第470号「エレ脳内変換」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第470号「エレ脳内変換」

2018-03-12 01:43
    この世の中には音楽がいっぱい溢れていますね。CM一つとっても音楽が全くないCMを見つけることが難しいほど常に音楽が流れています。信号機にも音楽は流れ、駅のホームでも音楽が流れ・・・無数にある音楽の中で気になる曲はエレ脳内変換してませんか⁉

    ●映画館で聴いた曲
     先週末に映画を2本ほど鑑賞しました。その本編が始まる直前に「映画館での禁止事項」が収録された40秒程度のムービーが紹介されます。ビデオカメラや、ポップコーン、ジュースが擬人化された‥アレです。一度はご覧になった方もおられると思います。

     そのムービーはとてもコミカルなアクションで禁止事項をユニークに紹介してくれます。そして、そのシーンを一層盛り上げてくれるのが、BGM・・・音楽ですね。このムービーにも、音楽が使われていました。数回映画鑑賞をするとこれらの音楽も自然と覚えていきます。やがて、ソラでも、なんとなくメロディを拾うことができるようになっています。自分が好む曲調であったり、強く気に入ると「脳内変換」が始まっていく傾向があります。

     映画本編は本編で楽しみ、満足した2時間でした。そして、もう一つのお楽しみが本編前のムービーで流れていた曲。弾きたくなっちゃうんですよね。映画の余韻に浸っている中ということもあり、劇場を思い出しながら演奏してみたいなぁなんて思ったりするワケです。頭の中では、自然と変換作業が行われていきます。

    ●膨らむ創造
     早い話・・・帰宅してエレクトーン前に座って作業をすりゃそれはもうそこで完結するのですが、この考える時も意外と面白いんですよね。特に作業をするということは無いのですが、イメージトレーニングみたいなもの!?かな。音色、リズムキット、バッキング、レジスト構成・・・演奏するんだったらこうかな??あぁかな??とザックリと。

     細かな実際の作業はエレの前で行うようになるので、ガチガチに設計することは無いのですが、変換作業は何気に楽しくて、「早く作業したい!」という気持ちになります。AメロからBメロに移った時の瞬間って、エレでどう表現しよう!?とか、このリズムキットの音‥確かあったはず!!と・・・まぁあくまで想像の世界なんですけどね。何気にこの時間が楽しく、ついつい妄想タイム。イメージトレーニングって大事よね。

     見事、妄想を現実に演奏できるようになったらとても幸せな気持ちになるはず。脳内を実際の演奏に表現できたら、音も出せますしね。時に「あれ!?こんな雰囲気な音作りだっけ??」とイマイチな時もあったりするんじゃが、諦めず新たな曲にチャレンジしています。エレ脳内変換は、音楽やってる方にとっては何も無くても考えるだけ・・・手ごろな趣味だと言えそう??ですかね。ふふ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。