第301号「自分のエレ動画を視聴する」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第301号「自分のエレ動画を視聴する」

2015-12-15 21:41
    みなさんはエレクトーン演奏楽しんでいますか?その楽しみを記録として残しておきたい・・・!そんな時はエレクトーン動画が手ごろでいいですよね。一昔前まではビデオテープに記録していましたが、今は動画の時代となりました。インターネット環境があれば、スマホでも視聴が可能です。そこに映る自分の姿・・・みなさんは好きですか?

    ●自分自身が演奏するエレクトーン動画
     演奏することはもちろん大好き。時間を忘れてこころゆくまで演奏、音楽を楽しみます。これはこれでいいのですが、そのベストな演奏を保つにはやはり練習が欠かせません。少しでも油断しているとアッという間にレベルが落ちます。そこで活躍するのがエレクトーンの演奏を収めた動画です。「一番の演奏を記録にしておきたい」を叶えてくれます。エレクトーン動画にしておくと、いつでもベストの自分を残しておくことができます。

     自分で演奏している時と、エレクトーン動画として客観的に演奏を聴くというのは同じようで実は同じではないと感じます。それは、客観的に演奏を聴くことに集中すると、演奏している時には見えなかったいろんな部分が見えてきます。それは人それぞれだと思うのですが、僕自身の経験だと・・・

    1、猫背・・・意外⁉演奏とは違うところですね。エレクトーン演奏をしている自分は背がくの字に曲がっている猫背。こんな姿勢なの⁉と真っ先に驚きました。

    2、演奏する体の動き・・・これも意外なポイント。普通に演奏しているだけかと思いきや、上半身がかなり演奏にノッて動く。おなかもすくはず・・・!!と納得です。

    3、演奏スピード・・・機械で狂いのない電子楽器であるエレクトーン。それをアナログである人間が弾くので、個人差はあれどまちまちなスピードになっていました。結構ハシっちゃう。

    4、エレクトーン演奏ってこんなサウンド!・・・一番はこれでしょう。客観的に演奏を聴くと、自分が好んで弾いている演奏ってこんな音してるんだ。と知ることができます。納得のいく演奏であればあるほどリピート率も高い⁉

     ・・・と、以上のようなポイントを見つけることができます。特に、エレクトーン演奏がほぼ完ぺきでお気に入りのサウンドでまとまったエレクトーン動画であれば自然と何度も見返して自分の世界に酔う・・・なんて経験ありませんか?恥ずかしながら、僕はあるんですよ。特に今、実際の楽器が手元にない環境なのでなおさら強く思います。

     自分のエレクトーン動画を視聴する、ということは自分自身を知ることでもありますね。もっとこうしたほうがいい、と思う点もあれば、これは満足!!と自負することもあります。演奏も楽しいけれど、みんなと広く共有できるエレクトーン動画の効果は思う以上に多大にあるのではないかと感じました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。