第70号「リスナーと配信者の一体感」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第70号「リスナーと配信者の一体感」

2014-06-06 02:41
    02Cのバイタライズ★完了までのゆる~い枠「エレクトーン雑談」が…連日面白いです。先日の、ポテロング枠、エレクトーンEL-57枠などなど、日によっていろんな「色」があります。今日は、「デスノート&敬称書き忘れごめんなさい」枠でした。

    ●テレビより…エレ生!
     お金をかけてプロのテレビ局が作った番組より、素朴でわいわいできるエレクトーン生放送が面白い。…最近はこう思うことが多くなりました。それは、テレビにはない「双方向でのリアルタイムのやりとり」が一番魅力を感じます。

     今日は、エレクトーンの譜面台にデスノートに似た黒い譜面に気付いてくれた方がおられ、そのノートに「デスノートさながら」に、リスナーの名前を書いたんですね。…もちろん、冗談です。そして、そのあとツイッターにUP!したのですが、一部敬称を書き忘れておりました。…これは、いけないことをした、と直後「敬称書き忘れ枠」をとったのであります。

     僕を許してくれるかどうかの質問をリアルタイムにとったところ、2度にわたる土下座の末に「100%」になるというこれまたびっくり結果。配信者である僕は、素直にうれしく…またリスナーのみなさんも「えかった、えかった」と喜ぶ結果に。

     テレビでは、画面の向こうで盛り上がるシーンをご飯を黙々と食べながら観ますが、こういったエレクトーン雑談枠は双方向で、盛り上がることができます。同じ30分なのに、コチラのほうがあっという間に過ぎてしまう感覚です。不思議ですね。

     エレクトーン雑談というゆる~い枠は、今までなかった面白さ、ゆるさからくるまったり感がいいのではないかな!?と思います。02Cになったら、この充電期間を経て、再び「エレクトーンステージア02C生放送」として加速していけたらいいなと思います。毎晩、楽しいね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。