【随時更新中】かっこん辞典【最終更新:2020年5月20日】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【随時更新中】かっこん辞典【最終更新:2020年5月20日】

2020-05-09 02:26
  • 1

かっこん配信で使われる用語集です。
意味を調べたい時、思い出したい時などにご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
~記事の見方~
★〇〇〇・・・用語
【×××】・・・ジャンル
→△△△・・・解説
ーーーーーーーーーーーーーーー

検索ワード
【セリフ】、【その他】、【スマブラ】
【ぷよぷよ】、【テトリス】、【スプラ】
【ゼルダ】
NARUTO、BLEACH、HUNTER×HUNTER
テニプリ、ヒカルの碁、惡の華
マテパ、清杉、1/Nのゆらぎ
スパイラル、里見八犬伝、世界でいちばん大嫌い
君といた未来のために、ライアーゲーム
新堂敦士、タマゴ王事、たあ子さん
ミリロンパ、空中英語教室、衛門
ダンガンロンパ、ハガレン、ナルトス

ーーーーーーーーーーーーーーー

『かっこん〇〇』シリーズ

かっこんインフィニティ
【テトリス】
→無限TSD/オムライスインフィニティなどと称される事もある。
 一巡目のTZがSL(左右対称の場合はTSがZJ)のいずれかより先に来ている事が条件。
 簡単かつ最強の攻撃手法であるが、TSDを放つタイミングの判断が問われる事もある。

かっこんエターナルインフィニティ
 【テトリス】
→かっこんインフィニティ後に中空け3列RENに繋いで攻撃を続ける派生技。

かっこんシュスシュリット
【スプラ】
→スプリットステップを模した連続小ジャンプのこと。
 相手の照準を乱し攻撃を当てられそうで当てられないドツボにハメて、
 自分の攻撃を当てる為に用いる技術。
 直線的な攻撃には強いが、筆やローラー、ボールドマーカー等の範囲攻撃には通用しない。

かっこんスペシャル
【ぷよぷよ】
→中央3列にタワーを組み、相手が相殺出来る火力を持つ前に2ダブ~4連鎖を打ち込む。
 虚をつく攻撃として成功率(勝率)は高いが、その後対策されると無効化される為、
 初見殺しとして使われる事が多い。

かっこん砲
【ぷよぷよ】
→かっこんが「のほほ積み(カエル積み)」を長年続けた事により編み出した応用技。
 右3列を積みながら連鎖を組む事により、弱点とも言える運要素を限りなく排除した。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『あ』行

あ、お前今馬鹿にしたな?
【セリフ】
→呆れられた時、相手にされなくなった時に言うセリフ。
 元ネタは惡の華。
 山田が、「惡」の漢字について指摘したら春日に切り捨てられた時に言った。
 山田「あ、く…のはな?おい、コレ漢字間違えてるぞ」
 春日「うるせー!旧字体なんだよ!お前には解んねーよ!」
 山田「あ、お前今馬鹿にしたな?もういい絶対返してやんねー!」
 春日「うるせー馬鹿!返せよ!」

阿久津仁のプレイスタイル
【その他】
→型にハマらず、持ち前の瞬発力と柔軟性でどんな状況からも攻撃に転じる戦法。
 元ネタはテニプリ。どんな態勢からも返球出来る阿久津仁の強み。憧れている。

朝から明朝(あさ)まで
【セリフ】
→初日の朝から翌朝まで一気に過ごす事をする時に言うセリフ。
 元ネタは新堂敦士『君を壊したい』の歌詞。

明日のナージャ…の、なーぢゃ?
【セリフ】
→絶対に許さないの矛先を小清水に向けて言っている人に真相を説明する時に言うセリフ。
 元ネタは笑っていいとも!中居正広が、小清水亜美に言った。
 その後、「みなさんこんにちは!ナージャです!」「…」「んカワイイ~」と続く。

アスマのこんな顔、初めて見る…
【セリフ】
→真に迫る表情を見た時に言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。そもそも出番が少なかったアスマの表情は、
 読者にとっては大体どれもこれも初めて見るものである。

暑い…ていうか熱い…でも厚くはない
【セリフ】
→暑い中で物理的に燃えている時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。清村が、部室の天井をガラスにされた時に言った。

油に浸して地獄を見せてやる
【セリフ】
→ピエロのように弄ばれていた事に気付いた時に、首謀者に向かって言うセリフ
 元ネタはスパイラル・アライヴ。関口伊万里が、雨苗雪音に言った。

