い。つまりはケレン味に欠く。


    (2)脚本が弱い。
    70年代的な群集劇の定礎を持たないので各乗客のドラマパートが浮いてしまっている。例えば、川に身を投げた夫人がヘリで助けられるシークエンスなども「事実だけを伝える」という名目の下、フィクショナルな脚色が避けられた結果「見せ場」を作れないという悪循環に陥ってしまう。

    己のプライドでイジイジ悩み徘徊し他人に縋るハンクスの姿は正しく『真昼の決闘』の系譜であり、結局彼の心理セラピーを延々見せつけられただけ、という印象が強い。
    しかも決着の付け方がまた「見せ場」にならない、「映画的」とはお世辞にもいえないのだ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。