• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【特別公開】『神神化身』朗読台本 「泡沫の舞台」

    2022-04-30 20:00
    ニコニコ超会議2022 超声優祭
    『超かみしんバラエティ オレたち!舞奏衆!』で上演した朗読台本を公開いたします。

    「泡沫の舞台
     

    三言「観囃子のみんな! 見えてるか? みんなの歓心のお陰で、もう一度この場所に立つことが出来たぞ! 俺達が相模國舞奏衆、櫛魂衆だ! ちゃんと帰ってこられたな!」

    比鷺「やー、まさか二度目のワクワク超パーリィに出られるなんて思わなかったよぉ! これでもう俺は名実共に人気実況者と言っちゃっていいでしょ~! はあ、そろそろくじょたん公式チャンネルが出来てもおかしくないよね。運営さん、見ってるー?」

    遠流「それだと僕も名実共にスーパーアイドルって言っていいことになるし、公式チャンネルが出来るのは僕が先ってことになるけど。言っておくけど、僕はお前より上手くやれる自信がある」

    三言「この一年の間にアイドルとしての自信が増してる! いいことだな!」

    比鷺「いいことだけど!」

    鵺雲「そう、本当に素晴らしいことだね! ……舞奏披というのは時と状況により、様々に形を変えてきた。カミに歓心を奉じる為、舞奏の何たるかを人々に知らしめる為、その時々に応じて、最適な舞台に変じてきた。そうして今日は、この舞台だ。……そんな素敵な舞台で大好きなひーちゃんと一緒にいられるなんて! これはとっても素晴らしいことだよ!! ね! ひーちゃんもそう思うよね!」

    比鷺「で、でたー!!!! ワクワク超パーリィからワクワク要素を引き算してくるクソ兄貴~! 思わねえよ! あんたのせいでワクワク超パーリィがワクワクでも超でもパーリィでもない通夜会場になってんの!」

    鵺雲「こういう場でも喜びを表に出さないなんて、ひーちゃんは奥ゆかしいね!」

    巡「いやいや、あれ絶対嫌がられてるでしょ……。はーあ、覡主がこんな感じだと俺達も困っちゃうよねー。ここはいっちょ俺と佐久ちゃんで、遠江國御斯葉衆の最高さを観囃子ちゃん達にアピールするしかないよ!」

    佐久夜「……わかった。俺は遠江國舞奏社所属の社人であり御斯葉衆の覡が一人、秘上佐久夜だ。僭越ながら御斯葉衆の紹介をさせて頂く。まず、遠江國の遠江というのは、この地にある湖に由来している。都から近い琵琶湖が近淡海と称されていたのに対し、浜名湖は遠淡海と称されていたのだ。この浜名湖であるが、実は我が主である栄柴巡の栄柴家と深い縁があり」

    巡「ちょっちょっちょっ、佐久ちゃんストップ! そのスケール感で説明してたら終わっちゃうから」

    佐久夜「だが俺は、秘上家の人間として栄柴家がどういう歴史を辿り、どう舞奏の世界に貢献を果たしてきたかを説明する責務がある」

    巡「その心がけは従者として百億点だけど! 固すぎるんだよお前は! ていうか、そうして従者の自覚とかなんとか言うなら、お前このワクワク超パーリィで絶対フラフラするなよな。主が誰かをちゃんと認識して、慎みを持て」

    佐久夜「……善処する……」

    去記「ふっふっふ。何やら騒がしいが、所詮その他の者は前座よ。この場の主役は我らであるぞ! 我ら、上野國舞奏衆・水鵠衆! そして我は上野國で一番キュートな九尾の狐、拝島去記だコン!!」

    阿城木「待て。そのコンってなんだ、コンって」

    去記「入彦、どうしたのだコン?」

    七生「そうだよ阿城木。何に引っかかってるのさ」

    阿城木「普段そんな語尾付けてなかっただろうが」

    去記「ほら、ワクワク超パーリィだし、我の九尾の狐っぽさをアピールする目論見っていうか……あ、目論見っていうか、コン」

    阿城木「こんな大事な時に、付け焼き刃の雑なキャラ付けで間違った印象を与えてどうすんだよ!」

    七生「阿城木って、なんだかんだ去記の九尾の狐設定を一番大事にしてる人間だよね……」

    阿城木「名乗りってのは大事なもんだろ。これはある意味で宣戦布告だ。他の奴らにぶちかまそうぜ」

    七生「好戦的だね。まあ、嫌いじゃないよ。ワクワク超パーリィは初めてだけど、一つ大きな波を立たせてもらうよ! 僕ら水鵠衆が来てあげたんだから、存分に感謝してよね!」

    皋「クソ、俺がこういう場で臨機応変にやれないから、闇夜衆が目立てないんだ……」

    萬燈「それはちっとばかし卑屈が過ぎるんじゃねえのか?」

    皋「卑屈になるなって方が無理だろ! なんか色々インパクト負けしてるんだって」

    萬燈「俺からしたら、お前も相当興味深くて面白えけどな」

    皋「んなこと言うなって。こういう時にあいつがいたらベラベラ余計なこと喋りたくってササっていってただろうけどさ……。どうしてこういう時に限ってあいつがいねーんだよ。普段だったら一回につき176文字は喋るような奴が……」

    萬燈「なんだ? お前と昏見は常々べったりだとは思ってたが、こういう状況にあってもあいつがいないと心細いか?」

    皋「心細いとかそういうんじゃないんだよ。俺は盛り上がり的な面を気にしてるわけで」

    萬燈「今まで闇夜衆はお前を要として最高のエンターテインメントを生み出し続けてきた。そのことを誇れよ。なんなら、観囃子じゃなくて俺のことを楽しませようって気概で挑みゃいいだろ?」

    皋「そっちの方が余計気負うんだけど……」

    萬燈「気負うなよ。どうせこの場は一夜の夢。須臾の奇跡だ。そこに溺れる才能は、その舌に宿ってんだろ?」

    皋「……おーおー、言ってくれるじゃん。ならやってやるよ。麗しき観囃子の皆々様! 待ちかねたか? 俺達が武蔵國舞奏衆、闇夜衆だ! 仲良しこよしで相当手強い櫛魂衆に、どこぞの怪盗よろしくトリックスター気取りの水鵠衆、伝統とかいう遺留品にこだわる御斯葉衆! 俺らがここで一つ、エンターテインメントを見せてやるよ! そして観囃子! お前らにここで会えたことに、俺は感謝してるからな!」