あまり死んだ者に縛られるなよ
【セリフ】
→楽しかった過去とそれを失った現在(いま)を嘆き哀しむ者に言うセリフ。
 「あまり過去に縛られるな」と言い換える事もある。
 元ネタは清杉。どうでもいい過去に縛られて現在を無駄に生きていた清村が、
 ペットロスによって同じように現在を生きられない状態になった安井に言った。

怪しいな、とても怪しい…
【セリフ】
→男子禁制の領域に踏み込む時に言うセリフ。
 元ネタはダンガンロンパ。十神白夜が、女子トイレに入る自分を正当化する為に言った。

いかん、雨が降ってきたな…
【セリフ】
→空を見上げながら泣いている時に言うセリフ。
 元ネタはハガレン。ロイ=マスタングが親友ヒューズ准将の死を悼みながら言った。
 生粋の原作派であり、アニメ無印とリメイクの一連のセリフ変更&演出を認めていない。

いの一番
【セリフ】
→真っ先に、という意味で使われる語句。
 より強調する為の言葉として用いている。人から指摘されるぐらい多用する。

あんな監督の下でなんかやってられるか
【セリフ】
→部活を辞めた時の思い出について語られた時に、自分の事を思い出すように言うセリフ。
 元ネタは清杉。
「監督を殴って辞めた事は後悔してねェ、あいつは殴って当然の奴だった」まである。

イーブンってとこかな
【セリフ】
→ある事象・物事について良い事と嫌な事を合わせてプラマイ0の時に言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。ミナトが、息子ナルトと憎き九尾同時に再会した時に言った。

言ったよね?私の半径10m以内でスパるなって。言ったよね?!
【セリフ】
→喫煙している者が近づいてきた時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。プリセラが、肩を揉みに来たサンに言った。

言ってくれれば俺やったのに
【その他】
→事後報告を受けた時に、「予め言ってくれれば〇〇したのになー」と、
 知っていれば積極的に働きかける気はあったとアピールする事。
 実際、終わってしまった事に対して今更何を言っても後の祭りであるのをいい事に、
 本当はその事に対してやる気なんて毛頭無かったが、やる気があるフリをする事で
 積極的な人だと周囲に思わせる作戦である。

命を守る為の戦いと、誇りを守る為の戦い
【その他】
→戦いにはこの二通りがある。例え命が守れても、誇りを失えばそれは死んだも同然である。
 自分の命を犠牲にすると解っていても、戦わなければならない時がある。
 元ネタはBLEACH。浮竹隊長が、海燕副隊長の助太刀に行こうとするルキアを制止した。

今の君は、一体どっちなんです?
【セリフ】
→目の前の人物の身体に入っている精神が、身体の持ち主とは限らない時に言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。
 カブトが、サスケの身体の中に大蛇丸の精神が入っているかも知れない時に聞いた。

ウーパールーパーす
【セリフ】
→死んでしまったペットが犬や猫ではない時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。安井が言った。「お前が悲しいわ」と返すまでが一連の流れ。
 思い出して泣く際には「ああ…ウパパー……」と言う。

ウチの庭で好き勝手やってくれたようだなぁ!
【セリフ】
→平和な敷地内や自分の陣地などに侵攻してきた敵に向かって言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。
 日向ネジが、中忍試験死の森でチームメイトであるロック・リ-をボコボコにした
 音隠れの下忍ドス・キヌタ達に向けて木の上から言った、「好き勝手やってくれたな!」

うっそぉーーん
【セリフ】
→圧倒的な力の差を見せつけられた挙げ句、
 それが手加減されてるものだと知った時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アダラパタが、一方的にジール・ボーイを殴り倒すプリセラがまだ
 本気を出せていない事を知った時に言った。

エルモア
【その他】
→東京スクールライフの主人公の名前。
 サクラ・アオイ・カリンを射止められず母国に帰ったカノン=ヒルベルトに代わって
 日本にやってきたイケメン留学生。
 元ネタはティッシュの製造会社。

エンドレスドリーム
【セリフ】
→お金を借りた相手に返す為に、また別の人からお金を借りる。その繰り返しの事を言う。
 元ネタは清杉。安井が、借りた千円を返せない時に発案した。

岡崎ボイス
【その他】
→かっこんのアテレコボイスの1つ。主にノベルゲームの主人公にあてられる。
 バリエーションの中でイケボを意識しているが、酒焼けしたような声だと不評。

恐ろしい。けどそれ以上に悲しい子、きっと日常が〇〇だった筈。
【セリフ】
→自然科学の力を具現化、もしくは生物を具象化した力を目の当たりにした時に言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。
 ビスケが、オーラの性質を電気に変化させる事を実現したキルアを見た時に言った。
 「きっと日常が地獄だった筈」の”地獄”の部分は色々と応用が利く。

