第500号「カプコンエレスコアを買ってみた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第500号「カプコンエレスコアを買ってみた」

2019-01-27 13:50
    祝!500号!!みなさん、いつもブロマガをご覧頂きありがとうございます。記念すべき500号は、先日発売されました「カプコンのエレスコア」についてです。エレクトーンスコアでゲームソングが公式スコアとして採用されるのは他ジャンルのスコアよりも比較的珍しく、攻めた内容で個人的に嬉しかったです。

    ●カプコンを代表するタイトルを6つ収録!
     今回のスコアではカプコンを代表する6つのゲームタイトルからそれぞれの楽曲を収録しています。「魔界村」「モンスターハンター」「大逆転裁判」「戦国BASARA2」「ロックマン2」「大神」の各シリーズから単曲モノからメドレーモノまで実に幅広い選曲。なかには、エレクトーンならではのサウンドを活かした「オケ・アレンジ」なるものもあり、ユニークな1冊ではないかと思いました。

     エレクトーンのゲームソング曲集は他の曲集に比べると、出版数は少ない印象です。これまでに「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「スーパーマリオシリーズ」「ゼルダの伝説」あたりが公式スコアで販売されていました。その中で、2019年初頭に、今度は「カプコンゲームタイトル」を持ってくるとは…!!ゲームファンにとっても、ゲームミュージックエレ弾きにとっても嬉しいニュースには違いありませんね!

     僕自身今回収録されたゲームタイトルの中で実際にプレイしたことがあるのは、「魔界村」…ケータイアプリで1~2面ほど。「大逆転裁判」…"逆転裁判"シリーズは数回。他ゲームはほとんど未プレイという、はっきりいうと「ゲームやったことないんです」派です。しかしながら、せっかく購入したので、これを機に「どんなゲームなのか」を知った上で演奏を楽しみたいと思います。
     今は、「ゲーム実況動画」という武器動画がインターネット上に投稿されているので、これらのゲームプレイを視聴し、ゲームの世界観を知り、BGMにも親しめたら、より演奏も楽しめそう。差し当たり、「魔界村」は少しだけゲームをやったことがあるので、BGMもなんとなく覚えています。一番最初に演奏するのであれば、やはり「魔界村」かな…!?

    ●エレクトーンでピコピコ音
     今回の公式スコアではスコアの他にもレジストが収録された有料データが販売されています。楽譜の購入と共に、それぞれの楽曲に対応したデータを併用することで、すぐに本格的な演奏が楽しめます。…が!!個人的には音作りにも興味があるので、こちらにも挑戦してみたいですね。

     そこで、気になるのがエレクトーンでの音作り。なかでも、ファミコン独特のピコピコ音はゲーム音楽を印象付ける音でありましょう。今回のカプコンタイトルの中では、「魔界村」「ロックマン」のゲームはファミコン世代ですので、ピコピコ音を登場させても面白いかもしれません。エレクトーンにおいては、「シンセクラリネット」が一番近い音として気軽にセレクトするのもいいし、「シンセリード6」をボイスエディットをさせて、凝った音作りをしても面白いかも。また意図的にピッチをズラしたり、似た音を組み合わせて音の厚みを出すのもいいかもしれませんね。エレクトーンは多彩な音が出る特性を活かし、市販データで楽しむのはもちろん、興味ある楽曲をレジスト作りチャレンジして独自の音で演奏するのもとても興味があります。

    ●何気に気に入った表紙デザイン
     今回購入したカプコンエレスコアですが、表紙のデザインもまた秀逸。ド真ん中に「CAPCOM」のデカいロゴを配置、その下にゲームミュージック収録タイトルを配置しています。背景を宇宙を彷彿させるような青いカラーで引き締めたデザインは思わず買いたい!!と思わせるデザインだなぁと感じました。

     最近では、ニンテンドークラシックや、プレイステーションクラシック等往年の有名ゲームタイトルがコンパクトな機体に収録されたゲーム機が発売され、話題となりましたが、今回のゲームミュージックスコアもそんな印象を受けました。「懐かしいな!エレクトーンでゲーム音楽が楽しめるのか!」とスッと手にとり、サッと弾けるのってカッコいいですよね。ぜひ、みなさんもカプコンのゲームスコアを練習して、ゲームサウンドをエレクトーンで再現して楽しみましょう~YOU WIN☆
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。