    萬燈「それでこそだ。折角なら、他衆との交流を深めんのも悪くねえんじゃねえか?」

    皋「あ? え……マジ……?」

    萬燈「明らかにトーンダウンしてやがるな」

    皋「や、八谷戸……元気か……」

    遠流「何でここで僕に振るんですか。見知った、しかも当たり障りのない相手でお茶を濁そうっていう魂胆が見えていますよ。もっと社交的になったらどうですか」

    萬燈「表情一つ変えず言うじゃねえか。俺もお前も、前のワクワク超パーリィの時とはまるで違った人間ってことか。いいじゃねえか。俺はそっちのが好ましいぜ。なら、お前こそ多少社交的なところを見せてみろよ」

    遠流「それはどういう……。……七生千慧……」

    七生「……それで、僕に話しかけてくるんだね」

    遠流「僕は……泡沫の夢でも、幕間でもない舞台で、君と話してみたい。向き合いたい。その為に──借り物のこの場所で立ち続ける」

    七生「……そこに君の信じる縁があるなら。僕は……僕はいつかきっと、……」

    鵺雲「確かに、縁というものは不思議なものだね。萬燈先生がそうして闇夜衆にいることも、奇縁の成せる業だろう」

    萬燈「よく言うぜ。お前はそれだけの縁に恵まれようと、まるで変わらねえようだが」

    鵺雲「ふふ、君が言うならそうかもね。今度また会う時は、比鷺だけじゃなく僕にも優しくしてくれると嬉しいな」

    萬燈「縁があったらな」

    三言「縁……縁か。確かに、俺達はもう一度ここに来るまでに、沢山の縁に恵まれてきたな。そうして変わったものも、沢山ある。俺達は今日この場だけじゃなく、きっといつか相見えるだろう。その縁の行く先を見届けられるのは、きっと今ここにいる観囃子のみんなだ。どうか、これからも歓心を向け続けてほしい。そうしたら、俺達は最も素晴らしい舞台に立てるだろう。また会おうな! みんな!」



    ――――――――
    『泡沫の舞台』(昏見参加ver.)

    三言「観囃子のみんな! 見えてるか? みんなの歓心のお陰で、もう一度この場所に立つことが出来たぞ! 俺達が相模國舞奏衆、櫛魂衆だ! ちゃんと帰ってこられたな!」

    比鷺「やー、まさか二度目のワクワク超パーリィに出られるなんて思わなかったよぉ! これでもう俺は名実共に人気実況者と言っちゃっていいでしょ~! はあ、そろそろくじょたん公式チャンネルが出来てもおかしくないよね。運営さん、見ってるー?」

    遠流「それだと僕も名実共にスーパーアイドルって言っていいことになるし、公式チャンネルが出来るのは僕が先ってことになるけど。言っておくけど、僕はお前より上手くやれる自信がある」

    三言「この一年の間にアイドルとしての自信が増してる! いいことだな!」

    比鷺「いいことだけど!」

    鵺雲「そう、本当に素晴らしいことだね! ……舞奏披というのは時と状況により、様々に形を変えてきた。カミに歓心を奉じる為、舞奏の何たるかを人々に知らしめる為、その時々に応じて、最適な舞台に変じてきた。そうして今日は、この舞台だ。……そんな素敵な舞台で大好きなひーちゃんと一緒にいられるなんて! これはとっても素晴らしいことだよ!! ね! ひーちゃんもそう思うよね!」

    比鷺「で、でたー!!!! ワクワク超パーリィからワクワク要素を引き算してくるクソ兄貴~! 思わねえよ! あんたのせいでワクワク超パーリィがワクワクでも超でもパーリィでもない通夜会場になってんの!」

    鵺雲「こういう場でも喜びを表に出さないなんて、ひーちゃんは奥ゆかしいね!」

    巡「いやいや、あれ絶対嫌がられてるでしょ……。はーあ、覡主がこんな感じだと俺達も困っちゃうよねー。ここはいっちょ俺と佐久ちゃんで、遠江國御斯葉衆の最高さを観囃子ちゃん達にアピールするしかないよ!」

    佐久夜「……わかった。俺は遠江國舞奏社所属の社人であり御斯葉衆の覡が一人、秘上佐久夜だ。僭越ながら御斯葉衆の紹介をさせて頂く。まず、遠江國の遠江というのは、この地にある湖に由来している。都から近い琵琶湖が近淡海と称されていたのに対し、浜名湖は遠淡海と称されていたのだ。この浜名湖であるが、実は我が主である栄柴巡の栄柴家と深い縁があり」

    巡「ちょっちょっちょっ、佐久ちゃんストップ! そのスケール感で説明してたら終わっちゃうから」

    佐久夜「だが俺は、秘上家の人間として栄柴家がどういう歴史を辿り、どう舞奏の世界に貢献を果たしてきたかを説明する責務がある」

    巡「その心がけは従者として百億点だけど! 固すぎるんだよお前は! ていうか、そうして従者の自覚とかなんとか言うなら、お前このワクワク超パーリィで絶対フラフラするなよな。主が誰かをちゃんと認識して、慎みを持て」

    佐久夜「……善処する……」

    去記「ふっふっふ。何やら騒がしいが、所詮その他の者は前座よ。この場の主役は我らであるぞ! 我ら、上野國舞奏衆・水鵠衆! そして我は上野國で一番キュートな九尾の狐、拝島去記だコン!!」

    阿城木「待て。そのコンってなんだ、コンって」

    去記「入彦、どうしたのだコン?」

    七生「そうだよ阿城木。何に引っかかってるのさ」

    阿城木「普段そんな語尾付けてなかっただろうが」

    去記「ほら、ワクワク超パーリィだし、我の九尾の狐っぽさをアピールする目論見っていうか……あ、目論見っていうか、コン」

    阿城木「こんな大事な時に、付け焼き刃の雑なキャラ付けで間違った印象を与えてどうすんだよ!」

    七生「阿城木って、なんだかんだ去記の九尾の狐設定を一番大事にしてる人間だよね……」

    阿城木「名乗りってのは大事なもんだろ。これはある意味で宣戦布告だ。他の奴らにぶちかまそうぜ」

    七生「好戦的だね。まあ、嫌いじゃないよ。ワクワク超パーリィは初めてだけど、一つ大きな波を立たせてもらうよ! 僕ら水鵠衆が来てあげたんだから、存分に感謝してよね!」

