第512号「"YouTube"好きなエレクトーン動画①」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第512号「"YouTube"好きなエレクトーン動画①」

2019-06-12 00:41

     YouTubeにはたくさんのエレクトーン動画がありますが、皆さんはどんなエレクトーン動画が好きですか。日々更新されるエレクトーン動画の中で、個人的に好きな動画をご紹介できたらいいなと思います。YouTubeにもコメント欄があり、そこに記述も出来るのですが、あえてのブロマガで語りたいと思いますね。

    ①Takase Takayukiさん…代表エレ動画「アナ雪メドレー」「Dazzling」「バブリーダンスをエレクトーンで弾いてみた!」等他多数。

     僕がエレクトーン動画の中で一番最初に衝撃を受けた動画の数は圧倒的ナンバーワンでした。特に、「アナ雪メドレー」のそのセンスあるアレンジは演奏のパワフルさはもちろん、動画ならではの迫るカメラアングルにあるかと思います。「バブリーダンスをエレクトーンで弾いてみた!」のように、世間で関心ある流行曲、旬である曲を取り入れながら、エレクトーンの表現力を一般の方々に動画作品として紹介しているスタイルに脱帽です。

     チャンネル登録者数は、既に2万人を超え、エレYouTuberとしてご活躍中です。エレクトーン演奏は手元での指さばきをじっくりと鑑賞できるアングル動画もあれば、クロマキー技術を活用した、異次元で演奏されているようなエレクトーン動画も大好きです。お気に入りは「Dazzling」ですね。前のめりしそうな特徴的なリズムを確実に体で意識し、弾きこなしている姿はさすが…!!の一言。颯爽と惹かれるエレクトーンver.のDazzlingを聞きながらの外出もおすすめです( *´艸`)

     更新頻度は忘れたころにやってくる…!!光の如く、そのエレ魂が宿った作品の再生ボタンを押す瞬間…!!どんなエレサウンドが聞けるのだろう⁉のワクワクを今も楽しみに次作を待っています。

    ②yoshimi araiさん…EL-900で歴代ELシリーズデータ演奏動画他、解説動画も好き!

     STAGEAシリーズでの演奏が多い最近の動画の中で、EL-900を活用したエレクトーン動画を更新されている女性エレクトーンプレイヤーさんです。動画は主に、かつてELシリーズで販売されていた楽譜&FDデータでの演奏ですが、所持機種であるEL-900でのデータ再生はもちろん、下位機種である87~37までのデータも、900で再現再生して演奏動画として投稿されているのがELファンにはたまりません…!!

     900ではこんな音色だったけど、57ではこのような音に置き換わっているんだ…!!と、かつて少年だったあの頃の夢を今エレ動画として観て楽しむことができるんですよね。ホントいい時代です。最近では、音色向上を目指され、新しいミキサーを導入されたとのこと。試行錯誤されたそうですが、頑張った甲斐があり、ヘッドフォンで聴いてみると以前より更に臨場感あるELサウンドを楽しむことができるようになっていました!!

     yoshimiさんのエレチャンネルの魅力はもう一つ…「解説動画」にもあります。これは、演奏動画について、yoshimiさんが感じたこと、頑張ったこと等を楽譜や、エレ鍵盤の風景と共に解説されている動画です。平均10分~15分程度にまとめられており、演奏に至るまでの奮闘ぶりが垣間見れる、いわば努力の足跡帳でありましょう。譜例を実際に弾いて、フレーズを確かめたり、楽譜の細かな解説を聴いていると、「わかるわぁ~」と共感する点が多いところも、嬉しいポイント!

     選曲もゲームソングから、EL全盛期であった平成ソングも多いことから、ELをめいっぱい楽しんだ方々には、ドストライクの選曲だと思います。おすすめのエレ動画チャンネルです。

    ③HelMetさん…魔女宅のジジのお人形がポイント!確かな演奏技術で聴くエレサウンド。

     HElMetさんのエレクトーン動画は、画面4隅が黒く、望遠鏡でエレパネルを望むようなレイアウトが特徴的です。そして、センターには、「魔女の宅急便」でおなじみのマスコット「ジジ」のお人形がちょこんと座り、その演奏に耳を傾けているよう。

     エレクトーンプレイヤーさんの市販曲集1冊まるごと演奏動画アップ企画、米津玄師さんのソングをいち早く耳コピで作成、動画投稿等、HelMetさんの持つ演奏技術にホレます。こういった企画の発案、それを自らのセンス、音作りで紡ぎだすエレクトーンサウンドは「いいなぁ…すごいなぁ…」と素直にうらやましいですね。オススメのエレ動画は、中野さん作曲「Beijing gallop」エレ動画でありましょう。特殊な変拍子をカッコよくキメていらっしゃいます。

     エレクトーン動画内で左手の動きには特に注目ですね。体の軸がブレず、安定したマニュアル演奏がまた素晴らしいです。自分だったらバタバタとやらかしそうなのですが…そういう動きは無く、スマートに弾きこなしている所も素晴らしいですね。最近は、米津玄師さんの楽曲のアップが多い傾向。今後の作品にも注目しています。

     今回は3つのエレクトーン動画チャンネルについて自分の感想を述べてみました。どのチャンネルもそれぞれ特徴があり、ついつい次回のアップが楽しみになっちゃうチャンネルです。エレクトーン演奏と一言にいっても、クリエイターによりいろんなカラーがあっていいですよね。まだまだ、ご紹介しきれないので…また次回以降に…!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。