第423号「かめピアノでプチハッピーを」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第423号「かめピアノでプチハッピーを」

2017-05-22 23:29
    先日、ハンディキャップを抱えた方々が集うとある施設にてピアノを弾かせて頂く機会を頂きました。普段エレクトーンを弾く僕にとってピアノを弾くのは久々のことで、不安の中本番を迎えたのであります。その結果は・・・⁉

    ●かめピアノが響く・・・!
     エレクトーンを弾くことが多いのですが、この日はなんとアップライトピアノでの演奏でした。事前に「こんな曲を弾いて頂きたい!」というリクエストを数曲依頼を受け、練習していました。当初、ガチピアノ譜で弾かなければ‥!?という思いがよぎったのですが、結果的には、メロディ+コードによるシンプル演奏になりました。演奏に余裕が生まれ、その場の雰囲気にあわせて楽しむことを優先させて頂きました。

     普段エレクトーン演奏は、自分の部屋でヘッドフォンをして楽しむことがメインなのですが、この日はピアノをみなさんが囲って、演奏会さながらの雰囲気でした。本格的・・・!!と一気に緊張感が増します。EL-900mをステージで演奏した中学生の時の演奏会以来じゃったわ。演奏を開始すると、手拍子、中には演奏にあわせて一緒に口ずさんでくださる方もいらっしゃいましたよ。僕も自然と演奏に感情が入ります。周囲にピアノ演奏と、歌がえぇがに響く和やか空間でした。

    ●ハンディキャップを持ってても音楽は大好き!
     様々なハンディキャップを抱えていながらも、音楽はやっぱり大好き。そう教えて頂きました。実際、演奏会当日の朝から楽しみにしていた方もいらっしゃったようで、「うきうきしていましたよ!」と教えて頂きました。演奏中もじっくりと耳を傾け、楽しい雰囲気を感じ取ってもらったようでうれしかったです。

     途中、僕自身の紹介をさせて頂く機会がありました。エレ生!を普段していることもあってか、スムーズに音楽をはじめたきっかけや、エレクトーン演奏を楽しむ現在に至るまでをご紹介させて頂きました。ピアノであれ、エレクトーンであれ・・・何かしら楽器を今もやっててよかったと思うと同時に、自分一人だけでなく、今回のように多くの方に自分の演奏を聞いて頂き、「楽しかった」と言って頂けるのは新鮮な気持ちでした。音楽は演奏したり、聴いたり気軽に楽しめるアイテム。今回の経験を通して、いろんなことを感じたひと時でした。

    ●これからも弾いて!楽しんで!わいわい!
     終始緊張しましたが、無事に演奏会を終えました。みなさんから温かい拍手に包まれ、ちょっとテレてしまったわしです。その勢いでSincerelyを弾きそうになったが・・・やめとったわぃの。BlueやAYURAも弾きそうになったんじゃが、これじゃ趣旨が変わるけぇのぅ。。・・・と内心こんな気持ちになったのは、少しだけ自信が出た表れでしょうか。初めての施設での演奏会は聴いてくださった方はもちろん、僕もスマイルになったひと時でした。これからも、機会があればまた演奏できたらいいな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。