    昏見「なんだか皆さんだけで盛り上がっていてずるいですよ! こうなったら武蔵國の最終兵器、人呼んでパーティー荒らしの皋こと所縁くんを投入して場をしっちゃかめっちゃかにするしかありませんね! 行っちゃってください所縁くん! こんなこともあろうかと、私は国際弁護士の資格を取っておきましたからね! 存分に暴れてくださって構いませんよ! はー、六法全書を枕に寝ててよかったー!」

    皋「お前は俺に何をやらせようとしてんだよ!! クソ、俺がこういう場で臨機応変にやれないから、闇夜衆が目立てないんだ……」

    萬燈「それはちっとばかし卑屈が過ぎるんじゃねえのか?」

    皋「卑屈になるなって方が無理だろ! なんか色々インパクト負けしてるんだって」

    萬燈「俺からしたら、お前も相当興味深くて面白えけどな。今まで闇夜衆はお前を要として最高のエンターテインメントを生み出し続けてきた。そのことを誇れよ。なんなら、観囃子じゃなくて俺のことを楽しませようって気概で挑みゃいいだろ?」

    皋「そっちの方が余計気負うんだけど……」

    昏見「気負わなくても大丈夫ですよ。どうせこの場は泡沫の夢。単なる幕間でしかありません。だとすれば、私達に求められることは、この甘露を味わい尽くすことですよ」

    皋「……言ってくれるじゃねーか。麗しき観囃子の皆々様! 待ちかねたか? 俺達が武蔵國舞奏衆、闇夜衆だ! 仲良しこよしで相当手強い櫛魂衆に、どこぞの怪盗よろしくトリックスター気取りの水鵠衆、伝統とかいう遺留品にこだわる御斯葉衆! 俺らがここで一つ、エンターテインメントを見せてやるよ! そして観囃子! お前らにここで会えたことに、俺は感謝してるからな!」

    昏見「それでこそですよ。折角だから他衆の方にもご挨拶しましょう!」

    皋「あ? え……マジ……?」

    萬燈「明らかにトーンダウンしてやがるな」

    皋「や、八谷戸……元気か……」

    遠流「何でここで僕に振るんですか。見知った、しかも当たり障りのない相手でお茶を濁そうっていう魂胆が見えていますよ。もっと社交的になったらどうですか」

    萬燈「表情一つ変えず言うじゃねえか。俺もお前も、前のワクワク超パーリィの時とはまるで違った人間ってことか。いいじゃねえか。俺はそっちのが好ましいぜ。なら、お前こそ多少社交的なところを見せてみろよ」

    遠流「それはどういう……。……七生千慧……」

    七生「……それで、僕に話しかけてくるんだね」

    遠流「僕は……泡沫の夢でも、幕間でもない舞台で、君と話してみたい。向き合いたい。その為に──借り物のこの場所で立ち続ける」

    七生「……そこに君の信じる縁があるなら。僕は……僕はいつかきっと、……」

    鵺雲「確かに、縁というものは不思議なものだね。萬燈先生がそうして闇夜衆にいることも、奇縁の成せる業だろう」

    萬燈「よく言うぜ。お前はそれだけの縁に恵まれようと、まるで変わらねえようだが」

    鵺雲「ふふ、君が言うならそうかもね。今度また会う時は、比鷺だけじゃなく僕にも優しくしてくれると嬉しいな」

    萬燈「縁があったらな」

    三言「縁……縁か。確かに、俺達はもう一度ここに来るまでに、沢山の縁に恵まれてきたな。そうして変わったものも、沢山ある。俺達は今日この場だけじゃなく、きっといつか相見えるだろう。その縁の行く先を見届けられるのは、きっと今ここにいる観囃子のみんなだ。どうか、これからも歓心を向け続けてほしい。そうしたら、俺達は最も素晴らしい舞台に立てるだろう。また会おうな! みんな!」


    383d2018af6c194d02bcade165dc65fb0bae3ca8




    著:斜線堂有紀

    この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。


    当ブロマガの内容、テキスト、画像等の無断転載を固く禁じます。
    Unauthorized copying and replication of the contents of this blog, text and images are strictly prohibited.

    ©神神化身/ⅡⅤ

  • 【応募規約】『超かみしんバラエティ』生放送記念フォロー&リツイートキャンペーン 5月9日締切

    2022-04-27 21:00
    『超かみしんバラエティ』生放送記念
    フォロー&リツイートキャンペーン

    ◎応募方法

    応募期間中に『神神化身』Twitter公式アカウント(@kamigami_keshin)をフォローし、該当のツイートをリツイート

     

    ①キャストサイン入りアクリルアートプレート 1名様

    ②キャストサイン入り複製台本 12名様

    ③Amazonギフトカード3000円分 10名様


    ご応募いただいた方の中から
    抽選でプレゼントいたします。
    ※賞品の種類はお選びいただけません

     ◎応募期間

    2022年4月27日(水)~
    2022年5月9日(月)23:59まで

    ※本企画に参加された時点で、後述の「応募規約」に同意したものと見なします。必ずお読みの上、ご参加下さい。


    (※応募規約・条件・注意事項をよくお読みの上、ご応募ください。

    ※当選者には、TwitterのDMにてご連絡いたします。
    受賞意思がある方は、DMをお受け取り可能な状態にしておいてください。


     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「『超かみしんバラエティ』生放送記念フォロ&リツイートキャンペーン」応募規約

    株式会社ドワンゴ(以下「当社」といいます)は、「『超かみしんバラエティ』生放送記念フォロー&リツイートキャンペーン」(本キャンペーン)を実施します。本キャンペーンへの応募および抽選による景品のお受取りには、本規約の内容をご確認のうえ、同意いただく必要がございます。

     

    <応募資格>
    Twitterアカウントをお持ちの方で、かつ、日本国内に居住する方。なお、未成年者の場合は、本キャンペーンへの応募にあたり、事前に法定代理人(親権者)の承諾を得てください。当社は、未成年の方が本キャンペーンに応募したことをもって、法定代理人(親権者)の同意を得ているものとみなします。

     

