• ニコニコプレミアアカウント更新。

    2020-06-29 03:32
    夜分こんばんは、私めです。

    実は今までウェブマネーでプレミア更新していたのですが、今回携帯電話支払いを試してみました。
    まぁ、ウェブマネー買いに行くのがめんどくさかったってのが主ではあるのですが。
    プレミアアカウントの必要があったのかと聞かれれば、たいして無いよと言えるのですが…それならなんでいままで更新してたのだ?と聞かれても分からないと答えるしかないわけで。

    しかも契約内容が更新されたそうで、単純に言うとニコニコで上げた動画や生放送等は最終的にニコニコに版権が行くような内容みたいで。
    あちこちで見られるTV放送局の投稿サイトみたいになってしまったようで、今後より一層の投稿者離れが起きるのは必須のようです。

    ならなんで更新したんだというと。
    …私め、荒廃したものが好みなんです。廃墟廃屋とか、人が楽しんだり思い出を作ったりした場所のなれの果て。
    不幸にしたり傷つけたり悲しんだり。そんなの大嫌いなんです。私めは。
    ただ、それが起きて終わった場所ってのは違う訳で。
    …好み…とはまた違うかな、思い出に想像し浸る。…が近いでしょうか。

    正直、私めの見解ではニコニコはほぼほぼ廃墟になりつつあります。悪手しかしない。頭どうかしてるとしか思えない。あなた潰れたい病なの?と聞きたいぐらい。

    ただ、この空気感は悪くない…というか好みに近い、近い何か。
    久しぶりに生放送も見ましたし、コメントもしました。
    好きな生主さんも昔と変わらす面白く、好きな投稿者さんも面白い新作を続けてくれていて一気見しました。
    これだけ素晴らしい人々がいるのに何にも生かすというか、サポートできない運営もむしろ凄いなと。

    まぁ一番の薄情なのは見なくなった私めなのですが。

    それで、折角プレミア切れた切欠なので辞めるという手もありましたが、最低でも数か月見守るのも酔狂かなと。

    ブロマガも少々書きたいですし。もしかしたら昔みたいに動画を作るモチベーションも上がるかもしれませんし。
    なので間は空くかもしれませんし、動画なんて一本も上げないかもしれませんが、数か月は利用しようかなと思います。

    良い方向に進んでいただければ万々歳ですし。期待薄ですけど。
    日常的な個人情報漏れない程度のをこのブロマガにちょこちょこ上げようかなとは思っています。
    皆様の暇つぶし程度の存在でいられるなら幸い。私めの小さな承認欲求もみたされるというもの。

    というわけで、今後もよろしくお願いいたします。たぶん写真とかそういうものを乗せると文章ももりあがるんでしょうけど、なんかめんどくさいんですよね。

    それじゃ、また次回がありましたら。
  • 広告
  • 格安光造形式3Dプリンターという深淵をチラ見 後編

    2020-06-28 01:31
    後半でございます。私めです。

    いままで格安光造形と銘打って書き込んでいましたが、実のところ紹介しているのは【LCD】だけなのです。
    残りのレーザー方式の【LSA】やプロジェクタ方式の【DLP】は格安ではなかったり専門的な内容が濃かったり両方クリアしても型が古くて現状が読めないのとありまして。
    流石に理解しないまま紹介するのもよろしくないのでこの二つはご自身で調べていただければと。申し訳ない。
    申し訳ついでに。購入方法は正規代理店やAmazon以外もYahoo!や楽天などでも扱いが多く、機種も多様で紹介するべきなのでしょうけど…申し訳ない。流石に趣味で調べてはいますが裏どりが正確とはいえず失敗して買われる方が発生してはいけないのでその点もご紹介できません。
    勿論それを外しても良い機種はありますが…いかんせん金額がお安めと言っても10万付近やそれ以上だと「格安」だとしてもお得感的なものが消える気がするのでそこも省かせていただきたい。