お茶にしましょう
【セリフ】
→もう戦いを終わらせようと思った時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。
 アダラパタが、乾燥した空気の中で喉カラカラになり、アビャクに言った。

お前の戦闘行動は、全て把握した。
【セリフ】
→戦いの中で相手の攻撃パターン・行動パターンなどが解ってきた時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ティトォが、ミカゼを通してアビャクと戦った時に言った。

降りてきたらどうです?
【セリフ】
→高所から一方的に攻撃をする敵に向かって言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。
 ドス・キヌタが、木の上から高慢ちきなセリフを吐く木ノ葉の下忍日向ネジに言った。

俺が3人分になる
【セリフ】
→相手の勢力に対してこちらの人数が、又は募集している人数が足りない時に言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。
 ゴレイヌが自らの念能力を用いてドッジボールのメンバーを補充する時に言った。

俺が許す。やれ。
【セリフ】
命じてくれ団長!今すぐ!と言われた時に言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。クロロが、ウヴォーに言った。

俺たち、何者なんです!?
【セリフ】
→自分たちが何者か解らなくなった時に言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。ジェイの後輩が、自分たちの存在を目視で確認した時に言った。

俺の出番の様だな…!
【セリフ】
→自分の力が役に立つ時に言うセリフ。
 元ネタは里見八犬伝。
 犬山道節が、妹の浜路を連れ去られそうになり絶体絶命の犬塚信乃を助ける時に言った。

俺は泣いた。生まれてはじめて本気で泣いた…そして大人への階段をまた一歩上った。
 【セリフ】
→端から見たらしょーもない事だが自分にとっては大切な物を失った時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。
 清村が、杉小路に喉をチョップされてはもやのシュークリームを落とした時に言った。

俺は星だ!金を吸い寄せる星なんだ!!星よ叫べ ”叫星魔渦”
【セリフ】
→お金を集めたい時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ガシャロが、アクアに追い詰められて逃げる時に言った。

俺もう帰るわ
【セリフ】
→最低限のもてなしすらされなかった時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。清村が、杉小路の家に泊まりに行った時に言った。
 「帰れ」までが一連の流れ。実話。

終わりじゃん
【セリフ】
→唐突なインフレに出くわした時に言うセリフ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『か』行

カカシ返し
【その他】
→戦い等において勝ち誇った相手が吐いたセリフを、形勢逆転させた上でそのまま返す事。
 元ネタはNARUTO。「猿真似ヤロー」の異名を持つコピー忍者はたけカカシがよく使う。

かかってきなよクライム、キミは僕に傷一つ付けられず敗北する…!
【セリフ】
→戦う事が避けられない相手を挑発する時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ティトォが、クライムを罠にハメる為に挑発する為に言った。

懸けてから言いなさい
【セリフ】
→青春全部懸けても敵わないと嘆いている人に言うセリフ。
 元ネタはちはやふる。
 原田先生が、アラタに千早を取られる焦燥感に陥ったまつ毛君に言った。

傘…貸したりするから、風邪、引くんですよ
【セリフ】
→意中の相手が、別の誰かに気を遣った事によって自身の体調を崩した時に言うセリフ。
 元ネタはまもって守護月天!
 シャオリンが、愛原に傘を貸した太助が風邪を引いて寝込んでいる時に呟いた。
 自分だったら太助様に風邪を引かせるような事なんてしないのに、
 そんな大切に想っている自分の事をよそに、別の人に優しくしている太助様が
 その相手とこれからどう進展してしまうのか、それによって自分との距離や特別な関係が
 どうなってしまうのか。その不安と相手に対する嫉妬から出た、まだ自覚の無い恋心は
 作中屈指のガチシーンである(その後のギャグ展開も必見である)。

カノン=ヒルベルト
【その他】
→東京スクールライフの主人公の名前。
 モテる名前として設定されたが致命的に不細工だった為、バッドエンドを迎えてしまった。
 元ネタはスパイラル。ブレードチルドレンでありながらハンターに回ったキレ者の名前。

完全に
【セリフ】
→物事を強調する時に言うセリフ。どちらかと言うと言葉の最後に付ける事が多い。
 元ネタはタマゴ王事。

勘も悪い。そしてそれ以上に頭が悪い
【セリフ】
→勘も悪いがそもそも頭が悪い相手に言うセリフ。
 元ネタは清杉。
 松田さんが「今おまえ俺の事お茶目な奴だと思ったろ」と言った時に、舎弟に思われた。