    <応募方法>
    ・応募期間中に、当社指定の当社の公式Twitterアカウントをフォローのうえ、当社指定のツイートをリツイートする方法。応募期間は、リツイート対象となるツイートをご確認ください。
    ・ご応募は、1つのTwitterアカウントにつき、1回に限ります。
    ・ご応募後から当選通知までの期間に、当社指定のフォローをはずしたり、リツイートを取り消したりした場合は、ご応募無効となります。



     <抽選結果>
    ・厳正なる抽選のうえ、当選者の方にのみ、Twitterのダイレクトメッセージ機能を利用して、当社からご連絡します。落選通知はしておりません。
    ・当選通知において当社がご案内するDM宛に、当選者の氏名、住所および電子メールアドレス等の景品送付に必要となる当社指定の情報をお送りください。必要な情報のご提供を確認できない場合は、当選取消の対応をさせていただく場合があります。
    ・景品の発送時期は当選通知においてご案内します。ただし、事情により、発送時期が遅れる場合があります。


     <個人情報の取扱い>
    ・当社は、ご提供いただいた個人情報を、当選者へ連絡、景品の発送、その他本キャンペーンの円滑な運営のためにのみ利用します。
    ・当社は、本キャンペーン実施に必要な範囲で、景品の発送業務など個人情報取扱いを含む業務を委託先に業務委託することがあります。景品の発送業務上、やむを得ない場合には、委託先から直接お客様にご連絡することがあります。予めご了承下さい。
    ・その他の個人情報の取扱いについては、当社の「個人情報保護基本方針」をご確認下さい。


    <景品について>
    ・景品の種類は選択いただけません。
    ・景品の海外への発送は行っておりません。
    ・当選の権利を、有償または無償を問わず、第三者に譲渡することはできません。
    ・景品を換金することは禁止させていただきます。


     <注意事項>
    ・ご応募に際してのインターネット接続料はお客様のご負担になります。
    ・当社は、ご応募またはご提供情報に不備もしくは虚偽がある、その他ご応募または当選が不適格であると判断した場合は、応募無効または当選取消の対応をすることがあります。
    ・応募結果、応募無効または当選取消の理由、その他本キャンペーンの個別のお問い合わせにはお答えすることができませんので、予めご了承下さい。
    ・当社都合により本キャンペーンおよび景品の内容変更または本キャンペーン中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。
    ・本キャンペーンに応募したこと、または応募できなかったことから生じるお客様の損害に関して、当社およびTwitter は一切責任を負いませんので予めご了承下さい。
    ・本キャンペーンはTwitter が運営、提供または協賛するものではありません。

  • 小説『神神化身』第二部 四十五話  「藍の反照、そして一縁」

    2022-03-25 19:00
    Twitter公式アカウント(@kamigami_keshin)にて連載中の小説『神神化身』本文アーカイブです。


    小説『神神化身』第二部 
    第四十五話 

    藍の反照、そして一縁
     
     
     七生千慧の大切なものは、友達と甘いもの。
     一番大切なものを差し出したから、一番叶えたい願いを叶えてくれた。七生から失われたものは、友達と甘いもの。誰とも触れ合えないのも、甘いものが食べられないのも苦しいから、七生は絶対に『返しに』行かなければいけないはずだった。
     その論理には納得していたけれど、わかってないなぁとも思う。確かにそれらは大切だけど、そんなものの為に、七生は大祝宴を目指したりはしない。七生はたった一つの目的の為に、遙かなる舞台を目指した。
     けれど、そうして旅をしている最中に、七生は他に大切なものを増やしてしまった。体温が無くても触れ合えて、味覚が無くても味わえると教えてもらえて、居場所が出来た。
     それは七生の旅にとっては重荷に他ならないのだけれど、それでも七生はあの舞台を、水鵠衆と見た世界を宝物にしてしまった。
     
