• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

「Jun`s Collection~麻枝 准の今日のオススメ!~」第8回 『セトウツミ』の作者は天才
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Jun`s Collection~麻枝 准の今日のオススメ!~」第8回 『セトウツミ』の作者は天才

2020-08-28 20:00
     みなさんこんにちは、坂上秋成です。
     いきなりですが、Key作品――とりわけ麻枝 准のテキストにおいて“お笑い”の要素は外せないものだと僕は思っています。
     それは『ONE~輝く季節へ~』の折原浩平とヒロインたちの掛け合いであり、『AIR』の国崎往人のラーメンセットであり、『CLANNAD』のヒトデ祭りであり、『リトルバスターズ!』の筋肉であり、『Angel Beats!』の天井大激突であり、『Charlotte』の瞬間移動であり、さまざまな“斉藤”だったりします。
     そんな様々な“お笑い”を書いてきた麻枝さんによるオススメのギャグ漫画こそ、今回紹介する『セトウツミ』です。

     『セトウツミ』は瀬戸くんと内海くんが、高校が終わった放課後に河原でひたすら関西弁でダベる物語です。絵面としてこれほど地味な漫画ってないんちゃう?と思うくらい、舞台はいつでも河原です。
     ところがこの二人、会話の内容がまったく地味じゃないのです。というか、マジでこの2人が会話しているというただそれだけのことで、読者は圧倒的に笑えてしまうのです。
     言ってみれば、瀬戸と内海の会話は常に完成された漫才のようなもので、そこにサブキャラクターとして謎のベラルーシ人・バルーンさんや内海くんに恋する女の子・樫村さんや何故か2人の勝負の審判をやらされることの多い田中くんといった人々が絡むことで、小さな河原が奥行きを持った豊かな場所として立ち現れてくる。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    神様になった日特設サイト〜麻枝准研究所〜
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:2020-10-24 20:00
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。