• このエントリーをはてなブックマークに追加
小説『神神化身』第三十二話 「舞奏競・果ての月 決着」(闇夜衆勝利ver.)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小説『神神化身』第三十二話 「舞奏競・果ての月 決着」(闇夜衆勝利ver.)

2020-12-25 19:00

    小説『神神化身』第三十二話 別解

    「舞奏競・果ての月 決着」(闇夜衆勝利ver.)


     終わって欲しくない、と昏見有貴は思ってしまった。
     永遠に続くものなどない。それに、この舞奏競は昏見有貴にとっては通過点でしかない。目的を達成する為の幕間だ。
     なのに、永遠がここにないことを惜しいと思ってしまった。何しろ、さっきまで舞台で鎬を削り合っていたのは、紛れもなく昏見が相対していた名探偵の皋所縁だった。彼と再び会えたのは、舞奏があったからだ。
     昏見の愛する名探偵には、究極的には謎すら必要としないのかもしれない。舞奏に真摯に向き合っている皋は、誰かの幸せを必要以上に願い、目の前の人間の笑顔に至上の価値を置く、あの頃の皋所縁だった。そんな彼と真剣に競い合うのは楽しかった。
     それに、萬燈夜帳と舞うのもそうだ。仲間であるはずなのに、一歩間違えれば焼き尽くされてしまいそうだった! 暴力的な才である。比類無きもの

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。