      *
     
     阿城木が見る限り、七生は最近よく眠っている。
     それも、別にうなされているとか、体調が悪くてというわけではない。普通に眠っている。恐らく、急激に血糖値を上げる食生活をしているので、すぐに眠くなってしまうのだろう。
     今日も用事があって七生の住まう屋根裏部屋に行くと、七生は机の前で座布団を枕にし、毛布に包まって眠っていた。きっと何かをしようとして、睡魔に負けてしまったのだ。阿城木は最近いよいよ七生が動物のように見えている。なんだこいつは、と心の中で思ってしまう。
     だが、悪夢を見ていなさそうなことには安心した。七生の寝顔が苦しそうだったり悲しそうだったりすると、阿城木はどうしていいかわからなくなる。現実ではまだどうにかしてやれるけれど、夢の中ではどうしてやることも出来ないからだ。
     間抜けな寝言の一つでも言ってくれたら、なお安心出来るだろう。だが、阿城木の見つめている七生は、何も言葉を発さなかった。
     仕方なく出直そうとすると、ふと机の上に載っているノートに目が向いた。昔、七生がここに来たばかりの時に、阿城木が覗いてしまったスイーツ王国建国日記だ。
     あれから長い時間が過ぎて、阿城木は色々なものを七生に作った。最初は仕方ないと思って作ってやっていたものだったが、それは次第に阿城木の生活の一部となった。認めたくないけれど、楽しみの一部でもある。
     前は思わずツッコミを入れてしまったノートではあるが、今はそこまでアホらしく思っているものでもない。むしろ、この家にあるものの中でも気になるものの上位に食い込むものだ。……読んでいいだろうか? 阿城木の中で、天使と悪魔がしばし戦う。
     人のノートを盗み読むのはいけないことだ。いくら七生が迂闊だからといって、そんなことはしてはいけない。しかも、阿城木がこうして犯行を重ねるのは二度目なのである。でも見たい。この間作ってやったフォンダンショコラの評価が知りたい。あれは阿城木の想定よりも柔らか過ぎる出来になっていたのだが、それでもスイーツ破壊神である七生は満足だったのか。
     その時、ふと阿城木はとあることを思い出した。先日、みたらし団子を買っていった時の話だ。
     団子はもちもちとした食感が楽しめる為、七生が特にお気に入りのおやつである。阿城木と去記と七生、ついでに母である魚媛の分を考え、念の為に四本買っていったのだ。これがよくなかった。
    「我これかなり好きかも」
     七生に次ぐ甘い物好きである去記が、爛々と目を輝かせながらそう言ったのだ。去記は基本的に何でも美味しく食べるのだが、みたらし団子は特にお気に召したらしい。そんな去記の様子が珍しく、阿城木は禁断の一言を口にしてしまった。
    「じゃあ、もう一本お前が食えば? それ予備だし」
     魚媛は丁度外出していた為、彼女の分の団子を去記にやろうと提案してしまったのだ。
    「本当にぃ? いいのぉ?」
    「いいよ。固くなる前に食っちまった方がいいと思うし」
     それに、修祓の儀や舞奏競前は去記にかなり迷惑を掛けてしまった。どこかでその埋め合わせをしてやりたいと考えていたのである。廃神社の片付けやフェイクファーの手入れなどを考えていたが、まず目の前の団子をやろうと思ったのだ。
     だが、それに明らかにショックを受けていたのが七生であった。
     七生は阿城木と去記のやりとりを呆然とした顔で見ていた。さながら、魂が抜け落ちてしまったかのような顔だ。暗く澱んだその目を見た瞬間、不本意ながら七生の考えていることがわかってしまった。
     自分ももう一本食べたい。お団子が好き。でも去記があんなに喜んでいるんだから、ずるいとは言いたくない。でも食べたい。悔しい。どうしたらいいのかわからない──そうした思いが、瞬時に阿城木に伝わってきた。その瞬間、阿城木は全てを天秤に掛け、最良の選択を口にした。
    「……お前ももう一本食うか? 俺、今腹一杯だか」
    「いいの!? やった! 阿城木ありがとう!」
     最後まで言い終わる前に、食い気味に七生が言った。そして、目にも止まらぬ速さで阿城木の団子を奪い去っていく。まるで前言撤回される前に胃の中に収めなければいけないと思っているかのようだった。
     もちもちと団子を食みながら、七生は笑顔で言った。
    「ありがとう阿城木、ありがとう! この恩は絶対返すからね。僕に出来ることなら何でもするから! 何でも!」
    「…………本当かー?」
    「うん! お団子の恩は忘れないよ! でも、次からはお団子もっと沢山買ってきてほしいな!」
    「お前、これが俺の財布から出た金で賄われてるってこと知ってるよな?」
     七生はそれに答えず、ただもちもちとするだけだった。
     ……あの時、七生は何でもと言った。団子の恩は忘れない、とも。だったら、このノートを見せてもらうくらい良いんじゃないのか? 相手は寝てるし、そもそもやってもらうことでもないけれど、恩を返してもらえるなら今だ。
     頭の中で正当化が完了すると、阿城木はゆっくりと机に忍び寄って行った。そして、七生のノートを手に取る。大丈夫。これはみたらし団子を介した正当な取引である。自分は何もやましいことをしていない。
     ページを捲ると、以前と変わらないスイーツレビューに迎えられた。だが、内容はかなり充実している。阿城木の作ったものや、買ってきたものが隙間無く網羅され、それぞれ七生の独特の表現で褒めそやされていた。
     問題のフォンダンショコラも概ね美味しいと書かれており、阿城木は少し安心する。その下に添えられた『でも、正直ちょっとやわらかすぎかも。ドロドロしい~』という素直なコメントには、こいつ何様のつもりなんだと思わなくもなかったのだが。
     この間七生に食べさせたみたらし団子や、例の地元で有名な店で購入した水色のケーキもちゃんと記録されていることに、阿城木は何だか泣きそうな気持ちになった。どうしてこんな気持ちになるのかは、上手く説明がつかなかった。
     よかった。七生の日々はここにあるのだ。
     七生に関しては知らないことが多い。相模國の浪磯に縁深いことは分かっているが、六原三言とどう関わっていたのかが分からない。相模國の舞奏を舞ってきたはずなのに、調べたところ七生千慧が相模國舞奏社に所属していた履歴は無かった。覡としてもノノウとしてもないのだ。これはどういうことだろうか?
     九条鵺雲の言っていたことも気になる。七生は一体、何を為そうとしているのだろう。
     どうして、阿城木が選ばれたのだろうか?
     今七生がいるのはこの場所だし、自分達が水鵠衆であることは変わらない。だからこそ、それらのことを極力気にしないでいられるのだが──このノートのように、七生を繋ぎ留めるよすがのようなものがないと、時折不安になる。
     七生はいずれ、来た時と同じようにフッといなくなってしまうのではないか、と。
    「これだけ食い意地張ってりゃ、そんなこともないだろうけどな……」
     そう考えると、阿城木が七生に好きなだけ甘い物を食べさせているのは、七生がここからいなくならないように繋ぎ留める為なのかもしれなかった。
     そうしてノートを閉じようとした、その時だった。
     スイーツ王国建国ノートは何の変哲も無く、左から書き込まれていっている。当然、後ろの方は白紙のはずだ。だが、その後ろの方のページに──書き込みがある。
     阿城木はおもむろにそのページを捲った。なるべく音を立てないよう、それでいて何気ないように。
     そこに書かれていたのは、各國の舞奏に対する覚え書きのようなものだった。文章というにはあまりにとりとめがなく、単語などを繋ぎ合わせた素っ気ない塊の印象が強い。いくつかは阿城木の知っているものだったが、全く知らない情報もあった。
     これは……研究ノートだろうか? 他國の舞奏を研究することで、自らの舞奏を高めようとするような? いや、違う。これにはもっと別の──別の意図が、あるような気がする。
     他に何か情報は無いかと目を走らせていくと、今度は阿城木にも馴染み深い……いや、馴染み深いだけの文章があった。
    『拝島事件→解決されず? ニュースになってない』
     ニュースになってない? そんなはずがない。拝島綜賢が逮捕されたことによって、事件は大々的に明らかになったはずだ。そうでなければ、七生と阿城木が知ることもなかっただろう。
    「どういうことだ……」
     他にも『五感。目はない。聴覚もない。嗅覚?→あるかも』や『鵺雲→目を付けてた?いつ?』『栄柴? よく知らない。出てなかった』『鵺雲の目的がわからない』などの、謎のメモが残されている。どういう意味だ?
     その終わりに『もう一回』という走り書きがあった。
     別に不穏でもなんでもない言葉だ。だが、阿城木はその言葉にこそ総毛立った。
     もう一回……というのは、もう一度舞奏競に出たいということだろうか。水鵠衆は確かに御斯葉衆に敗れてしまったが、別に次の機会が無いわけじゃない。わざわざここで決意を表明するようなことでもない。第一、リベンジマッチを望んでいるなら、もう少し『次は勝つ』などの前向きな言葉が出ていいのでは?
     じゃあ、これは何を指しているのだろう?
     屋根裏部屋の窓からは、ガラスを通して輝かしき太陽の光が差し込んできていた。今日の光は少し奇妙な差し方をしていて、向こう側から差し込んでいるようにも、こちらから差し込んでいるようにも、どちらにも見えた。