希望に満ちた数分間は楽しかったかい?
【セリフ】
→相手に勝利の確信を誤認させ、種明かしをする前に言うセリフ。
 元ネタは君といた未来のために。
 黛が、三度目の人生で万全を期して運命の時を迎えようとした堀上篤志に言った。

キミの力が必要なんだよ
【セリフ】
→自分は大した戦力にならないと思っている人を勧誘する時に言うセリフ。
 元ネタは空中英語教室。ワークスがフォイに言った。
 あとは清杉で杉小路が清村に言った。また、マテパではティトォがミカゼに言った。

軽いねぇ、パンチが
【セリフ】
→思いのほかダメージが少なかった時に言うセリフ。何百発打たれても大丈夫な時に使う。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。サブが、ビスケの連撃を喰らった後に言った。

かわしてる…!?ってか、踊ってるゥゥウ!!?
【セリフ】
→数多の飛び道具や遠距離攻撃を一つ一つかわされてしまった時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アダラパタが、”八ツ首卍龍”をダンスで躱すプリセラを見て言った。

グリ・ムリ・アに伝えておけ…!!お前は必ず…俺が倒す
【セリフ】
→敵を撃退する際に、親玉に宣戦布告を伝えさせる時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ティトォが、なかなか情報を吐かず焦らしてくるアダラパタに言った。

警邏隊だぜ?鈍い訳ねーだろ
【セリフ】
→敵の攻撃を避ける事が難しかった筈が、突如鮮やかに躱せるようになった時に言うセリフ。
 元ネタはBLEACH。護廷十三隊・二番隊副隊長大前田希千代が本性を表す時に言った。

剣以外なら持てるけどねー!
【セリフ】
→元ネタは1/Nのゆらぎ。剣士カミッツがある日滑って転んで自らに剣が刺さり、
 剣を持てない身体になった。ある日、賞金首だった為チンピラに襲われかけたが、
 その時に槍と斧を持って言った「剣以外なら持てるけどねーーー!!!」

こいつは嘘を吐くとき、首をカクカク動かす
【セリフ】
→相手に嘘を吐かせたり真実を吐かせたりする事で、
 嘘を吐くときの癖を見抜いた時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。
 「いくらで雇われた?」「俺が金で雇われているだと?ふざけるな!
  俺がそんな低俗に見えるとでも言うんか?あ!!?」(めちゃめちゃ見えるけど…)
 などの一連の流れがある。

こういう事さああああ
【セリフ】
→相手に種明かしをする時に言うセリフ。
 元ネタは君といた未来のために。
 黛が、時計に細工し時刻を早めていた事を堀上篤志にバラす時に言った。

こういう事だなー!
【セリフ】
→何かが上手くいった時に言うセリフ。
 たいていの場合、上手くいった事に自分自身が驚いているのを隠して、
 あたかも余裕でやってみせたかのように振る舞う為に使われる。

こうしている間にも地球は回っている。僕らはその大切な一片(ピース)なのだ。
【セリフ】
→無意味に何もせず時間が流れていく時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。清村が犬役、杉小路が猫役になった時に流れたテロップで、
 前半と後半の中間に「新たな生命が生まれ、そして消えていく」の一文が入っている。

狐狐狸固(ココリコ)
【スマブラ】
→初代スマブラのネス専用技。プププランドのステージ端で相手を掴み場外に投げた後、
 自身も場外に出て、復帰する相手をPKサンダー体当たりで狙い撃ちにする事。
 相手はかわせば落下、当たれば反対側の場外まで吹き飛ぶ為、事実上即死コンボである。
 相手のパーセント・吹っ飛びやすさに依存しない為、使い勝手が良い。
 特にリンクが相手の場合、0%からでも確実に落下死させる事が出来る。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。メルエムとコムギが軍儀で用いた新手技。

この暑さは心の弱さ、精神力の弱さだと思え
【セリフ】
→暑さで気が狂いそうな人に向けて言うセリフ。
 元ネタは清杉。杉小路が清村に言った。「ある意味では寒いわ」と返される。

このキツネは雑魚のクセに俺を何度もぶっ飛ばした!
 許せねェ、何よりも先にまずぶっ殺してやる!!
【セリフ】
→怒りで戦略を棄て、目下放置すべき相手をゴリ押しで潰そうとする時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アビャクが、アダラパタの指令に背いてミカゼを相手にする時に言った。

この口の周りにあんこくっつけたデカい男は何者だ
【セリフ】
→デカブツを目の当たりにした時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。清村が、あんまんを誰かに食べられた時に工藤を見つけて、
 その正体を問う時に杉小路に訊いた。

