• 第589号「"エレチョ2020"今年もこの季節に…」

    2020-10-07 00:32
    2020年も秋がやってきました。毎年この時期になると、わくわくします。そう!!「エレクトーン聴内会」の季節でもありますね。2016年にスタートしたこの企画も今年で5回目を数えます。約半年間の制作期間を経て、続々と作品が届いています。

    ●エレクトーンの秋!
     動画文化が普及した今日、年間通じて個人作品等をYouTube上に投稿&公開して楽しまれている方も多いかと思います。エレクトーン聴内会は、その特性を活かし、エレクトーンを活用した撮りおろし作品を、リアルタイム配信(生放送)を活用して、みんなで楽しもう!!という毎年秋に開催している企画です。例年、多くの参加を頂いており、今年は総勢19組+会長の出演予定となっております。

     参加者募集はゴールデンウィーク開始と共にスタートし、例年すぐに締め切りを迎える程、認知頂けるようになりました。また、演奏技術が気になり、参加するのが億劫だ…という声もあったことから、大きく2つのグループに分けて、自分の属したい方のグループでの発表というスタイルを今回は行う予定です。おかげ様で、既にいくつかの作品も到着しており、本番を今か今かと待ち望んでおります。

    ●いろんな方々にフォロー頂きました
     エレチョ2020の本番はまだもう少し先ではあるものの、この半年間の間に嬉しいことがありました。企画と連動しているツイッター公式アカウント「エレクトーン聴内会」も運営をしているのですが、こちらのアカウントを、エレクトーンのその道に詳しい方々にもフォロー頂いております。これは大変嬉しく、本番に向けてエレクトーンを一層楽しもう!!という気持ちになった方も多いのではないでしょうか。出演者そして、作品を楽しみにしている皆さんと共に作り上げるエレチョだからこそ、残り少ない本番までの取り組みを頑張りたい…と感じております。きっと、本番は一層盛り上がること…間違いなしですね♪♬

    ●例年より少々到着が鈍い様子‥‥!?
     この時期の恒例…!?だいたい、締め切り2週間前前後には土日を中心に立て続けに作品の到着連絡を頂くことが多いのですが、今年はまばらな印象です。今日(10月7日時点)で、全体の半数以下の作品の到着にとどまり、今週末の土曜に果たして全ての作品が届くのかどうか…と気にかかる面もあります。…が!!きっと、作業に集中されているんだと応援し、最後の最後まで到着を待つことにしております。ぜひ提出をよろしくお願いしますね。

    ●開催は10月か11月の予定です
     現在のところ、本番は10月か11月のいずれかを考えております。またはっきりした日程が決まり次第、ツイッターアカウントにてご連絡させて頂こうと思いますので、いましばらくお待ちくださいね!そして、気になるエレチョ2020に出演頂けるメンバー&使用機種の発表は、2020年10月10日(土曜日)(時間未定)の予定です!こちらもお楽しみに…!
  • 広告
  • 第588号「"YouTube"好きなエレクトーン動画⑥」

    2020-07-24 02:10
    1年弱ぶりに執筆。このエレクトーン動画いいな、好きだなと思った作品を紹介するシリーズです。今回は6回目です。2019年9月以降も様々な作風を感じるエレクトーン動画が投稿されていますね。

    ●adamstan84さん チャンネル登録者数…1,660人
    >>【エレクトーン演奏】AKB48 「会いたかった!」・ AKB48 - Aitakatta!・Yamaha Electone D85他

     一番最初のきっかけは、「AXEL F」のエレクトーン動画のサムネイルを拝見した時でした。エレクトーンのモデルはD85という名称らしく、いわゆる木目調のエレクトーンモデルが写っていました。STAGEAでもなく、ELでもない…珍しい機種だなぁとふと感じたことから、クリックしたのが最初でした。

     現れたのはでっかいエレクトーンのパネルです!レバーがたくさん、2段鍵盤+メロディを弾くための一回り小さい鍵盤を備えたエレクトーンでした。STAGEAがコンパクトに見えてしまうほど、D85というモデルは大きなエレクトーンだったのです。

