• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

「Soul Searching Journey」第3回 麻枝 准×折戸伸治対談 対極のメロディ~Keyが生み出してきた音楽たち~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Soul Searching Journey」第3回 麻枝 准×折戸伸治対談 対極のメロディ~Keyが生み出してきた音楽たち~

2020-07-10 20:00
  • 11
聞き手・構成:坂上秋成

 麻枝 准対談企画「Soul Searching Journey」の第3回をお届けする。
 Key、あるいはTacticsはノベルゲーム業界における名作をいくつも世に送り出してきた。
 この場合、小説でも絵画でもなく“ノベルゲーム”という媒体であるという事実はきわめて重要だ。
 このジャンルは、テキスト、図像、音楽といった要素を組み合わせることで成立するものであり、それらを用いた演出があるからこそ、ユーザーに他ジャンルとは違う感動を与えてくる。
 実際、Key作品における“名場面”の多くは、文章とCGだけでなく、そこに圧倒的な音楽が重なることで“泣き”を生み出してきた
 そして今回の対談は、折戸伸治麻枝 准という、Keyの音楽における屋台骨と言える二人によって為されたものだ。
 『鳥の詩』、『風の辿り着く場所』、『Philosophyz』、『アルカテイル』といった素晴らしいOP曲をつくり、印象的なBGMをいくつも作成することでゲームに一層の厚みを持たせてきた折戸。
 シナリオライターとして数々のゲーム・アニメの脚本を担当しつつ、作詞・作曲もこなせるマルチプレイヤーとしてKeyを支えてきた麻枝 准。
 二人は一体互いの音楽をどのように捉えているのか。
 そして二人にとって、お互いの存在はどのような意味をもつものなのか。
 ――Keyが生み出してきた“音”にまつわる対話が、いま始まる。 


――今日は、これまでKeyを音楽面で支えてきたお二人に、過去のエピソードや音楽に対する考え方などについて、深く訊いていきたいと思っています。初めに、折戸さんと麻枝さんがTacticsで顔を合わせた時の印象について教えてください。

折戸
 Keyの初期メンバーとしては自分が最後にTacticsへ合流したんですが、当時の麻枝くんはひたすらPCに向かって仕事をしていました。それほどたくさんコミュニケーションをとっていたわけではないんですが、その姿は印象に残っています。

麻枝
 自分の方は、Leafで『雫』の音楽を担当していた人がチームに加わってくれるということで、久弥直樹くんと一緒に「これは凄いことになったぞ」と興奮しながら話していました。当時の自分はLeaf作品のおっかけみたいなことをやっていて、業界のトップとしてシナリオライターの高橋龍也さんを意識していましたし、折戸さんの曲も把握していたので、相当にテンションが上がりましたね。

――折戸さんはもともと独学で音楽をやっていたと聞いていますが、どういう流れでLeafに務めることになったんでしょうか。

折戸
 現在アクアプラス(注:Leafは株式会社アクアプラス内のブランド)で代表を務めている下川直哉さんが声をかけてくれたのがきっかけですね。下川さんとは高校時代につるんでいた仲間で、別の高校だったのにしょっちゅう遊んでいたんです。だから自分が作曲をできることも知っていて、仲間内でわいわいやっている流れのまま、仕事としても一緒に活動するようになりました。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
神様になった日特設サイト〜麻枝准研究所〜
更新頻度: 不定期
最終更新日:2020-08-06 21:10
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

他1件のコメントを表示
×
最近、熱心にkeyを麻枝さんを勉強し始めた身としては、どうして麻枝さんがシナリオだけではなく作曲もするようになったのか、Key1作目にしてOP曲を担当するようになったのか、CLANNADのOPの作曲は、麻枝さんでも折戸さんでもないのかというのが疑問として抱いていたので、今回の対談で綺麗に氷解されました!折戸さんのオルゴールテイストの曲、アレンジにいつも涙を誘われます。ちょっとこもった感じが好きです‼︎
4週間前
×
鳥の詩は曲も良かったけどゲームのムービーも凄く良かったです。これから夏の物語が始まるぞというワクワク感がハンパなかった!
4週間前
×
長年ファンをやっていても初聴きの情報満載で本当に有難い限りです。折戸さんと麻枝さんはタイプが対極だからこそ上手くテリトリーを侵害する事なくやっていけたんだろうなぁ、と思いました。
自分は麻枝さんのインストも大好きです。
個人的には麻枝さんが折戸さんの「新月」「輝く季節へ」が好きと言って頂けたのが泣けるほど嬉しかったです。leaf時代含め、あの頃の折戸さんは本当に神がかっていました…
4週間前
×
お二方のファンとして、非常に興味深い対談でした。次回作も楽しみにしています!
4週間前
×
読み応えガッツリでした!すばらしい対談ありがとうございます!
全体の評価はどうあれ、『終わりの惑星のLove Song』自分はめちゃんこすきです!家系ラーメンみたいにコッテコテの麻枝さん成分を味わえるのがなんともたまらんです!
『Never Let You Go!』も鬼のようにリピートして聞いてます。アニメ本編は未視聴ですが、歌詞のひとつひとつが自分に突き刺さってきて、生きる気力をもらってます!
4週間前
×
Kanonのオーディオコメンタリーでお二人が話されていましたけど作曲のやり方も異なっていましたね
4週間前
×
折戸さんはkeyラジやその他露出ではのんびりしてるイメージを持っていたけど、このインタビューだとCOOLな印象を感じました。職人気質というか
4週間前
×
対談は関係性が描かれますね。坂上さん発案なのでしょうか。
麻枝さん折戸さんのお二人が話してくれたことを通して、「ノベルゲーム」の会社として他にないような規模のさまざまな関係性のなかでKeyサウンドは築かれていったのではないかと、ほんのわずかですが感じられたように思います。二十年という月日は曲が重ねられた時間だったのだと再確認できました。こうして目で見るのは文字での感触ですが。
お二人自身や集団制作のkeyとして望む形で、よりよい関係で時間が進むと良いなと思いました。
4週間前
×
鳥の詩や星の舟、サンブライトや羽のゆりかごを聴いていると、折戸さんがボーカル曲を制作するのが苦手という印象を全く受けないので、苦手意識があるということを知り非常に驚きました。
また、一時期スランプ気味で辞めていたかもしれないという話を聞いて、もし辞めていたらCLANNAD以降の作品が生まれていなかったのでは?と思いますので、壁にぶつかりながらも困難を乗り越え楽曲制作を継続していただけていることに感謝の気持ちでいっぱいです。
折戸さんと麻枝さんの2人が居てこそ「泣きゲー」であり、「涙を流す音楽」だと思いますので、今後もお二人の力が入った作品を期待しています。
3週間前
×
冬の花火も残光もとても好きな曲で特に残光は聞くだけで真琴の結婚式のイメージが思い浮かんできて、なんともいえない切ない気持ちになります。曲単体でみても残光はちょっと他の曲と違ってる気がしていて、鳴らしたい音色がまずあってそれをいじくって曲にしてるみたいな。音と曲の中間みたいな不思議な感じで好きです。
あと麻枝さんが書いてたメインヒロインのテーマを並べてみて思ったんですが、夏影と渚~坂の下の別れはヒロインの曲というよりかは作品全体のテーマ曲のように聞こえるのに対して、RING RING RING!は猫っぽい鈴の性格にぴったりな曲だけれど作品全体を表現する曲ではない。というのはやっぱりリトルバスターズは恭介を中心とした物語だからなんでしょうかね。でもBOYS DON'T CRYも非常に恭介っぽい曲ではあるけど、作品全体を表してるような曲ではない気がしますね。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。