ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ときドル公式がニコニコ生放送で告知するようです。

    2021-06-01 18:22

    ※この記事は移転したはてなブログと同じ内容物になっています。はてばブログへはこちらから。

     こんばんは。突然の公式情報に驚いて急遽ブログを書いている勇です。


     まずはこちらのときドル公式Twitter記事をご覧ください↓。


    「事前特別生放送」ということで、7月のライブに向けた情報をお届けする旨のツイートです。

     ただ、驚いているのが配信元がYoutubeでなくニコニコ生放送だという点です。

    念のためニコ生のURLもこちら↓に載せておきます。



     今までときドル公式からの動画配信は全てYoutubeのみで、楽曲紹介からCD発売時の試聴、ときパラも全てYoutubeでしか視聴できませんでした。ニコニコでのときドル動画に関しては、公式からの投稿は無く、ユーザー投稿のMVやゲームプレイ動画(音ゲー・ネタバレになりそうなコミュ等)が主流です。

     そのため私なりの主観ですが、ニコニコ内でのときドルの盛り上がりは低い方だと思っています。ニコ静の投稿イラストにもその少なさが露呈してますので…。


     Youtubeとニコニコ生放送での生配信の規約の違いに関しては私からはツッコミようがないので無視するとして、視聴者側からのメリットとしてはYoutubeは誰でも視聴可能という点でした。一方ニコニコ生配信は、一部は一般会員でも視聴可能、全編見るならプレミアム会員加入が必須のため、全編を見るにはプレミアム会員に加入しなければなりません。要するに視聴するのにお金がかかるというわけですね。

     どうしてここにきてニコニコ生放送での配信なのか。ハルイチバン風に言えば「なぞは~ふかまるば~かり~」ってなもんです。専用チャンネルがあるわけでもないですし。

     ニコ生にはニコニコ独特の、『コメントがリアルタイムで流れる機能』があり、演者さんもそれをリアルタイムで確認できるので、コメントに瞬時に反応できるというメリットがあります。また、私自身は未確認・未使用ですが、生配信中に『アンケート機能』を使ったリアル集計が取れるので、結果が即座に分かるということもできます。

     もし、これらの機能を公式が『有益』ととらえてニコ生を選んだのであれば、可能性は未知数ですが今後ときドル公式がニコニコに進出してくるのでは…?とも考えられます。3年越しの快挙かもしれません。希望的観測です。望み薄くてもそうあってほしいと願っています。


     個人的主観ですが、アイドルマスターが成功した背景の一つとして、ニコ動での動画投稿が盛んに行われたことが起因していると思っています。実際、私自身もニコ動でアイマスを視聴するまでは興味すら持ってませんでした。これをきっかけにときドル触ってみようって方が増えてほしいところです。ゲームの出来は本当にオススメできるんですよ。


     とにかく、6/8の生配信が今から待ち遠しくてたまりません。ときドルの今後の方向性とか色々知りたいことがありますしね。吉報を期待したいです。


    ではでは~。


  • 広告
  • 『週間ときドル放送部』を休止しました。

    2021-05-24 21:52

    ※この記事は移転したはてなブログと同じ内容物になっています。はてばブログへはこちらから。

     こんばんは。頭の中はいつもときドルのことばかり考えてる勇です。


     今回はタイトルの通り、毎週金曜日の21時から1時間程度の生配信をしていました、『週間ときドル放送部』を休止したことをお知らせするブログ記事になります。

     生配信自体は昔から興味はあり、去年の6月から機材をそろえて始めた『週間ときドル放送部』。最初こそこのタイトルはつけてはいませんが、生配信内でアプリゲーム『ときめきアイドル』をプレイしながら、ときドルの良さを伝えたいという趣旨で始めていました。


     というのも、アプリゲームのほうはオンラインサービスが終了したにも関わらず、公式Twitterのほうはときドルダイアリーを随時UPしており、その他トキチャレやCD発売等、公式ときドルでなにかしらはされていたので、自分もなにか応援できたらいいなと思っていました。

     生配信内でVR機能の魅力を伝えたり、ゲームの難易度やコミュ・ガチャ等出来うることは色々としてきましたが、視聴者数の確保には至らないまま50回目の放送を迎えました。


    --------------------------------------------


     休止を決めた要因は主に2つありまして、一つは上記でも話した通り、

    ・視聴者の確保ができていないこと

    です。最近の放送では視聴者0人で行うことも珍しくありませんでした。生配信をリアルタイムで見れない方でも1週間は視聴できるようにしていたので、その方にも失礼が無いように(誰も視聴していないことに耐えながらも)平常を装って配信していました。

     二つ目は

    ・今年度に入ってからの公式ときドルの活動が縮小していること

    です。

     ときドルダイアリーは継続されていますが、前年度ではトキチャレ・CD等の動きのあるときドル案内、さらにはアマギフプレゼントのRT&フォロー企画もされていました。それが今年度に入ってからぱったりとなくなったといいますか、年明けあたりからトキチャレやときパラ等の案内ツイートがなくなってます。

