第505号「"ぷっぷるのきらきらピアノ"キャンペーン当選!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第505号「"ぷっぷるのきらきらピアノ"キャンペーン当選!」

2019-03-15 22:56
    今年1月~2月にかけて取り組んできた「ぷっぷるのきらきらピアノ」を活用してのエレクトーンとのコラボ動画の作成。目標は、プチエレチョ作品として参加する他、ぷっぷるのきらきらピアノをメインに捉えた「Instagram投稿キャンペーン」にチャレンジすることでもありました。応募の結果、なんと当選しました。

    ●撮影から投稿まで…!
     まだ凍り付く風が吹きつける1月に動画作成を開始しました。チャレンジ曲は「可愛いアイシャ」に決定し、慣れない指先でチマチマとピアノを演奏するシーンを撮影しました。筐体は手のひらサイズということもあり、撮影時、自分自身の両手の甲が画面に占める割合が多くなります。そこで、思いついたのが、手の甲にぷっぷるちゃんを描くというアイディアでした。

     両手の親指で鍵盤を演奏することから、両手の親指の指先がぷっぷるちゃんの手に重なるよう描きました。こうすることで、実際は親指で演奏していますが、手の甲に描いたぷっぷるちゃんが演奏しているような雰囲気を出すことにしたのです。

     プチエレチョ開催後に早速インスタグラムに応募する準備をしました。作品の長さは3分弱なのですが、なんとここで問題が発生します。インスタグラムに投稿できる動画の長さは最長1分まで。そうです…!!作品を一部カットする必要性が出てきたのです。「まさか1分までしか動画投稿できないなんて‥!!」と気持ちが動揺したものの、今から再編集する元気もなかったので、動画の前半部分をカットすることにしました。

     頑張って作った動画の一部をカットするのはなんとも惜しい気持ちではあったものの、動画編集ソフトでフェードインさせて途中からラストまでを投稿作品と致しました。「#ぷっぷるのきらきらピアノ」とハッシュタグを付け、投稿完了。頼みます…!!と願うばかりです。

    ●インスタグラムでの人気、そして結果…!!
     投稿を完了して数日後、どんどん作品の応募がありました。50件以上の応募があったようです。きらきらピアノをシンプルに演奏しているシーン、きらきらピアノとの2ショット、音楽教室での1シーン…など等、思い想いの作品を見かけました。その中で、自分の作品は比較的視聴頂いていたようで、上位の位置で表示されることが多かったです。

     そして、昨日(平成31年3月14日)の夜に「あれれ?」と思うことがありました。公式か…非公式かはわからないのですが、「ヤマハ音楽教室アカウント」さんからいいね!を頂戴しました。自分の中ではとても嬉しいことでもあり、ほぉぉっぉぉぉ☆と気持ちが高まりました。しかしながら、キャンペーンの結果発表では無い様子だった為、気持ちの高まりはそこで落ち着いたのでありました。

     運命の日は今日(平成31年3月15日)でした。スマホにふと見ると、インスタグラムロゴと共に、「ヤマハ プップル」さんのアカウントから通知が…⁉!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!…と高まる気持ちを抑え、タップする・・・


     ふぉぉ…!!!!ぷっぷるちゃんの写真と共に、ヤマハさん…!!!!!ヤマハさんから当選のご連絡という通知を頂いたのであります。

     「ぷっぷるパペット」にご当選されました!おめでとうございます♪

     「♪」のマークを付けているのが、さすが音楽企業という感じがしますね。ぷっぷるのきらきらピアノ×エレクトーンのコラボレーション動画は、本家本元ヤマハさんにちゃんと届いていた…そう感じました。素直に嬉しかった。ぷっぷるパペットを頂けるのも嬉しいことではありますが、何より「大好きなヤマハさんから反応があった」ことが一番の喜びでした。自分の動画をご覧頂いた事の嬉しさ。それに確かな評価を頂いたことの嬉しさ。そんな気持ちがありました。メッセージを何度も読み返し、感謝の気持ちが沸くのでした。

     手の甲にぷっぷるを描いてえかった… エレクトーンアレンジを悩みながら考えてえかった… 「あれれ~?また遊んでね!」のタイミングあわせに何度もテイクを重ね…
    そして出来上がった「可愛いアイっぷる」エレ動画。

     少しずつ取り組んだエレ動画作成でしたが、まさに季節柄「サクラサク」というより、「ぷっぷる笑う☆」でありましょう。今日は本当に嬉しい瞬間を経験することができました。ぷっぷるちゃん、ありがとう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。