     演奏者は外国の男性です。てっきり外国曲を演奏されるのか…と思いきや、動画一覧から「会いたかった/AKB48」を見つけました。日本のポップスも演奏されている!!と、その意外性もあり、早速拝見しました。

     STAGEAにも見られますように、現行のエレクトーンはシーケンスプログラムによる音色変更チェンジ、リズムもあらかじめ組み込んでおくシステムを多く活用していることから、演奏に集中することが可能ですが、この動画作品においては演奏中にパネル操作を行っています。

     演奏をしながら、リズムの変更はもちろん、曲の展開の合間に用いるフィルインだってパパッ!!と操作。音色の変更も演奏中の休符やタイミングをうまく見計らって変更される素早さは今のエレクトーンではなかなか見かけない新鮮さを感じました。

     「会いたかった」はAKB48の中でも有名な1曲。あのにぎやかな楽曲をどう表現されるのか…とその演奏そのものにも注目をしていましたが、当時のエレクトーンらしい温かみのあるサウンドで奏でられる演奏にほっこりします。演奏途中に随時入る、フィルインボタンを押す操作も必見です。

     シンプルなリズムでありながら、全く飽きのこないループを感じさせるセンス、フィルイン他の設定も「会いたかった」の為に備えられているような感覚でした。


     STAGEAサウンドを多く耳にする今ですが、ふとこのようなビンテージエレクトーンサウンドを耳にすると、ずーっと前に使っていたC-100に近いサウンドを思い出し、とても懐かしい気持ちになりました。今後もJ-POPをこの機種で演奏されることにとても興味を持ったプレイヤーさんでした。

    ★チャンネルはこちら…
     https://www.youtube.com/user/adamstan84/videos

    ●yoshimi araiさん チャンネル登録数…1,790人(2回目の更新!!)
    >>イエスタデイ/Official髭男dism エレクトーン他

     エレクトーンとファミコンが大好き!!よしみさんのチャンネルのイメージはこの2大コンテンツが魅力。主に使用されているエレクトーンは、愛用のEL-900mであります。最近、ご結婚を機に引っ越しをされたそうで、その様子を収めた「空飛ぶエレクトーン」なる動画作品も目を惹きます。

     よしみさんのチャンネルは結構前から楽しませてもらっているのですが、なんといってもEL-900mサウンドを楽しめる!!これが一番じゃと思います。現在流行している「ヒゲダン」はもちろん、平成時代に流行した懐かしい曲もピックアップして演奏されています。また、900mのデータだけでなく、下位互換性のある機種(700~37)のFDデータを活用して、各機種にマッチしたデータ再生の演奏を再現する動画も魅力的です。

     直近では、上記「イエスタデイ/Official髭男dism」を900mサウンドで楽しむことが出来ます。楽譜は月エレを活用。また、演奏データはあらかじめよしみさんご本人による自作データを活用されています。僕自身、ELを活用していたこともありリズムの打ち込みの大変さや、面白さも作品からズンズンと伝わってくるんですよね。

     そういった「苦労した!!大変だった!!こだわった!!」といったエピソードを「〇〇を弾いてみた感想」という独立した動画も収録されている点も特記すべきポイントであります。演奏のみじゃ伝わらない、よしみさんが感じた苦労したポイントや、こだわりも軽やかなトークにて共感することが出来ます。

     EL市販曲集データ演奏の他、令和時代も現役であるEL-900mを活用して最新ミュージックナンバーも聴けることが出来るチャンネルとしては貴重なチャンネルだと感じております。時に、ファミコンソングもエレクトーンで聴けちゃうので、何気に楽しみにもなっております。

     現在は、2020年流行した曲の一つに数えられる「夜に駆ける/YOASOBI」にも関心を持たれているとのことなので、僕個人はEL-900mで奏でられるその時を今か今かと待っております。ぜひ、皆さんもご覧になってみてはいかがでしょう…!!