この炎は上っ面だけじゃない、骨の髄から五臓六腑…
 細胞のひとつひとつに至るまで行き渡っているんだ!
【セリフ】
→相手の仕掛けにより特殊能力が打ち消されたかのように思われたが、
 実際その持ち前の強さが正真正銘自分の基礎能力である時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ティトォが、アビャクの不意打ちで炎を消された時に言った。

これでも駄目なのか…
【セリフ】
→卑劣な手段を使ってでも勝利出来なかった時に言うセリフ。
 元ネタはテニプリ。河村隆が、伴の腹に一撃喰らわせたのに耐えられてしまい、
 ポイントを取られてしまった時に言った。色々と駄目に決まってるだろ!

ゴロンボイス
【その他】
→かっこんのアテレコボイスの1つ。主にオッサンや田舎者にあてられる。
 バリエーションの中で唯一訛りを持たせている。喋り方が不快・気持ち悪いと不評。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『さ』行

最強のあんたを倒し超えられたら、それでいい
【セリフ】
→目的も何も忘れて目の前の敵を倒す事に全てを懸ける時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ジール・ボーイが、身を滅ぼす力でプリセラに臨む時に言った。

残念ながらもう安息の日々が訪れる事はない
【セリフ】
→平和な時間が終わって戦いが始まる事が予測される時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ティトォが、子供達を相手におとぎ話のように聞かせるシリアスな話。

ジール・ボーイ戦までの一連の流れ
【その他】
→元ネタはマテパ。第1章の戦いの連鎖。まずティトォ&ミカゼの共闘でアビャクを倒した。
 その2人+仲間たちが束になっても歯が立たなかった相手であるガシャロを、
 アクアが完封した。そのアクアの最大の力を、ジール・ボーイがねじ伏せた。
 そのジール・ボーイが手も足も出せなかったプリセラという展開の熱さ。

塩ぶっかけられたナメクジの分際でよくそれだけわめけるもんだ!
【セリフ】
→限りなく弱体化・無力化されたのに諦めない・倒れない相手に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アビャクが、体内の水分を操作されたミカゼに言った。
 敬意を表してその後「いいだろう、本気でぶっ殺してやる」と言い、トドメを刺す。

じゃあ米をやろう
【セリフ】
→お金に困っている相手に言うセリフ。
 元ネタは清杉。「いや…そこまでは困っていないから…」と返すまでが一連の流れ。

じゃあ何をする為にサッカー部に入ったんだー!?
【セリフ】
→サッカー部なのにサッカー以外の事で遊ぼうとしたら誘いに乗らない相手に言うセリフ。
 元ネタは清杉。「それだーー!!!」と返すまでが一連の流れ。

写輪眼でも見切れない
【セリフ】
→桁違いの攻撃回数を持つ技や、目で追う事が出来ない動きに対して言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。カカシが、ナルトの風遁・螺旋手裏剣を見た時に言った。

勝利を確信するのが早すぎるんですよ。
【セリフ】
カカシ返しの一種。
 元ネタはライアーゲームS2。
 葛城リョウが天使と悪魔ゲームで秋山深一から言われたセリフをそのまま言い返した。

攻めるの遅いっスね!
【セリフ】
→派生で「〇〇〇の遅いっスね!」「〇〇〇の早い(速い)っスね!」などがある。
 元ネタはテニスの王子様。
 桃城武が、氷帝学園の忍足侑士に「攻めるん遅いわ」と煽られた後にポイントを決めて、
 カカシ返しをした。

仙里算総眼図
【その他】
→断片を知る事で、標的の全てを透し見る。パズルの欠片から全体が解る能力。
 元ネタはマテパ。ティトォが、魔法と同じく100年の間に培った。

そうなんだー
【セリフ】
→相槌を打つ時に言うセリフ。
 元ネタはたあ子さん。

その金は貰えるんだろうな!?
【セリフ】
→大金をチラつかされた時に言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。前田タイソンが、第3の事件の動機である100億円を見て言った。

そゆことかー!
【セリフ】
→説明を受けた時などに返す相づち。
 末尾のイントネーションが下がっていると、実は理解出来ていない事が多い。
 「そういう事かー!」と、ちゃんと言った時は理解している。

そゆことよー!
【セリフ】
→相手が何かを理解した時に言うセリフ。

そりゃ〇〇はいいよ!〇〇してないんだもんな!
【セリフ】
→自分だけ苦境に立たされている時に、他人事のようにしている者に言うセリフ。
 元ネタは清杉。お面をつけて酸欠になった清村が言った「おまえらのんきだな!
 そりゃおまえらはいいさ!!おめんつけてないんだもんな!!!」
 「何言ってんの」と返すまでが一連の流れ。

