第303号「動画コンテスト始動する!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第303号「動画コンテスト始動する!」

2015-12-29 22:04
    それは突如タイムラインに流れてきた一つのリツイートでした。「エレクトーン動画コンテスト」なるものが2016年2月より募集開始するそうです。「演奏部門」「自由部門」に分かれ、前者はエレクトーン演奏中心、後者はエレクトーンを想起させる内容中心というもの。あまりの突然の発表に僕の心は揺れております。

    ●どんな動画がいいんだろう?
     僕は今までエレクトーン動画をYouTubeやニコニコ動画へ投稿して楽しんできました。それはエレクトーンの打ち込み、アレンジが楽しくその反響としてみなさんのコメントや評価が今のモチベーションにつながっています。今回新たに作成するとなるとどんな動画がいいんだろう・・・?最初の一歩はまずここから考えることにしました。過去を振り返って気づいたことは以下の通り。

    ・自分が描くレジスト作り・・・音作りが楽しい。こう表現したい。まずは自分が楽しむ演奏。
    ・リクエストに応える・・・視聴者のみなさんの興味に自分なりに応える演奏やアレンジ。
    ・エレクトーンらしさ・・・自力演奏のほか、自動伴奏も併用しエレクトーンらしさが出る演奏。

     以上の3点は動画コンテストに参加する時にとても参考になると思いました。まずは自分が楽しむ演奏を目指すこと。自分の楽しみとは何か。02Cを手に入れた時のあの興奮。エレクトーン1台でどこまで表現できるんだろう⁉という関心。そして、自分の演奏に興味を持ってくれているみなさんを大切にすること。最後に、「エレクトーンってやっぱり最高!」そう思える内容を目指すこと。

     このような方向性を軸に僕なりに考えていきたいと思います。今日の今日で考えもアイディアも何もない状態ですが、「自分のエレクトーン動画ってどんな作品だったんだろう?」と振り返ることができました。それは単純に「エレ動画作りが楽しい」それだけで、ここまでやってきたんじゃろう思うんよね。

    ●エレホイの制作過程を彷彿
     もう一つ思いだすことがあります。それはエレクトーン動画企画「エレホイ」です。エレクトーン動画の撮り下ろし作品を一挙に楽しむ企画に参加させて頂けた経験を思いだしました。数か月に及ぶ制作過程は、悩みに悩んだ期間でもありましたが、本番での興奮は何も変えられません。「いつものエレ動画よりいいものを作ろう!」その一心でした。その時のわくわく!!と同じものを今も感じています。

     何も難しいことじゃないんじゃね。今までやってきて「エレクトーン弾いて楽しい!アレンジしてわくわく!!」この気持ちを忘れずにとりくんでいけばいいんじゃね。この記事書いてるとなんとなく方向性が見えてきた気がします。素敵な企画をどうもありがとう。わしゃやってみるわぃ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。