     七生千慧は回想する。
    「憐れなことだね」
     化身の出るネックレスなるものが巷で流行り、舞奏社がとうとう注意喚起を出したのである。七生はてっきり、鵺雲が詐欺師側に対して憤るのだろうと思っていた。だが、鵺雲が注意を向けているのは、それに騙されるノノウ達だった。
    「相応の才が無いのにも拘わらず、不遜にも求める憐れな人間が、堕ちるべき穴で藻掻いているみたいで」
    「……僕はこういう気持ちわかりますけど」
    「七生くんは想像力が強くて共感性が高いんだね」
     鵺雲は笑顔で言ったが、少しも嬉しくなかった。これから、自分達は舞奏披に出る。観囃子(みはやし)達は相模國舞奏社を大いに賑わせていた。盛況だ。
     七生はいつも通り、やるべきことをやる為に──決して二人の足を引っ張らないように、と神楽鈴を取った。舞台の上から見る観囃子の目は、期待と喜びに満ちていた。
     その中に一人、異質な人間がいた。
     彼の緋色の目は舞奏を楽しもうという期待ではなく、別のもので滾っていた。舞い始めて分かった。──彼の中にあるのは、悔しさだ。七生達が化身持ちであることへの悔しさ。それ以上に、実力のある舞い手であることへの嫉妬。
     彼は覡ではないはずだ。舞奏社に所属している覡だとしたら、七生はきっとどこかで会っているはずである。これで七生は割合記憶力が良い方なのだ。
     だったら、彼はノノウなのだろう。舞奏競に出られる立場じゃない。それなのに、当代最高の舞奏衆と名高い自分達に、敵愾心剥き出しの目を向けている。
     彼の名前は後から知った。上野國の有名人。地元の名士の息子。
     ──阿城木入彦のことが好きなわけじゃなかった。最初は可哀想な奴なんだな、と思った。
     舞えればいいだけの人間じゃないのに。覡になりたくて仕方がないのに、その舞奏で競いたいと思っているのに、化身が無いだけで覡にもなれず、愛によって上野國に閉じ込められたまま燻っている。
     だから、七生はここに来たのだ。 
     
       *
     
     九条鵺雲がやって来た夜、佐久夜はなかなか寝付けなかった。
     九条家といえば、舞奏の世界において知らぬもののいないほどの名家である。その嫡男が、何故か遠江國にやって来たと聞けば、これは一大事だ。彼はどうやら、遠江國舞奏社への所属を希望しているらしい。一体何故だろうか? 遠江國は舞奏の歴史の長い土地であるが、相模國も同じように舞奏の歴史の長い國である。それに、鵺雲は相模國を厭っているわけでもないようだ。
     理由がどうあれ、遠江國舞奏社は鵺雲のことを歓迎している。巡が指導している現御斯葉衆は、舞奏競では到底通用しない力量しかない覡ばかりだ。九条鵺雲の存在は、遠江國の光だった。
     だが、佐久夜の気分は晴れなかった。鵺雲の存在は、まさしく雲間を裂く雷鳴であった。鳴り響けば最後、もう元には戻ることが出来ない。遠江の伝承では、雷は豊穣をもたらすものだという。
     だが、栄柴巡ではない御斯葉衆を成立させてしまう彼は──巡が舞台に立つ機会を永遠に奪ってしまうかもしれない彼は──少なくとも佐久夜の恵みではないはずだ。そんなことが、あっていいはずがない。
     布団に入りながら、ぼんやりと天井を眺める。佐久夜の寝ている部屋は畳敷きの和室で、広さは八畳あるが殆ど物が置かれていない。扉は障子になっているので、今夜のような月明かりの煌々と輝く夜は部屋全体が仄明るく照らされていた。
     その部屋の中に、影が差した。
     誰かが障子の前に居る。その横顔は、影であろうと分かるくらい見知った人間のものだった。
    「……巡か?」
     佐久夜は上体を起こし、影に向かって尋ねた。すると、影は答えた。
    「入ってもいい?」
     それはやはり、栄柴巡の声だった。こんな夜中に自分の部屋を尋ねてくる人間なんか、巡一人しかいないのだから当然だ。佐久夜は溜息を吐き、再び尋ねた。
    「どうしてそんなところにいるんだ」
    「入ってもいい?」
     巡はそれには答えず、もう一度同じ問いを繰り返した。
     答える気のない巡に、佐久夜はもう一度深い溜息を吐く。こうして巡が一緒に寝ようと言ってくることや、夜中にも拘わらず佐久夜に愚痴を聞かせようとしてくることは何度もあった。特に珍しくもない。佐久夜は巡のしたいようにさせてやるのが勤めである。「入っていい」と言いかけたところで、佐久夜は異変に気がついた。
     巡が佐久夜に許可を求めることはない。いつもなら、佐久夜が寝ていても構わずに中に入ってくるはずだ。許可を与えるのは主である巡の方で、佐久夜ではない。
     影はやはり巡に見えた。巡らしき人影が、彼の声で尋ねる。
    「入ってもいい?」
     今夜の巡は、一度も佐久夜のことを呼ばなかった。『佐久夜』とも『佐久ちゃん』とも呼ばない。だからこそ、佐久夜は障子を開かずに言った。
    「どうして開けないんだ? お前はいつもそうしているだろう」
     巡は答えなかった。佐久夜の喉が異常なほど渇いていた。ややあって、彼が言う。
    「入ってもいい?」
     違う、と佐久夜は直感する。これは──佐久夜の知っている栄柴巡じゃない。何かもっと別のものだ。どうして巡の姿をしているのかは分からないが、これを中に入れてはいけないような気がした。佐久夜は身動ぎすらせず、影に相対する。
    「入ってもいい?」
    「駄目だ。……お前はここには入れられない」
    「入ってもいい?」
     押し問答が続く。これは一体何だ。一体これはいつになったら終わるのだろうか。もしや、これは朝まで巡の真似事を続けるつもりなのか。むしろ、佐久夜は自分からこの障子を開けてしまうべきなのだろうか?
     そうしている内に、影の形が変化した。それが何かを理解した瞬間、佐久夜は息を吞んだ。
     巡であることには変わりがない。だが、もっと大きな部分が違う。
     障子の向こうの巡は、苦しげに背を折りながら車椅子に乗っていた。佐久夜の動悸が治まらなくなっていく。それは、佐久夜が最も厭わしく思う悪夢だった。──もう舞えず、そうであるのに幸福ではない巡の姿だ。どうしてこんなものを、と佐久夜は知らず知らずの内に口にしていた。
    「入ってもいい?」
     車椅子に乗った巡は、なおも同じ言葉を繰り返した。それしか言葉を知らぬかのように、ただ一心に求めている。影がこちらを見ていた。──その姿を認めてしまった以上、佐久夜には選択肢が無かった。
    「…………ああ、構わない。お前が望むなら」
     それは巡であって巡ではないものだ。自分の主の姿を借りた紛い物である。だが、自分の救えぬ栄柴巡の姿を──この世で一番恐ろしいものを目の当たりにさせられて、佐久夜が拒絶など出来るはずがなかった。
     揺れていた影がぴたりと止まった。その刹那、佐久夜の腹が火で炙られたかのように痛んだ。臓腑でも抉り出されたのではないかという鮮烈な痛みを受けて、佐久夜は自らの腹を検めた。
     そこには、──巡のものとよく似た化身が浮かんでいた。


