• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

「Soul Searching Journey」第10回 麻枝 准×堀川憲司×辻充仁 「アニメーション制作者たちの矜持」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「Soul Searching Journey」第10回 麻枝 准×堀川憲司×辻充仁 「アニメーション制作者たちの矜持」

2021-02-26 20:00
  • 5
聞き手・構成:坂上秋成

 麻枝 准対談企画「Soul Searching Journey」第10回をお届けする。
 今回は『Angel Beats!』『Charlotte』『神様になった日』を生み出し、『true tears』『凪のあすから』『SHIROBAKO』などの代表作を持つアニメ制作会社P.A.WORKSより社長の堀川憲司辻充仁を招き、麻枝氏と共に鼎談を行ってもらった。加えて、プロデューサーとして麻枝と共に作品をつくってきたアニプレックスの鳥羽洋典氏にも参加いただいている。
 堀川と辻は麻枝とアニメを制作する上でどのようなことを考えてきたのか。
 アニメ制作者として、どのような未来を見据えているのか。
『神様になった日』の最終回放送から間もない今、それぞれの形で制作に関わってきた人たちの熱い言葉が交わされる。



――初めに、P.A.WORKS(以下、PA)がどういった会社なのかという点について、あらためて質問させてください。まず、堀川さんと辻さんがこれまでどういったお仕事をされてきたのか、聞かせていただけるでしょうか。

堀川
 僕がアニメ業界に入ったのは1990年なんですが、そこからタツノコプロやProduction IG(以下、IG)を経て、2000年に故郷の富山へ戻ってPAを立ち上げたというのがざっくりとした流れです。僕の妻がひとりっ子だったのでいずれは家を継がないといけないという事情があったんですが、どうしてもアニメの仕事をやりたかったので、一度東京に出て、10年ほど関わってから戻ってきたという感じです。
(注:堀川さんは3人兄弟です)

――新しく会社を作るにあたって、金銭的なことなども含めて大変に感じる部分はなかったんでしょうか。

堀川
 細かいことを何も考えずに立ち上げたからこそ、自分のやり方は成立したんだと思っています。最初は会社も少人数だったので、単に個人個人が頑張っていればよかったんです。ただ、人数が50人規模になると、その人たちの生活を背負いながら会社を維持しなければいけないという責任が発生してくる。「こういう会社にしなければならない」という組織作りが大変になってきたのはその辺りからですし、今もまだ途中にいると思っています。

――最初に会社を作った時の名義が越中動画本舗で、その後でPAに名前を変更していますよね。こちらは何か理由があったんでしょうか。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
神様になった日特設サイト〜麻枝准研究所〜
更新頻度: 不定期
最終更新日:2021-03-31 12:00
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

×
素敵な鼎談記事、ありがとうございました。制作者と原作者のそれぞれが自身が生み出した作品の結果について語るというのは、とても興味をひきましたし、なぜかドキドキ(ざわざわ⁇)しながら読ませて頂きました。色々な意見はあったかと思いますが、私はこの作品に、麻枝准xP.A.作品に触れることができて良かったなぁと思った一人なので、やはりこれからも麻枝さんの挑戦するお姿を見られたらなと思います。

P.s. いつか飯田音響監督との対談、鼎談も読んでみたいです。
1ヶ月前
×
「20年前のエロゲの様な話が現代に合っていなかった」に関して、一視聴者としてポイントはそこじゃないのでは?と思いました。

むしろ新海誠の天気の子はゼロ年代エロゲだ!って騒がれてましたし、現代でも通用する物だと思います。
感動って、美少女キャラの造形の流行りみたいな数年で変わるものではなく、10年20年で大きく変わったりする様な物ではないと個人的に思います。
麻枝准さんがAIRやCLANNADで描いた親子や家族なんか、その最たる様な普遍的な物だと思っています。
お客さんの趣向や時代の変化がある事も考慮してと言われましたが、名作って時代の流れで左右されてしまう様な要素に焦点を合わせて作る物では無いと思いたいです。
(全部が全部普遍的な物で構成するべきだという意味では無く、やはり時代に合わせないといけない部分はあると思いますが、根幹の部分は普遍的な物であるべきなのでは、という内容の主張です……)

素人が偉そうに言ってしまい、申し訳ございません。
1ヶ月前
×
興味深く慎重に拝読させて頂きました。
とても深く絡み合った事情の上でアニメは制作されている事を改めて感じました。個人的には必然的に多人数の感性が関与するアニメというメディアと麻枝さんの個人的世界観との擦り合わせが重要かつ難しい問題なのではと常に感じています。
1ヶ月前
×
神様が現代版真琴シナリオと言われても、、、
水瀬家のプリクラシーンは?単なる舞台装置としか思えなかった鈴木が天野ポジ?それともひなパパが天野ポジ?今真琴シナリオやり直してもやっぱり泣けるけど、神様はだーまえの名前騙った粗悪品としか思えない。文中にもあるけど、麻枝節ってどこにあったの?
1ヶ月前
×
神様になった日はシナリオや構成が酷評されがちですが、私個人としては、挿入歌があまり印象に残るものでなかったのが残念でした。
私に刺さらなかっただけ、という話ですが、abやシャーロットの楽曲はほとんどリピートするくらい好きになれたのに、神様になった日の挿入歌は演出的にグッとこなかったんですよね・・・・。無論OPEDのほうは最高でした。

それはともかく、次のコンテンツのヘブバンが今から楽しみです!あとSatsubatsu Kidsも久しぶりに新曲が聴きたい・・・!

1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。