それでいいんだ
【セリフ】
→相手が自分の思い通りに、または願った通りに動いた時に言うセリフ。

それは決して勝利の涙ではない事を俺は知っていた
【セリフ】
→不本意な勝ち方をしてまで勝利に固執してしまった果てに言うセリフ。
 元ネタは清杉。

そんなに悲しくないだろ!
【セリフ】
→あまり過程や思い入れの無かった事象に対して悲しむ人に向けて言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。ロン彦が事件発生後に言った。

そんな、まさか…僕に、女の子と闘えと…?!
【セリフ】
→女の子との戦いを強いられた時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。
 ティトォが、アダラパタに操られたリュシカとの交戦を余儀なくされた時に言った。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『た』行

タイミング悪ーーーっ!
【セリフ】
→タイミングが悪い時に言うセリフ。
 元ネタは1/Nのゆらぎ。
 15歳で中学に入学したタイミングの悪い男半田くんが友達からよく言われる。

確かにミステリとしては面白いのかも知れない
【セリフ】
→犯人探しをしていて、自分が犯人だったという叙述トリックにハマった時に言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。直江君が、ロン彦に当てずっぽうで犯人扱いされた時に言った。

男子はどうしていいか分からなくなるだろ?
【セリフ】
→女子が際どい下ネタを発した時に、男視点で乗っかりづらい(火傷する)時に言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。
 直江君が、ギリギリさんの唐突な生理ネタに対して誰も反応出来なかった時に言った。

力に力で対抗するなんて、バカのする事だよ。
 でもね、私はバカだから…それしか能がないんだよ!
【セリフ】
→力と力のぶつかり合いを望む時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。
 プリセラが、圧倒的な力を前に戦意喪失したアクアと変わる時に言った。

父上は暇なのだ…
【セリフ】
→頼まれごとを受けられず、父上に頼めばいいと返した時に流れるナレーション。
 元ネタはナルトス。うちは兄弟のやりとりの中、流れたテロップ。
 「兄さん、手裏剣術の稽古に付き合ってよ」
 「…俺は忙しいんだ、父上にでも頼めばいいだろう」

テンション上がってきたぜーーー!!!
【セリフ】
→テンションが上がってきた時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ドルチルがテンション上がってきた時に言っている。

天国は近い
【セリフ】
→自らの死を予期した時に言うセリフ。
 元ネタはナルトス。ナルトが、既に他界した両親を背景にして言った。

戸、1枚しかないじゃーーん!
【セリフ】
→本来2枚一組のスライド式の戸が1枚しかない時に言うセリフ。
 元ネタは1/Nのゆらぎ。
 家賃52円の家に引っ越した姉弟が初めて家に入った時、戸が1枚しかなくて弟が言った。

どうやら彼は〇〇をやる為に生まれてきたようだ
【セリフ】
→あまりにも相応しい配役がある人に言うセリフ。
 元ネタはもうすぐ文化祭。
 クラス委員長が、文化祭の出し物で演劇・桃太郎の配役を決める際に、
 クラスの女子から吉村くんをピッコロ役に推薦された時に彼を見て言った。
 「どうやら彼はピッコロ役をやる為に生まれてきたようだ」

ーーーーーーーーーーーーーーー

『な』行

なァ。俺、振らない?
【セリフ】
→道具が生きていた時に言うセリフ。
 元ネタは1/Nのゆらぎ。自分には神の力が宿っているというバットさんが言った。
 「俺、振らない?」「振らない」のくだりから、
 「よォよォ、金貸してくんなァい?」「振るわァアアアア」までの一連の流れがある。

ないだろ!
【セリフ】
→1つの案を却下する時に言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。ロンが、自分を犯人に仕立て上げられそうになった時に言った。

ナツキボイス
【その他】
→かっこんのアテレコボイスの1つ。主に強気な女の子にあてられる。
 バリエーションの中で可愛い声を意識しているが、ジャイ子みたいな声だと不評。

何にも悪い事してないじゃん!
【セリフ】
→自分や誰かが罪や過ちを犯していないのに罰を与えられた時に言うセリフ。

悩んじゃあダメダメ。ツラいだけですよォ。だって貴様は…空っぽの人間なんですから
【セリフ】
→悩み事に答えを見つけられないでいる人に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アダラパタが、戦いの合間に悩むジール・ボーイに言った。