    と、色々考えた結果、残ったメーカーと機種を紹介したいと思います。
    QIDI TECH
    QIDIテクノロジー社です。
    光造形よりも【FDM(フィラメント)】の方が知名度が高いかもしれない。
    アフターサービスが良いらしいですが外部から見ることができないので体験するしかないとしか言えません。悪評的なものが聞けないのでその点は考慮材料かもしれません。
    QIDI TECH Shadow 5.5S
    赤と金色が輝く印象的な本体。見たら誰もが想像するはず。アイアンマン。
    機能としては家庭用としては十二分のポテンシャルがあるとの事。
    活性炭のフィルター付きファンが利いているのか臭いが少ないと好評を得ている。
    レベリングが簡易で一度合わせるとなかなか狂わないらしい。扱いやすいとの声も多い。

    Phrozen
    台湾のメーカーです。ツイッターに日本担当アカウントがあり情報頻度も高く交流もありフレンドリーなイメージが高いです。代理店にSK本舗さんがいるのも利点。品質も高いらしい。格安でもあるが、このブロマガとしては紹介できるものが限られてしまうのが残念。
    Phrozen Sonic Mini
    難点から言うと出力サイズが少し小さい。120(幅)×68(奥行)×130(高)mm
    しかしながら【モノクロLCD】採用により【LCD】とは次元の違う速さと耐久性を感じるだろう。
    アフターフォローもしっかりしていて「わたし、失敗したくないので」と思ってる人はこれが正解と言って良いかもしれない。


    と、紹介してきましたがこれにて今回はお開きしたいとおもいます。
    最後は安パイの塊みたいな紹介でしたけど、ほかにも面白いメーカーってあるんですよ。紹介したいのは山々ですが…いかせん面白い度が上がる度危険度もマシマシになってしまうわけで。

    光造形は現在もいまだ発展途上。需要が増えレジン単価が下がったと思えば本体単価も下がり、今後新しく登場したモノクロLCDが覇権を握ると言われたと思えば直ぐに想定外のものが出ると予言者ぶる者も現れより一層カオス感がビリっと刺激。

    整備された舗装道路を進むも良し、歴戦の勇士が通り抜けた土地を歩むも良し、危険地帯と解りながら荒地を用心しながら旅するも良し、地雷原を無防備に突っ込むも良し、ただ観続けるも良し。
    格安光造形の世界はまさに冒険です。思い通り作れず妥協したり、より完全を求めたり。購入も購入後も。
    「家庭で立体を製造するなんて夢のまた夢」
    そんな時代は過去になりました。未来は来ました。そして当たり前になりつつあります。

    長引く疫病を見続けるのは必要かもしれませんが息抜きがあっても良いと思うのです。
    そんな息抜きの選択肢にこの格安光造形もありますよとご提示したくこの文章を書き始めたわけですが、
    多少は息抜きになりましたでしょうか。
    興味を持っていただいたり参考にしていただけるなら幸いでございます。

    これまで三回、お付き合いいただいてありがとうございます。

    深淵をチラ見するという事で、撤退させていただきます。


    …深淵は深く、深く、深いです。
    お金捨てたい病でない限り浅い波打ち際で過ごして欲しいと願いつつ。
  • 格安光造形式3Dプリンターという深淵をチラ見 中編

    2020-06-27 01:53
    前回は格安光造形で秀でた二社の製品を紹介しましたが、
    紹介したAmazon取り扱いの商品は大半が記事を書いている時点で取り扱い中止になっています。
    ブームが来ているのか在庫がそもそも少ないのかはわかりませんが
    今年に入り、在庫切れ再入荷在庫切れ再入荷を繰り返しています。
    それだけ光造形機所有人口が増えてくればレジン等必要品の単価も下がってより一層安価に楽しめる時代になるかもしれません。
    で、
    今回は先ほどの商品とは違い少し情報が薄いモノを紹介したいと思います。
    要はリスキー度が上がるモノです。

