第236号「エレ勢に見る"任天堂ホイホイ"」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第236号「エレ勢に見る"任天堂ホイホイ"」

2015-05-31 11:25
    2015年5月30日に大和屋一座にて、任天堂が誇る楽曲の数々をファンがあらゆる楽器で演奏、発表する企画「任天堂ホイホイ」が開催されました。エレクトーン、ピアノ、和楽器、バイオリン等多彩な楽器で聴く任天堂ソングは新たな一面を感じました。その中でも、エレクトーンによる表現は僕自身気になっており、今回はエレ勢に感じたことを簡単に。

    ●Emilly「スマブラXとスマブラ3DSのメインテーマ」
     昨年開催された「エレホイ3」でトリを飾られた実力エレクトーンファンさん。個人的にも今回の演奏とても楽しみにしていました。任天堂ホイホイでは、華々しくトップバッターを飾られ、安定した演奏、高い演奏技術を披露されました。
     エレクトーンを02シリーズへ一新されたこともあり、サウンドの圧倒的表現力はヘッドフォンからもジンジン伝わってきました。音のつくりも緻密に計算されたことをうかがわせるポイントも随所にあり、「最初からクライマックス」の言葉の通り満足した演奏でした。

    ●がねずくまね「Return to Dream Land」
     大和屋一座のエレクトーン企画ではレギュラー出演されている、がおーくまたんさんとはねずあかねさん。今回はアンサンブルにて演奏されました。機種はSTAGEA01シリーズをお使いですが、サウンドは02シリーズに匹敵、または超越しているかのような表現はさすがです。エレクトーン2台によるオーケストラサウンドに酔いしれました。
     今回のアレンジは解説によりますと、くまたんさんが担当されたのこと。過去にソロでの演奏を聴き、今回はアンサンブルでくまたんワールドを楽しめたこと。とても贅沢な時間を過ごすことができました。特によかったのは、「しつこすぎない」音作り。ストリングスの自然な人数感、ドラムのSDの主張しすぎない響き、銭湯チックにならないリバーブ…そのどれもが、バランスよく聴いている者を感動させたのだと思います。最高でした。

    ●81会「グリーングリーンズver2」
     大和さんも所属する81会による演奏。このメンバーにyukkieさんも加わり、多彩な楽器でアンサンブルを楽しませて頂きました。yukkieさんは過去のエレホイシリーズでもレギュラー出演されていらっしゃるもはや説明不要のエレ弾きさん。EL-87を愛用されており、ご自身で「化石機種」と表現されていらっしゃいましたが、そんなことはまったく感じさせません。yukkieさんの87は今の時代でも通用する立派なエレクトーン。任天堂ホイホイの作品でもそれを感じました。
     エレクトーンが生楽器と共演する。エレクトーンのみのアンサンブルだけでなく、こういったスタイルも新鮮だと思います。確かにエレクトーンは1台だけで完結する楽器かもしれませんが、思い切ってこのような形でアンサンブルするのもいいなと思いました。素敵な作品をありがとうございました。

    ●ちゃりずみ「ポケモンタコ殴りメドレー」
     ちゃりむさんのエレクトーンはもはや、おなじ楽器とは思えないレベル。いつも思いますね。どうやったらあれだけのサウンドが作れるのだろう…考えても一向に答えは出てこないのですが、本当にすばらしい演奏でした。特に好きに感じたのは、ギターサウンド。こちらも主張すぎず、適度な音量でディストーションすぎないサウンドに仕上がっていたように感じます。
     ポケモンの曲は全部は知らないけれど…時々聞いたことのあるメロディーもあり、興味を持って聴かせて頂きました。ちゃりむさんの今後のエレクトーン演奏も楽しみですね。もっと、こういった企画今後もあればいいなぁと思いました。

    ●Nostalgia「Nintendoメドレー」
     今回の任天堂ホイホイのトリを飾ったのは、Nostalgiaさんでした。任天堂のあらゆる楽器をメドレーとしてひとつの作品にギュッと凝縮。これまでにさまざまな度肝を抜く演奏を楽しませてくれていただけに、今回も期待がかかります。出だしはGBのポケモンのOPでおなじみのあのサウンド…そして、自然にオーケストラサウンドが重なり合い、一気に盛り上げる!!こういったアレンジセンスはどこから沸いてくるのか…今回も口ポカーンでした。
     1曲の中でオーケストラ、ポップス、ラテンなど聴いている僕もそのメリハリのある場面転換を楽しませて頂きました。音作りやリズム作りをどうのこうの…という話はほんと愚問すぎですね。純粋にエレクトーン演奏としてノスタルジアワールドを駆け巡ったのでした。今回も最高でした!


     任天堂ホイホイは3時間強の長丁場でしたが、毎回のごとくあっという間に終わった企画演奏会でした。エレクトーンによる圧倒的な表現も楽しめて、おなじみのメンバーの更なる活躍を期待しています。任天堂ホイホイ2…ぜひ今後も企画立ち上がりを期待しています。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。