第515号「"YouTube"好きなエレクトーン動画④」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第515号「"YouTube"好きなエレクトーン動画④」

2019-06-14 23:47
    好きなエレクトーン動画はお気に入り登録して何度も視聴しちゃう!そんな素敵な動画を個人の見解でご紹介。今回で早くも第4回となりました。エレクトーン動画のサムネイルも、思わずクリックしてみたくなる要素のようです。工夫されているサムネイルも多くなりましたね。

    picojinkeさん…お気に入り作品「shaka-land(エレクトーンおじさんは長年エレクトーン弾くと禿げちゃうversion)」

     木目調のビンテージエレクトーンから、EL-87、HS-8、STAGEAまでいろんな機種の即興演奏を撮影、投稿されているpicojinkeさん。その主な撮影スタイルは、演奏風景の直撮り形式によるものが多いです。縦画面レイアウトの動画からおそらくスマートフォンによる撮影をされているのだと思います。jinkeさんのエレクトーン動画はとにかく「即興」というキーワードがしっくりくるのではないでしょうか。

     STAGEA02シリーズが発売された時は、どこかの楽器店で試弾する様子を収めた動画を投稿されていました。リズムを鳴らし、アカンパニメントで自由に気持ちよく試弾されている様子は、そのSTAGEA02シリーズが持つ性能がどんなものなのかまじまじと動画を鑑賞。また、ある時はEL-87のプリセットリズムを鳴らしながら、即興でオルガン音色で演奏シーンを披露されていました。

     そんなjinkeさんのお気に入り動画は、かつてエレクトーン動画コンテストにも参加された時の作品「shaka-land」です。この作品に使われている楽曲は、jinkeさんご本人による作曲だそうで、ダンスポップのリズムにのりながらシンセ、オルガンといった楽器音色でキャッチーなメロディ、アドリブを楽しめる動画となっています。演奏もさることながら、演奏時のjinkeさんのパフォーマンスも秀逸。星型のサングラス、中盤でおでこに貼ったピアノデザイン??のシールを剥がす等、普段演奏するときにはまずはしないだろうという面白シーンが見どころ。

     僕が過去使っていた旧機種C-100というエレクトーンがあるのですが、なんとjinkeさんもとある場所にてC-100を演奏する機会があったようで、その演奏シーンを収めた動画も公開されていたのには驚きました。プリセットリズムを流しながら、温かみのあるエレの音色で演奏されていました。jinkeさんのこれからの活躍にもご注目であります。

    ②Electone Lab.さん…(勝手に)永遠のライバル

     数年前より動画投稿をされているElectone Lab.さんのチャンネル。その特徴は何といっても「月エレ、市販楽譜のデータによる演奏動画のアップスピード」ではないでしょうか。雑誌または楽譜の発売直後にも関わらず、動画投稿が完了しているのであります…!!僕が、「さぁ、楽譜も買ったしちょっと弾いてみようか」と思ってる段階で既に動画は完了、投稿されているのです。知ってる限り、Electone Lab.さんが恐らく最速投稿ではないでしょうか。

     使用されているエレクトーンは、動画からELS-02Xの可能性が高いです。足鍵盤が特徴的ですよね。サムネイルには、使用楽譜の表紙写真、または月エレの表紙デザインが添えられています。毎回同じレイアウトのサムネイルは、その人のチャンネルを印象付けるにはポイント高いですよね。「あ!!あの人もう投稿してる!!」と気づきやすいのが◎。

     僕は勝手にElectone Lab.さんをライバルと思っています。なぜか…⁉その理由は簡単です。僕も最速で動画をあげてみたいのです。でも…いまだに勝ったことはありません。同じ楽譜で演奏したものを動画作品として作成、動画投稿したことはありますが、いつも後手なのです。…悔しいのです。月エレを毎月20日近くには購入するものの、だいたい次の日くらいには動画が出来上がってる…早すぎます。

     今年の2月に発売されたドリカムの楽譜を購入し、「先に動画投稿する!!」と勝手に企画をしたことがあります。それが、「大阪LOVER」という曲を演奏した動画なのですが、購入翌日になんとか演奏動画を作成、投稿したことがありました。やった!!まだ誰もこれ作ってない…!!と思って喜んだのですが、結局あれからElectone Lab.さんは同じ曲の動画をあげていらっしゃいません。これは‥。

     …という風に、とにかく最速、とにかく動画アップスピードが早いのですが、月エレや市販楽譜の模範演奏のように活用できる点はいいですよね。実際の完成された演奏がどのような音色で再生されるのかを知るのは、Electone Lab.さんのチャンネルの活用度は高いのではないでしょうか。最新楽譜を幅広く演奏されているので、チャンネル登録者数も納得の3,000人超えです。一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

     …ということで、今回は2組のエレクトーン動画を紹介させて頂きました。音声をきれいに残そう!!という思いでライン入力による動画編集を好むのですが、ライブ感あふれる演奏…鍵盤そのものの音や、グリッサンドによるダイナミックなノイズが入った演奏が楽しめるjinkeさんのチャンネル。そして、いち早く最新楽譜や月エレソングのデータを知りたい!!という思いに応えてくれるElectone Lab.さんのチャンネル。どちらも今後のアップに期待…!!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。