     栄柴巡は深く息を吸って吐き、集まった親族や有力な観囃子達を見回す。誰も彼もが以前とは違う目で巡を見ている。巡は以前と何も変わらず、彼らが蔑んでいた放蕩息子のままであるのに。人の移り気とは恐ろしいものだ。だが、扱いやすくもある。
     巡は彼らの求める栄柴家次期当主の顔をして、朗々と言った。
    「栄柴家嫡男、栄柴巡。皆様に舞奏競星鳥における御斯葉衆の勝利をご報告致します」
     台本通りの拍手が巡に送られる。彼らにとっては、巡が覡になったことだけで感涙ものなのだ。それに加えての勝利は、まさに夢のような話だろう。喝采を送られるに足る存在に、栄柴巡はようやくなれたのだった。
     そんな自分が、遠江國も栄柴家も捨てていくことを目標に舞奏競に挑んでいるとは、ここにいる誰一人として想像していないだろう。それだけで、巡は少しばかり愉快な気分になるのだった。そこは巡の心の中にあり、誰にも侵されぬ安らぎの場所だ。ここにいる全員に、舞奏の終わりを見せてやる。栄柴巡が、栄柴巡として生きる為に。
     拍手を送っている中には、父親の姿もあった。顔を合わせるのは随分久しぶりだった。
     父親の栄柴循(さかしば・じゅん)は、かつては将来を嘱望された覡であった。栄柴の夜叉憑きを継ぐものとして期待され、彼自身も一心に舞奏に打ち込んでいたらしい。秘上佐久夜の父である和津見(かずみ)は、循に従者として仕えていたという。
     だが、栄柴循が覡で居られた期間はそう長いものではなかった。身体の弱かった彼は度々体調を壊した上に、膝に重い怪我を負った。すぐの治療が功を奏し、後遺症が残ることはなかったが、舞奏を続けることは出来なかった。そのまま舞い続けていれば、彼はまともに歩けなくなっていただろう。
     そして栄柴循は、自分に果たせるもう一つの役目に注力した。後継ぎを作ることである。循は他國の名家筋の女性を妻に迎え、栄柴巡の父親となった。生まれた息子には化身があった。
     循は巡に相応の期待を懸け、相応の役割を求めた。怪我の一つすらしていない巡が舞奏を辞めると言った時に、強く抵抗したのも循だ。
     だが、中学に上がる頃になると、巡は彼のそういった行為に何の熱も入っていないことに気がついた。
     彼は栄柴家の人間に求められることを、そのままやっているに過ぎなかった。責任感が強く、自らが継いできた血に誇りを持っているだけの、ただの人間だ。栄柴循と栄柴巡はよく似ていた。結局遠江國から離れずにいた巡と同等の真面目さを備えている男だ。
     巡が大きくなるにつれ、循はあまり家に寄りつかなくなった。舞奏に関連する事業に勤しみ、栄柴家と遠江國舞奏社が体面を保てるよう、資金調達に駆け回っていた。どこまでも、彼は遠江國の舞奏の為に生きているのだった。
     あるいは、自らの従者の為に生きているのかもしれない、と今の巡は思う。秘上家に仕えられている以上、彼は栄柴家の当主なのだ。
     報告会が解散になると、巡は珍しく自分から循のところへと向かった。自分が歳を取ったらそのままこうなるだろうというくらい、巡と循はよく似ている。母親の遺伝子どうなってんだよ、と巡は心の中で嗤った。
    「……久しぶりだな、巡」
    「どうよ。そっちも納得いく結果なんじゃないの? ドナドナしようとしてた息子に突然良い値がついちゃってさ」
    「口を慎め。まだ大祝宴に到達したわけでもなく、口さがない奴らに九条の長男の力が大きかったのだと誹られている状態で、そう大きいことは言えないだろう」
    「でも、それが持たざる者達の嫉妬でしかないと、他ならぬあんたなら分かるはずだろう」
     巡が言うと、循は皮肉げに笑った。こういう態度も、自分とよく似ていて癪だった。だが、それが単なる処世術の一環であることも、巡はよく知っている。
    「……まさか、秘上の当代があれほど舞えるとはな。思ってもいなかった」
    「いいでしょ。俺の佐久夜は化身持ちだから」
     巡の言葉に対し、循は何も言わなかった。その顔には、どこか寂しさや憐れみの片鱗すら浮かんでいるようで、巡は息を吞む。栄柴循は巡の映し鏡であり、だからこそ宿命を強いる対象であったはずなのに。
    「一体どうして秘上の息子は化身を授かるに至ったのだろうな。俺の知る限り、秘上家の人間に化身が顕れたことはない。あれは舞い踊るものではない。人に憑く鬼だ」
    「鬼が踊ることだってあるかもよ。何しろあれは欲深いから」
    「欲深さで手の届くものであるなら──……」
     そう言って、循は言葉を切った。何を思いだしているのか、目を細めている。ややあって、循は続けた。
    「お前はもう覡になってしまった。これもカミの思し召しだろう。結局、俺は器ではなかった。そういうことだ」
    「……あんたに言われずとも、何もかも全部分かってる」
     巡は一瞬、循が何もかもを察しているんじゃないかと思った。巡が遠江國も栄柴の血も捨てようとしていることを。大祝宴に懸ける望みこそが、最早それになっていることを。
     だからといって、循は巡を止めないだろう。栄柴家の血が継がれていくことを、最も望んでいるだろう男のくせに。そういうところも、巡はあまり好きではなかった。
    「御斯葉衆は素晴らしい舞奏衆だ。必ずや栄柴家と秘上家の名に恥じない舞奏を奉じ、大祝宴に辿り着くだろう」
    「審美眼だけは衰えてないみたいだな。舞奏の一線から退いた親父殿の代わりに、放蕩息子が親孝行してやるよ」
    「口が減らないな。およそ栄柴に相応しくない」
     そう言いながらも、循の口調は以前よりずっと柔らかく感じた。循はそれきり何も言わず、ただ黙って去って行った。
     
