• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

「Reflection!~ライター&編集者コラム~」第5回 丸茂智晴(星海社 編集)「 あなたは何故、涙を流していますか」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Reflection!~ライター&編集者コラム~」第5回 丸茂智晴(星海社 編集)「 あなたは何故、涙を流していますか」

2020-09-18 20:00
  • 6
 星海社という出版社で編集をしています、丸茂と申します。
 弊社は坂上秋成さんがKeyの歴史を書き記した『Keyの軌跡』という新書を刊行しておりまして、僕はその編集を担当させていただいた縁で、このコラムを執筆させていただきます。

 1994年生まれの僕は、中学生の時にアニメ『CLANNAD 〜AFTER STORY〜』を観て初めてKeyのことを知りました。
 『Keyの軌跡』執筆のためのインタビューに同伴した際、そのことを馬場社長に伝えたらまあ若いことに驚かれていました。僕はすでにあったKeyのゲームを後追いする世代でした。
 Key作品を筆頭に名作ビジュアルノベルゲームが続々と発表されていた“熱い時代”に乗り遅れてしまったことへのコンプレックスは、僕が出版業界に辿り着いた大きな原動力です。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
神様になった日特設サイト〜麻枝准研究所〜
更新頻度: 不定期
最終更新日:2020-10-24 20:00
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

userPhoto
bzc
×
朋也がだんごの歌を好きになれた、
たったそれだけがとても尊いですよね
1ヶ月前
×
わかる!わかる!と思いながら読ませてもらいました。とっても面白かったです。
僕が智代アフターを好きな理由もこれに通ずるところがあるかもしれないなと思いました。死がバットエンドで生がハッピーエンドでとそう単純な話ではないなと。
1ヶ月前
×
よくお解りですね。麻枝さんの書く物語は、麻枝さんが人生を掛けたプレイヤーとの一対一の対話であり、もはや生死などは一要素でしかないのです。言い換えれば、プレイヤーは麻枝准という人間に感動し、涙するのです。初期の作品もすばらしいので、是非とも。
1ヶ月前
×
元Keyのシナリオライターの涼元さんが以前Twitterで死が悲劇なら全ての人生は悲劇に終わるという命題に抗おうとしている麻枝さんの葛藤をどう伝えていくかということに葛藤してたのがAirの夏だったと呟いていた事を思い出しました。
1ヶ月前
×
補足させて下さい。
かつて自分がONEを初めてプレイし終えた時に感じた事は、なんてすばらしい作品なんだという思いと、このシナリオ、テキストを書いた人間が大好きだ、という感情でした。それぐらい、麻枝准は作品を通してひととなりが透けて見えるタイプの作家だと思っています。なので、「 あなたは何故、涙を流していますか」と訊かれれば、自分は「作品を通して発散される麻枝さんの感性、信念、伝えたい思いの強さに圧倒され、共感して涙を流します」と答えます。
1ヶ月前
×
自分の意見ですが、KEYの核は「人生の美しさ」だと思います(すげえベタな表現)。KEYの主人公はだいたい何かの理由で人生から背けているので、前向きに生きようとする時に真エンドになります。主人公や周りのキャラが一生懸命頑張っている時に感動して泣きます。
物語の中の死は(すごく簡単に言うと)二種類があります。やりたいことをやり尽くして逝くのか(AIR)、それとも思い残りがあって死んでしまうのか(リトバス)、どっちもいい話になれます。一番好きな最期は「良かったな、頑張ったな」と思わせるシーンですけどね。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。