• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 1件
  • 「Soul Searching Journey」第4回 麻枝 准×民安ともえ対談 “声”が生み出す世界――あるいは『リトルバスターズ』の軌跡

    2020-08-14 20:00  
    聞き手・構成:坂上秋成

     麻枝 准対談企画、「Soul Searching Journey」の第4回をお届けする。
     これまでシナリオライターの久弥直樹、原画家の樋上いたる、作曲家の折戸伸治と、それぞれのジャンルに特化し、麻枝 准と縁深い人たちとの対談・個別インタビューを行ってきた。
     今回の対談相手である声優・民安ともえも、その流れの中にいる人物だ。
     ビジュアルノベルとは単一の要素で作られるものではなく、シナリオやイラストや音楽といった様々な要素の絡み合いによって成立しているものだ。
     そして当然、そこでは声優の“声”という要素もまた重要な役割を担っている。民安ともえは2007年にKeyが発売したPCゲーム『リトルバスターズ!』において、主人公とメインヒロインを含む4名のキャラクターに声をあてている。
     その声、その演技の有無によって、作品のイメージが大きく変わっただろうことは想像に難くない。
     では『リトルバスターズ!』を制作するにあたり、企画・シナリオを務めた麻枝 准と民安ともえはどのような関係を築き、どのように仕事をしていたのか。
     声優という仕事の本質にまで踏み込むような対談を、是非一読していただきたい。