SRLについての説明
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SRLについての説明

2013-01-24 12:57

    わたしがSRLを知ったのは、モンテ・カザザの曲をすきになってから
    コラボでSRLとのパフォーマンスビデオをみてからだろう
    サイバーパンクの現実化に興味を覚えたことが昨日のようだ
    ノイバウンテンはじめ、世紀末が一つの記号になっていて
    ドイツ、ベルギーなどのインディーズが注目され始めていた時期である

    SRL;サバイバル・リサーチ・ラボラトリーズ
    1978年;マークポーリンが設立・サンフランシスコが拠点
    機械演劇集団(マシーン・パフォーマンス・グループ)
    名前の由来
    サバイバル===生き残る(現実に飽き足らない人に別の生き方を提案する)
    ルサーチ====新しい調査(営利じゃなく、純粋な探求心と問題提議)
    ラボラトリーズ=研究所(発展、変化をすること)

    メンバーは、20~30人~100人(ボランティアでなりたっている)
    マーク・ポーリンのワークショップとの表現がてきせつデスネ
    1999年 日本でパフォーマンスをおこなう


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。