なんか見えたゾ
【セリフ】
→なにかが通り過ぎていったのを見た時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。
 徒歩で通学している清村が、車で横を通過していった杉小路を見つけた時に言った。

人間なんて…汚い
【セリフ】
→己の欲や保身に走り、他者を迫害する人間の醜さを目の当たりにした時に言うセリフ。
 元ネタはテイルズオブシンフォニア。
 ジーニアスが、人間牧場の人を見殺しにしてでも自分たちだけは助かりたいと吐露する
 村人や村長の姿勢を見て言った。
 物語の最序盤にして、最も彼のバックボーンにある闇を吐き出す重要な一言である。

ネズミは一匹、チョロいもんだ。
【セリフ】
→標的が一つであるものを仕留める時に言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。
 砂隠れの上忍バキが、密会を盗み聞きしていた月光ハヤテを一人で始末する際、
 信頼の証に協力の姿勢を見せた薬師カブトに対して言った。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『は』行

莫迦な…藍染はまだ、東仙の隣に…!
【セリフ】
→ある程度の間合いがあった筈の敵が刹那の間に目前まで距離を詰めてきた時に言うセリフ。
 元ネタはBLEACH。狛村が、鏡花水月によって藍染の位置を誤認していた時に言った。

犯人が被害者されちゃダメだろ
【セリフ】
→加害者が被害者になった時に言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。ロン彦が、ロンに対して言った。

ハンパねェ、マジハンパねェパワーだ!!
【セリフ】
→圧倒的な力を目の当たりにした時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。ガシャロが、アクアを罠にハメたと思ったが破壊された時に言った。

ビーデルが初めて空飛んだ時
【その他】
→ほぼ直立不動のまま垂直に浮き上がるような動作を指す。
 元ネタはドラゴンボール。

人に迷惑のかからない場所がいい。お前の断末魔はうるさそうだ。
【セリフ】
→決戦の地を荒野で行おうとする時に言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。クラピカが、ウヴォーに決戦場所を指定する時に言った。

返報性の心理
【その他】
→人は何か良い事をしてもらったら、それに報いて何かを返さないと後ろめたくなる心理。
 元ネタはライアーゲームS2。天使と悪魔ゲームの終盤で、神崎直が天使の人達に接触を
 お願いし続けたが終始断られ、その代償として審判の部屋の封鎖を承諾してもらった事に
 ついて、葛城リョウが説いた心理学の一つ。
 それに対して「一生懸命お願いしたから聞いてくれた、それだけの事じゃないんですか?」
 と感情論で論破した神崎直に、「この馬鹿女にどんな理屈をこねても通用しない」と、
 怒りと呆れを最大限に孕ませた葛城リョウの表情は必見。
 かっこんの、作中随一のお気に入りシーンであり、配信中何かとこの話が出やすい。

僕のものだぁ
【セリフ】
→自分が欲しいと思った物を誰にも譲らない時に言うセリフ。
 元ネタはライアーゲーム。藤沢先生がマネーを守る時に宣言した「俺のものだぁ」だが、
 「藤沢先生は一人称が『僕』っぽい」という勝手なイメージが独り歩きし、定着した。

僕らが二人分頑張るからキミは一人分頑張ってくれ!
【セリフ】
→勧誘している相手に「自分が入っても人数が足りないままだ」と悟られた時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。杉小路が、5人しか居ないサッカー部に清村を勧誘した時に言った。

ボール2個分届かない
【セリフ】
→相手の攻撃が僅かに届いてこない時に言うセリフ。
 元ネタはテニプリ。乾貞治が、越前リョーマとの初対戦時に言った。
 「(予想通り!)しかし…ボール2個分届かない」の他にも、
 「残念だが ボール3個分届かない」のパターンがあるが、こちらは殆ど使われない。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『ま』行

まさかあれじゃないだろうな
【セリフ】
→目標地点に辿り着いたと思われる時に、あまりにもそれが想定外だった時に言うセリフ。
 元ネタは1/Nのゆらぎ。
 ど夜逃げした姉弟が家賃52円のボロ屋に到着した際、弟が心の中でつぶやいた。

まずは負けてみる
【セリフ】
→勝てないと解っていても、やるだけやってみようと思った時に言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。
 ゴンがタワー(天空闘技場)で念能力者ギドと闘う前日に言った、
 「多分、明日は勝てない。でもいいんだ。
  早く実感してみたいんだ、この力で一体どんな事が出来るのか」である。

みーーんな僕の友達さ!!
【セリフ】
→既に揃っているメンバーがほとんど身内である時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。
 杉小路が、サッカー部員の事を清村に説明する時に言った。
 清村が「やばそー」と返すまでが一連の流れ。

