• このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご注意】このチャンネルは、現在新規入会を受け付けておりません。

「Soul Searching Journey」第6回 麻枝 准×鳥羽洋典対談――築かれた信頼――『Angel Beats!』、『Charlotte』、そして『神様になった日』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Soul Searching Journey」第6回 麻枝 准×鳥羽洋典対談――築かれた信頼――『Angel Beats!』、『Charlotte』、そして『神様になった日』

2020-10-10 20:00
  • 13
聞き手・構成:坂上秋成

 麻枝 准対談企画、「Soul Searching Journey」第6回をお届けする。
 今回はアニメ『神様になった日』の放送直前ということも踏まえ、作品のテーマともなっている“原点回帰”の意味を込めて、麻枝氏とともに『Angel Beats!』『Charlotte』、そして『神様になった日』を作ってきたプロデューサーである鳥羽洋典氏との対談を企画した。
 鳥羽氏はプロデューサーであると同時に、Keyおよび麻枝 准の熱烈なファンでもある。上述した3作のアニメが世に出たのは、鳥羽氏の情熱があったからこそだと言える。
 これまで幾度も言葉を交わしてきた2人だが、2020年という時代から過去作を振り返った時にどのような言葉が飛び出すのか。
 あるいは『神様になった日』の放送に向けて、どのような思いを語るのか。
 彼らが繋がってきた日々の答え。
 その一端を、ここにうかが
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
神様になった日特設サイト〜麻枝准研究所〜
更新頻度: 不定期
最終更新日:2021-04-22 20:00
チャンネル月額: ¥550 (税込)
現在、入会を受け付けておりません。
ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

他3件のコメントを表示
×
いい記事ですね……!ありがとうございます。
あと2時間もしない間に始まる、神様に対しての緊張が増してきました。
なんだか研究所員は、お祭りが成功するかどうかはらはらして見守る側なのかもしれません。

心より成功を祈っております。
8ヶ月前
×
『麻枝准研究所』と、現在遊んでるアプリがkeyとコラボしたことで久々に帰ってきました。やや摩耗している感情が戻ってくるを期待しつつ追いかけます。
8ヶ月前
×
第一話をみてからコメントさせていただいております。
一言、面白かった。
8ヶ月前
×
個人的には複雑な気持ちで記事を読ませて頂きました。書きたいことは沢山ありますが、敢えて一つ書くなら、『神様になった日』も『Heaven Burns Red』もヒットして新しい麻枝ファン、Keyファンが大勢増えることを希望しています。それが最も良いことなのは間違いないので。
8ヶ月前
×
正直タイトルのインパクト自体はそこまでそそられるものではなかったけど久弥さんとの対談にに次いで面白かった。
8ヶ月前
×
「2つ目はバンドを組んだ女の子が、行く先々の街を救っていく音楽もののロードムービー。」

このアニメは見たいよね
7ヶ月前
×
2人の関係性に胸が熱くなるものがありますよね。
鳥羽さんはプロデューサーの中で一番プロデューサーをしているなぁ...という印象を受けました。
そして麻枝さんの作る曲は小室進行をベースにしているとのことでしたが、個人的には麻枝さんが小室進行を使うとそれはもう小室進行ではなく麻枝進行になるんじゃないかと思いました。
不思議なことに同じ小室進行と言われてもどの曲も神秘的な曲に仕上がっていて、麻枝さんにしか作れない曲のように思います。

最後に、今回の対談もとても読みごたえがありました。ありがとうございました!
7ヶ月前
×
鳥羽さんがいなければガルデモの素敵な曲に出会えなかったかもしれない。そう考えると本当に感謝の言葉しかないです。ありがとう!もちろんアニメ本編も大好きです。神様になった日のオープニングも凄く良かったです。だーまえ、ありがとう!!
7ヶ月前
×
11話時点。鳥羽Pのもとでだーまえに作品を作ってもらうのはもうこれきりにしてほしい。
結局だーまえの良さを十分に発揮できる環境を鳥羽には用意できなかった。いや、用意したのかもしれないけど、原点回帰と宣伝して出てきた作品がこれまでの模倣作(※とてつもない劣化)では、結局プロデューサーとして作品の目指すべき方向性を示せていなかったのではないか?鳥羽が関わるだけだーまえの名声が地に落ちていくようにしか思えない。
ABとシャーロットの反省は活かされたのか?従来の鍵っ子やアニメファン、市場の反応を鳥羽はしっかり分析したのか?
だーまえもだが、鳥羽にこそ猛省していただきたい。
5ヶ月前
×
11話時点。鳥羽Pのもとでだーまえに作品を作ってもらうのはもうこれきりにしてほしい。
結局だーまえの良さを十分に発揮できる環境を鳥羽には用意できなかった。いや、用意したのかもしれないけど、原点回帰と宣伝して出てきた作品がこれまでの模倣作(※とてつもない劣化)では、結局プロデューサーとして作品の目指すべき方向性を示せていなかったのではないか?鳥羽が関わるだけだーまえの名声が地に落ちていくようにしか思えない。
ABとシャーロットの反省は活かされたのか?従来の鍵っ子やアニメファン、市場の反応を鳥羽はしっかり分析したのか?
だーまえもだが、鳥羽にこそ猛省していただきたい。
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。