     今年度に入ってからまだ2か月しかたっていませんが、年明けからカウントすれば5か月これといった動きがありません。生配信で新着情報をお知らせしたのですが、毎週毎週「今週の更新は…特にありませんね。」と言い続けることに虚しさを覚えてしまったのが要因です。

     7月の初の大規模ライブも、コロナの影響から屋外会場からオンラインライブに切り替わりがあり、チケットの払い戻しの案内はありましたがオンラインライブの販売方法等の案内は、このブログ記事を書いている時点ではまだありません。


    -------------------------------------------

    以上の2点から生配信のモチベーションが著しく低下しており、50回(=ほぼ1年間)続けてたこととキリ番というのも重なって、一時的に休止することを決めました。

     休止しただけで、公式でなにかしら大きな動きがあれば再開するつもりです。例えば、別の媒体でときドルが遊べる・オンラインで更新があるアプリに復活する、とかですかね…。


     また、生配信すること自体は嫌いになってないため、同じ時間帯で別の生配信を企画しています。今の時点ではときドルのお絵描き配信でもダラダラとやろうかなといったところです。3Dモデルを生配信で作っていくとも言いましたが、それも一応頭の隅に入れています。


     ときドル活動はいまだに続けるモチベはあるので、イラスト描いたり、ときドルダイアリー動画を継続して投稿したり、停滞気味のゲーム実況もボチボチ再開したり、ときドルを使ったMAD動画も作っていきたいところです。

     生配信内でやっていた衣装一枚まとめ画像は出来次第こちらで公開しますので、気長にお待ちいただけると嬉しいです。


    ではでは~。


  • ゆっくりときドル、ひとまず完成。

    2021-05-11 20:532

    ※この記事は移転したはてなブログと同じ内容物になっています。はてばブログへはこちらから。

     こんばんは。ゆっくりときドル製作者の勇です。


     先日、『ときめきアイドル』のゲーム内で実装されているアクセサリー、共通98種+専用アクセ5種の計103種を全て描き終えて、公開することができました。

     その前に「ゆっくりときドルってなんだよ?」って話になっても困るので軽くご紹介。


     「ゆっくり」とは、「ゆっくりしていってね」で検索して調べてもらうのが一番手っ取り早いのですが、元々はアスキーアートで描かれた東方キャラクターの「博麗霊夢AA」と「霧雨魔理沙AA」をイラスト化されたものが発祥。

     生首のような、お饅頭のようなデフォルメキャラがカテゴリーとして成立したもので、「ゆっくり」の由来はそのアスキーアートが叫んでいた「ゆっくりしていってね!!!」から取られたもの。

    ニコ静にアクセ全集を貼っていますので、そちらをご覧ください。



     自分はときめきアイドルのキャラをこの「ゆっくり」で描いていまして、それらをメンバー全員分の15人描きました。

     アクセサリーによって髪型が変わるキャラや帽子を被った際のはみ出す部分も考慮したり、キャラごとに目だけパーツは描き分けたりと、細部にこだわっています。


     着せ替え感覚で付け替えられるように、レイヤー機能のついた画像編集ソフト、『CLIP STUDIO』で編集して、レイヤーの表示/非表示を切り替えるだけで誰にでも簡単にときドルキャラを使用可能、表情も口の種類やエフェクト、まゆや瞳の種類も組み合わせれば色んな表情を再現できるようにしました。

     

    常設したままデータをDLできるアップローダも見つけました。

    こちらからDLできます。(1ファイルにつき100MBの制限があるため、4つのZIPファイルに分割しています。)

    https://ux.getuploader.com/Yu_tokidol/

    ・誰にでも使用可能

    をコンセプトにしているため、『CLIP STUDIO』のソフトがなくても編集できるように、各パーツ1つ1つをPNGファイルにしているので、【レイヤー機能を備えた画像編集ソフト】さえあれば簡単に作れます。

    【レイヤー機能を備えた画像編集ソフト】がない方は、フリーソフトでレイヤー機能を搭載している画像編集ソフトが色々ありますので、自分の好みにあったフリーソフトを入手して編集してください。

     編集の仕方も別途の動画を添付していますので、そちらをご覧になったり、アクセサリーをつけた一例の画像も入れてあるので、そちらを参考にしながら編集してみてください。


    -------------------------------------

     そんなわけで、ゆっくりときドルの更新はいったんここで終了しようと思っています。今後ゲームでは実装していないアクセサリーを描いたり、新しい表情を追加していくつもりではありますが、『ゆっくりときドル』としてはこれで一旦終了です。

     以後は小春六花のゆっくりキャラをベースにしながら追加したり、新たなゆっくりキャラを描いていったりしながら、のんびりやっていこうかなと思っています。ボイスロイドのキャラとか描いてみたいです。

     『ゆっくりときドル』を使用したときドルダイアリー動画や、同様の日毬みさきちゃんを使ったゲーム実況動画もUPしてますので、そちらもよければご覧になってみてください。


    それでは~