ミドナボイス
【セリフ】
→かっこんのアテレコボイスの1つ。クール・ミステリアスなキャラにあてられる。
 元々は人造人間17号と葛城リョウの中間の様な喋り方を意識していたが、
 再現出来ずどっちつかずで中途半端な形で定着した。

ミファー397(サンキューな)
【ゼルダ】
→ブレワイで、リンクの体力(ハート)が尽きる事を想定せずに、
 突如不甲斐ない形で「ミファーの守り」を発動させてしまった時に言うセリフ。
 平たく言うと、ミファーの無駄遣い。勿体ない使い方をしてしまう事である。
 元ネタは衛門のコメント。

み…みず…
【セリフ】
→脱水症状や体内の水分が著しく欠乏している時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。もしくはマテパ。「はい、ミミズ」と返すまでが一連の流れ。

虫唾が走る。僕は〇〇が嫌いなんですよ。
【セリフ】
→嫌いなものを目の当たりにした時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アダラパタが、リュシカの作ったパンを食べた後に言った。
 「虫唾が走る。ボクはパンが嫌いなんですよ」

命じてくれ団長!今すぐ!
【セリフ】
→暴れたくて居ても立っても居られず、その許可を貰う時に言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。ウヴォーが、団長に言った。

もう小学生のお帰りの時間になっちまったじゃねーか
【セリフ】
→16~17時頃になった時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。
 清村が、追試に向けて猛勉強をするかと思いきや、
 杉小路によって無駄に時間を消費された時に言った。

モチョロモチョネーモ
【セリフ】
→感想を求められた時に言うセリフ。
 元ネタは清杉。そんなひどい事言うなよ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『や』『ら』『わ』行

やっちゃいけない事をした
【セリフ】
→約束やレギュレーションに反する行為、アンフェアな手口などに対して言うセリフ。
 元ネタはHUNTER×HUNTER。
 交渉を持ちかけたゴンが、降参した筈のゲンスルーに喉を潰された時に心の中で言った。

やってんなぁ!?
【セリフ】
→これは”やってる”な、と思った時に言うセリフ。「やってんねぇ!?」と言う事もある。
 元ネタは裏切りマンキーコングのツイート。
 スプラ2のサーモンランの新ギアを見て一言「任天堂やってんなぁ!?」

故に私は最強なんだ
【セリフ】
→一生かかっても追いつけない、段違いの経験値量から結論を出す時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。プリセラが、ジール・ボーイの逆鱗に触れる時に言った。

ユリボイス
【その他】
→かっこんのアテレコボイスの1つ。主に控え目や大人っぽい女性にあてられる。
 バリエーションの中で最もゆっくり喋る。「やってしまいましたね、〇〇さん」は名台詞。

許すまじ。バラバラに引き裂いて鎌倉ハムにしてやる
【セリフ】
→許しがたい事があった時に、その対象者に向かって言うセリフ。
 元ネタはスパイラル・アライヴ。関口伊万里が、雨苗雪音に言った。

許せねェ
【セリフ】
→許せない事をした相手に言うセリフ。
 元ネタはNARUTO。ナルトが、自来也を殺した長門に言った。

よしんば
【その他】
→例えそうだったとしても、の意。口癖のように多用・乱用される。
 元ネタは世界でいちばん大嫌い。「よしんば吹き矢?!何故吹き矢?!」

私はあんたより力(パワー)だけが勝(まさ)ってるだけじゃないんだよ
【セリフ】
→体術、戦術、技術、気功術、呼吸術…格闘戦において全てをマスターしている者が、
 決して覆せない勝敗の結末を相手に解らせる時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。
 プリセラが、超えられない力の差を見せつけられても諦めないジール・ボーイに言った。

我、種子を放てり
【ゼルダ】
→風タクのラストで、ハイラル王が画面を暗転させて発した意味深なセリフ。
 この一言で、動画全108パートに及ぶ長い冒険の思い出が全て塗り替えられた。

ーーーーーーーーーーーーーーー

英数字・その他

70年が経ちました
【セリフ】
→月日が経った時に言うセリフ。
 元ネタはマテパ。アダラパタが、合成魔法拳の説明をする紙芝居で言った。

CEROがどうなっちゃうのかな?
【セリフ】
→審査されたCERO評価の範囲を逸脱した表現・展開が期待されている時に言うセリフ。
 元ネタはミリロンパ。直江君が、お色気シーンを期待する反面の一抹の不安を吐いた。



広告
×
解説に固有名詞多すぎて意味わからない人多そう
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。