    ★チャンネルはこちら…
     https://www.youtube.com/channel/UCJSmDWOAPyF8KcaSjY0AKJw
  • 第587号「"チャンネル登録6,000人!"新たなステージで!」

    2020-07-16 00:44
    エレクトーンSTAGEA、時々EL-57の登場する楽しい動画チャンネル「かめエレチャンネル」のチャンネル登録者数がこの度6,000人台に突入致しました。登録いただいた皆様に感謝すると共に、いつもご覧になって下さりありがとうございます。

    ●5,000人台のいままで!
     5,000人台時代においては、ここ直近1~2年の間が主でした。ザッ!!と振り返ってみますと、2018年~2020年です。

     2018年は、J-POPにおいては「U.S.A./DA PUMP」「Lemon/米津玄師」この2大曲が世間をにぎわせた年でありました。僕自身のエレクトーン動画作品としても同曲を選曲し、作品作りに取り組みました。世間の流行や関心の高さも相まって「U.S.A.」においては、60,000回再生以上、「Lemon」では25,000回以上の再生回数となりました。スマホアプリから火がついた楽曲にも注目したこともあり、「オタパリダンシン/スカイピース」「Tik Tok人気曲」にも着目。エレクトーン演奏でもいずれも高い再生数を記録致しました。

     2019年は、前半はJ-POP、後半は「昭和ソング」にスポットを当てた作品作りでありましょう。市販曲集発売直後に、「ラボに負けない!!データづくり~動画アップ最速企画」ほか、「Pretender/Official髭男dism」のヒットを受け、同曲のエレクトーン動画作品を作成致しました。こちらは18,000回以上の再生となりました。

     なかでも、公式企画である「ぷっぷるちゃんのきらきらピアノ」を使った企画では、入賞を果たし、まさかのマイル―ムに「ぷっぷるちゃん」を招き入れることとなります。それ以降、エレクトーン動画の"神"として動画内で見守ってもらっております。

     そして2020年へ。長年、故障のまま放置していた旧モデルであるEL-57が修理により復活しました。STAGEAを楽しむ傍ら、懐かしきサウンドを求めこちらのモデルで演奏する作品も作りました。「まちがいさがし/菅田将暉」「さらば恋人/堺正章」「魅せられて/ジュディ・オング」と昭和ソング含む楽曲動画を作成。その結果、いずれの動画においても旧機種ながら4桁再生を記録する等、根強いELサウンドに対する注目を垣間見た結果となりました。

    ●6,000人台へ突入!今後のかめエレチャンネルは!?
     そして、2020年7月。晴れて、チャンネル登録者数6,000人となり、新たなステージにてエレクトーン動画をこしらえて参ります。直近のJ-POPシーンにおいては、昨年よりヒットを飛ばすOfficial髭男dismの活躍の他、「夜に駆ける/YOASOBI」「香水/瑛人」そして、先日公開された「感電/米津玄師」といった、気になる楽曲が登場。STAGEA02においても、これらのヒットナンバーをぜひ奏でていきたいなと感じています。

     昭和ヒットソングにも注目です。連日多くのコメントをお寄せ頂いているのですが、中でも顕著なのが「エレクトーンで昭和ソングをもっと」ということであります。主に70~80年代にかけての楽曲ですね。最新エレクトーンで懐かしさのナンバーを奏でる興味深さ…そして、僕自身昭和という時代のヒットソングの思い出は「ほぼ」皆無という点でも、気になる時代でもありますので、今後もこの時代のヒットソングも奏でていきたいと思います。

     なんだかんだ、大きく変わらず。その時、その時代にあった音楽を自由気ままにエレクトーンで楽しく。そして、リクエストにもお応えできる範囲で着目していく。このスタンスは今後も変わらないかなぁと思います。エレクトーン動画をきっかけに、コメント欄でアツいコミュニケーションが繰り広げられるのが本当に楽しくて、気づくとマシンガンコメントになっていることもあるぐらいです。めっちゃ楽しいけんね、また次も頑張って作ろ!!と思うんよ。

     …というわけで、6,000人台のかめエレチャンネルがスタートしました。引き続き、いろんな楽曲をエレクトーンで演奏していきたいなぁと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。