第71号「リスナーさんからのリクエスト」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第71号「リスナーさんからのリクエスト」

2014-06-09 20:20
    双方間でリアルタイムにやりとりが楽しめるのが醍醐味のニコニコ生放送「エレクトーン雑談」ですが、その時々に視聴して下さっている視聴者(リスナーさん)の皆さんから時々リクエストを頂くことがあります。画面上に流れる「これ弾いてもらえますか?」というコメントに僕は一体どんな思いがわいているのでしょう?

    ●リクエストはひとつの挑戦状!?
     この曲エレクトーンで弾いてもらえますか?とリクエストを頂くことがあります。それは突然であったり、何かのきっかけであったりと理由は様々ですが曲名がコメントとして流れることがあります。過去に自作したものや、データとして手元にあるものについては再生をすれば済むことでもあるのですが、中にはいままで弾いたことのない楽曲がリクエストとして頂くことがあります。

     特に知らない曲のリクエストは自分にとってはひとつの挑戦状かもしれません。過去に作ってきた経験を活かして、新しい曲にチャレンジをしてみる。リクエストしてくれた相手の心にどこまで届けることができるか…など大げさに書いたらそんな感じかもしれんね。実際に過去にもリクエストに応えたことがありました。それはやっぱりリクエストをして下さったリスナーさんの反応が一番気になるものでもあるし、聴いてもらった感想が強く心に残ります。

    ●聴いてもらえるからこそのアレンジを…
     「この曲弾いてもらえますか?」「はい、いいですよ!決定!!」となれば、そこから戦いのはじまり。違うのはひとつ…「この曲は相手に聴いてもらえるように作る」曲だということですね。出来るかぎりのことは力を尽くして、興味を持って聴いてもらえるような展開で作ること。。作る際は僕自身「ちゃんと聴いてもらえるかな…」という淡い思いもあるもん///ぽ。

     その間はいろんなコトが間に入ります。そこが自分の一番欠点なんじゃが…企画参加のお知らせ、様々なきっかけで知る「自分が弾きたい」曲の出会い、突然のひらめき、突然の弾いてみたい曲がわいてくる現象等。路線を外れるともうそっち一直線になるのが自分のいけんところでしょうか。…そういう面があるから、なかなか完成に至るまでは程遠いものがあります。

    ●直近リクエスト「オツキミリサイタル」作ってみた。
     もう1年も前になるかな…ある方からボカロ曲「オツキミリサイタル」をリクエストしたいとのコメントを頂き、なかなか作成できないでいましたが、シンプルながら先日作ってみました。「こんな感じ!?」的なニュアンスも多分に含んでいますが、いい曲ですね。リクエストされたかた、また教えてくださいね。

     …ということで、一番思うに、リクエストには自分なりなエレクトーンサウンドでお応えしたいということですね。聴いてもらって何か感じとってもらえたらそれが一番の喜びだと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。