     
    「そういえばさ、佐久ちゃん。佐久ちゃんってどうやって化身を手に入れたわけ?」
     きのこバター醤油のパスタを食べながら、巡は目の前の佐久夜に尋ねた。黙々と煮込みハンバーグを食べていた佐久夜の動きがぴたりと止まる。食べるのに集中すると巡をおろそかにするのが、佐久夜の悪いところだ。
     二人の間にはサラダとピザもある。そんなに急いで消化するようなメニューでもない。どうせ頼んだ物の大半は佐久夜の胃に収まるのだ。焦る必要はないだろう。佐久夜はスプーンを置き、少し間を置いてから答えた。
    「……化身は……寝て起きたら出ていた」
    「……佐久ちゃーん。いくらなんでもそれはあんまりじゃない?」
    「適当に言っているつもりはない。朝、異変を感じて確認し、検めてみると本物の化身だったというわけだ」
    「はーあ、まあそんなもんなのかもしんないよね。こんな鬱陶しいもんはさ。これじゃあ何の参考にもならないわ」
    「秘上家に化身持ちが現れたのは初めてだったそうで、俺も何度も質問を受けた。だが、有益なことは答えられていない印象がある」
    「まあそうだよね。佐久ちゃんの例が全国に広がったら、再現しようっていうマッドサイエンティスト達が佐久ちゃんのことを解剖しちゃうかもしれないし」
    「そうはならないだろう」
     佐久夜は真面目くさった顔でそう答える。こういうやり取りもなんだか懐かしい。
    「でも、なんかあったでしょ。化身が出る予感とか、そういうのもないの? ……まさか、鵺雲さんがきっかけとか? そういうのは?」
    「あの方が来た夜に化身が顕れたのは確かだが」
     事実とはいえ鼻持ちならないことを言われ、巡は少し機嫌を損ねる。だが、そんな佐久夜が次に言ったことは、思いがけないことだった。
    「……あの夜、お前が部屋に来た、ような気がした」
    「は? え?」
    「よく来るだろう、眠れないだとか暇だとかで」
    「や、確かに行くけど。でもあの日そんなことしてないし。え、俺っぽい他の誰か連れ込んでたとかないよね? うわー、佐久ちゃんってばやるぅ」
    「そういうわけではない。あれは確かにお前だった。だが──お前ではないものだった」
    「ちょっと待ってよ、今度は禅問答じゃん。謎すぎ」
     巡は冗談めかして言ったが、佐久夜はまるで表情を崩さなかった。……一体、どういうことだろうか。佐久夜が巡の夢を見て、そうして化身が顕れたのなら、何だか筋道として納得がいかなくもないのだが。
    「じゃあ、お前の化身は俺に与えられたものなの?」
    「そう、なのかもしれない。俺は、それを受け容れた」
    「へー、じゃあ俺が佐久ちゃんを巻き込んだ感じなんだ。俺からしたら、こっちが巻き込まれたみたいな感じなんだけど」
    「縁が……」
     ぽつりと佐久夜が言った。店内の喧噪の中で、佐久夜の声は妙に際立って聞こえた。
    「繋がった、と言われた。それまでは、たった一言しか発せられなかったのに」
    「何それ、こわー……お昼時に急に怪談話すのやめてよね」
    「お前がどうやって化身が顕れたかを尋ねたんだろう。だから、答えたまでだ」
     そう言って、佐久夜はハンバーグの咀嚼に戻ってしまった。結局、何の参考にもならない。巡がきっかけだと言っておけば、こっちが満足するだろうと思ったのだろうか。
     だが、それで少しばかり機嫌が良くなってしまったのも事実である。巡はくるくるとスパゲティを巻きながら、俺って健気かも、と思う。
     縁か。確かに、この世は縁で回っているような気がする。巡り巡って奇縁が繋がり、それが思わぬ出来事を引き起こしている。尤も、巡を縛り付けている縁の糸を辿れば、全てが佐久夜に繋がってしまっているのだけれど。これは自分達だけの特例だ。
    「結構多めに頼んじゃったけど、鵺雲さんは呼ばないからね」
    「……俺はこのくらい食べられる」
    「あと、このお店は鵺雲さん連れて来ないで。どうしてもって時は俺もいる時じゃないと許さない」
    「…………わかった」
    「本当にわかってんのかなー」
     言いながら、巡は自分の手綱を握らせてしまっている相手に、軽く笑いかけた。その腹には、確かに化身が相応しい。カミもいい目の付け所をしている。
    「ま、佐久ちゃんのことにはこれからも目を光らせておくとして──」
     手を握り込んでも、手首にまで延びた化身は隠れない。巡は浅く息を吐いて、続けた。
    「俺達に出来るのは勝つことだけだからね」
     掌から這い出た化身は、糸に似ていた。
     巡と何かを繋ぐ、縁の糸だ。
     







    著:斜線堂有紀

    この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。


    当ブロマガの内容、テキスト、画像等の無断転載を固く禁じます。
    Unauthorized copying and replication of the contents of this blog, text and images are strictly prohibited.

    ©神神化身/ⅡⅤ