• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 1件
  • 「Soul Searching Journey」第3回 麻枝 准×折戸伸治対談 対極のメロディ~Keyが生み出してきた音楽たち~

    2020-07-10 20:00  
    聞き手・構成:坂上秋成
     麻枝 准対談企画「Soul Searching Journey」の第3回をお届けする。
     Key、あるいはTacticsはノベルゲーム業界における名作をいくつも世に送り出してきた。
     この場合、小説でも絵画でもなく“ノベルゲーム”という媒体であるという事実はきわめて重要だ。
     このジャンルは、テキスト、図像、音楽といった要素を組み合わせることで成立するものであり、それらを用いた演出があるからこそ、ユーザーに他ジャンルとは違う感動を与えてくる。
     実際、Key作品における“名場面”の多くは、文章とCGだけでなく、そこに圧倒的な音楽が重なることで“泣き”を生み出してきた。
     そして今回の対談は、折戸伸治と麻枝 准という、Keyの音楽における屋台骨と言える二人によって為されたものだ。
     『鳥の詩』、『風の辿り着く場所』、『Philosophyz』、『アルカテイル』といった素晴らしいOP曲をつくり、印象的なBGMをいくつも作成することでゲームに一層の厚みを持たせてきた折戸。
     シナリオライターとして数々のゲーム・アニメの脚本を担当しつつ、作詞・作曲もこなせるマルチプレイヤーとしてKeyを支えてきた麻枝 准。
     二人は一体互いの音楽をどのように捉えているのか。
     そして二人にとって、お互いの存在はどのような意味をもつものなのか。
     ――Keyが生み出してきた“音”にまつわる対話が、いま始まる。 
    ――今日は、これまでKeyを音楽面で支えてきたお二人に、過去のエピソードや音楽に対する考え方などについて、深く訊いていきたいと思っています。初めに、折戸さんと麻枝さんがTacticsで顔を合わせた時の印象について教えてください。
    折戸
     Keyの初期メンバーとしては自分が最後にTacticsへ合流したんですが、当時の麻枝くんはひたすらPCに向かって仕事をしていました。それほどたくさんコミュニケーションをとっていたわけではないんですが、その姿は印象に残っています。
    麻枝
     自分の方は、Leafで『雫』の音楽を担当していた人がチームに加わってくれるということで、久弥直樹くんと一緒に「これは凄いことになったぞ」と興奮しながら話していました。当時の自分はLeaf作品のおっかけみたいなことをやっていて、業界のトップとしてシナリオライターの高橋龍也さんを意識していましたし、折戸さんの曲も把握していたので、相当にテンションが上がりましたね。
    ――折戸さんはもともと独学で音楽をやっていたと聞いていますが、どういう流れでLeafに務めることになったんでしょうか。
    折戸
     現在アクアプラス(注:Leafは株式会社アクアプラス内のブランド)で代表を務めている下川直哉さんが声をかけてくれたのがきっかけですね。下川さんとは高校時代につるんでいた仲間で、別の高校だったのにしょっちゅう遊んでいたんです。だから自分が作曲をできることも知っていて、仲間内でわいわいやっている流れのまま、仕事としても一緒に活動するようになりました。