    NOVA3
    Shenzhen Nova Robot Technology Co., Ltd.(深圳NOVAロボットテクノロジー社)です。
    ホームページやツイッター、フェイスブック等ありますが、最初調べた時は検索にかからず
    YouTubeアカウントで存在をしりました。更新頻度は決して高いとは言えません。今後更新されるのかかなり心配してしまう感が強いです。
    AmazonでLCDやプリンタ用フィルムが販売されているので消耗品は安心…と言いたいのですが、レビューにかなりシビアな情報があるので正直リスキーです。体験するしか真偽はわかりません。
    日本用の連絡先が購入した商品に記載されている様でそこでもよろしくない情報も垣間見れます。
    しかし、商品自体には強い魅力を感じます。人身御供を待ち様子見をするもよし、自ら地雷原に入るもよし。と言ったところでしょうか。
    公式のYouTube動画はとても分かりやすいものが多く一見の価値があります。しかし自社商品の【Elfin】を【Eflin】記載していたり一抹の不安は拭えないオチャメな会社です。
    テストデータのタコちゃん可愛いです。
    NOVA3D BENE3
    印刷性能自体は分からない。かなり情報が薄い。
    特徴としては作成状況をandroid端末で見れるらしい。そして蓋は取り外し式。
    日本の代理店で取り扱っているところがあるらしい。
    NOVA3D Elfin
    初心者向けは?と聞くとこの機種をあげる人は多いかもしれない。
    一番はレベリング作業がとても簡易で一度設定をすればほぼ設定し直さなくても良いところだろう。
    所有者も多くYouTubeでも日本人で上げているものも多々見られる。
    性能自体はここで書くより動画を見た方が直ぐ理解できる。それだけ簡易。
    マイナスポイントもあるが、それも体験者の動画を見た方が早いだろう。
    しいて書くならスライサーソフト(作成するためのソフト)が専用の【Novamaker】を使わなければいけない。ここがネックになる人も多いかもしれない。
    現在はAmazon取り扱いは無くなり新機種の【NOVA3D ELFIN2】に代わっている。
    代理店ではまだ扱っている所がある模様。
    NOVA3D BENE4
    蓋がヒンジ式で蓋を開ける時のリスクが軽減される。
    スライサーソフトは専用しか使えないが有線は勿論、無線(Wi-Fi)で繋げる事もでき、作成状況が離れたところでも確認できる。(これは現行のNOVA3D製品は全て対応)
    作成精度も体験者談からする限り精密な部類らしい。
    Z軸がボールベアリングで安定した動きに貢献している。
    付属のUSBに対してのトラブルが少数あり、テストデータが無い、そもそもUSBが無い等(後日結果が記載されていないのでそれ以上分からない)。
    前機はandroid対応と書いてあったが今機は記載無し。
    不利な点といえば情報の薄さもあるが値段が他機種に比べると少々高めという所。
    NOVA3D ELFIN2
    前機より色々な点でバージョンアップ。
    LCDがBENE4と同じものを使用、ベアリングも工場出荷時にしているとの事。
    出たばかりの機種なので情報が少ないが今後情報が増えるのは確か。

    もっと色々書こうと思ったけど、今回はここで止めておきます。
    一社しか紹介できなかったのが心苦しい限り。

    しかしこのメーカー、調べれば調べるほどなんか情報が逆に薄くなる感もありますが(ホームページの項目が全く生かしきれてない等)折角商品が評価されているのに見ている方向が北米ヨーロッパ圏に向いているのもあるのか、日本に対してはあまり興味がなさそうな雰囲気があります。トラブルもそこに原因があるのかもしれません。もっとこっち(日本)を見てくれないかなと期待したいところ。

    深淵も多様性を帯び、よりディープな世界は垣間見れましたか?

    中編とタイトルに書きましたが次回はあまり考えていません。

    深淵と銘打ちましたが…本当にヤベー会社って…書けませんよ。ヤベーもん。
    とにかく、危ないと思ったらお金捨てたい病でない限り触れないのが一番です。
    構成がまとまり次第、続編は書こうと思いますが今回並みの深淵なのかな?程度で納めると思います。怪物倒したいわけでもないし、怪物になりたくないし。

    続きがありましたらまた次回。


    テストデータのタコちゃん可愛いです。