【サンムーンS4】激流のガルーラスターインパクト【最高・最終レート2016】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【サンムーンS4】激流のガルーラスターインパクト【最高・最終レート2016】

2017-07-19 07:10
    どうも、高松です。TNはせんぱい、せんぺいです。
    まずはお礼を。前回の記事(対面パの構築について【雑記】)にたくさんのファボRTありがとうございました。対面構築を組む際の参考になれば幸いです。
    今期は就活やらなんやらで忙しくて前期達成できなかった2000、それも自身初の2ROMを2000に乗せることができました(最終2000とは言ってない)。7世代に入ってからある程度安定して結果を出せているので嬉しい限りです。



    【構築経緯】
    前期1位の構築に感動し、リスペクトすることから入りました。
    まず考えたのが基本選出の【行動保障+崩し+行動保障】の並びです。
    リスペクトした【襷+グロガル+ミミッキュ】の並びが非常に美しく見えたので襷枠の模索から入りました。

    色々考えた結果、環境にメガバシャやマンダが氾濫していたこと、ガルミミの並びで苦しいマンダ、ジャロ、カバに強めに出れることからゲッコウガを選択。アシレ等に比べてHPが1の状態でも上から攻撃(先制技でも)を打てることもgood。
    襷ゲコ+グロガル+ミミッキュはS2でも使っていたため回しやすいはずだと思いました。

    そこからゲコの型を考えていったのですが、S3で毒菱パで遊んでいた時に、激流毒菱ゲッコウガが思いのほか相手をタテてくれ(て冷Bが無いことがバレてラス1マンダに全抜きされ)たことが多かった」ことから着想を得て、襷激流ゲッコウガという地雷じみたポケモンへと変貌。詳しくは個別解説で書きますが、これが地雷枠としても構築の軸としても非常に強いものになってくれました。


    次に考えたのが【第3の行動保障枠】。考えに考え、色々と模索してみましたが弱点保険バンギhttps://yakkun.com/sm/theory/n814チョッキスイクン以外これといって良いのが見つからず。それぞれの特徴は

    保険バンギ
    ・初手ガルーラに殴り勝てる貴重なポケモン
    ・襷を潰しながら殴れるのでマジで殴り負けない
    ・まず読まれないので普通に殴り合ってくれる

    ・エッジが命中不安。選出率的にそこまで恐怖するほどじゃないがやはり不安
    ・受けル(耐久相手)に打点が無い(ヌケニンゲンガーの牽制になるくらい)
    ・裏に置きたいメガガルと弱点が被ってる+砂でガルの乱数がズレる

    チョッキスイクン
    ・ミラコによる対特殊への役割破壊
    ・こご風による後続のサポート
    ・耐久相手に零度が連打できるため崩しの枠を兼ねることができる
    ・めっちゃ読まれる
    ・素の火力が低すぎるため簡単に起点になる

    といったところでしょうか。どちらも強かったのですが、受けルへの崩し枠を兼ねられることを評価して今回はスイクンに決めました(リスペクトしてスイクン使いたかったってのもある)

    残りは【2匹目の崩し】【受け枠】ですが、ここはほぼ同時にすんなり決まりました。
    というのも、以下の条件に合致しつつ、「どちらかで電気を無効にする必要がある」ことを意識しながら、構築で重いポケモンを意識した組み合わせを選べば良かったからです。

    崩し枠の条件
    ・スイクン、ガルーラと組んで受けルを崩せる

    受け枠の条件
    ・バシャやマンダ等の超火力共の受け出しを許さない

    これまでで重めのポケモン
    ・メガマンダ(何でこの並びでお前重めなんだよ)
    ・メガギャラ(ミミッキュがぶち抜かれる)
    ガッサ(割となんとかなるけどガル以外一匹持っていかれる)
    ジャロ(ガルに出てくるゴツメが無理)
    ブルル(誰も勝てない)
    ・カミツルギ(ゲコなら勝てる)
    ・ポリ2(ゲコの毒を変えた結果がこれだよ)
    ・ブラッキー(ゲコの毒を(ry )
    ・スカーフテテフ(うまくサイクルを回されると辛い。プレイング次第)

    ・・・草キツすぎですね(水2匹だから当然か)。
    これらのポケモンへの処理ルートを増やせるポケモン。そしてスイクン-電気対面で相手に電気Zを打たせないための電気無効が必要。候補はそれぞれこいつらが挙がりました。
    崩し候補:Zカミツルギ、メガゲンガー、Z霊獣ボルト
    受け候補:カバルドン、ファイアロー、テッカグヤ、モロバレル
    これらの候補の中で、ギャラ+重い草全般に対して一匹でケアでき、胞子の一貫を切り、逆にこちらで胞子の一貫を作れるモロバレルを採用。よって崩しは電気無効の霊獣ボルトになりました。

    最終的な並びはこちら

    (この画像便利ですね)

    【個別型紹介】

    ゲッコウガ@きあいのタスキ
    特性:†げきりゅう†     性格:おくびょう
    技:なみのり/みずしゅりけん/れいとうビーム/めざめるパワー炎
    努力値:[H 4] [A - ] [B - ] [C252] [D - ] [S252]
    実数値:[H148] [A - ] [B 87] [C155] [D 91] [S191]
    調整先 ぶっぱ

    構築の軸にして地雷にしてエースにしてMVP。近いうちに青いサイトに育成論上げます。
    上げました→https://yakkun.com/sm/theory/n893
    激流波乗り+手裏剣は圧巻の威力。激流前波乗り+激流波乗りで無振りテテフが確定で飛ぶレベル(わかりづらいか?)。ニトチャ以外のリザ(Yでも乱数)やコケコ、ボルチェンで出てくる奴ら等を全て波に流していった。激流水手裏剣が無振りメガバシャに確定4発なレベルで入るのでバシャ軸や砂パには後続のミミッキュと合わせてイージーウィンできた。

    技構成はメインウェポンの波乗りと水手裏剣、マンダへの打点の冷凍ビームまでは確定。序盤はポリに刺せる毒々にしていましたが、ナットに後出しされることが多かったこと、同じく水襷を使ってる人に使用感を聞いたことからめざ炎に変更しました。ナットピンポですが割りとよく刺さり、わざわざ激流めざ炎ゲッコウガ(王冠使用)とかいうひどい個体を準備した甲斐がありました。

    また、タイプの変化を直前の技でしか見てない人が何人もいて、割と死に出しテテフにサイキネを打たれることがありました。みんなちゃんと特性は確認しような!!!!


    ガルーラ@メガストーン
    特性:きもったま→おやこあい 性格:いじっぱり
    技:すてみタックル/グロウパンチ/ふいうち/ほのおのパンチ
    努力値:[H164] [A212] [B 4] [C - ] [D 12] [S116]
    実数値:[H201] [A189] [B121] [C - ] [D122] [S135]
    調整先 H:DL対策の余り
        A:炎Pでガッサが確定
        B:端数
        D:端数(DL対策)
        S:最速70族抜き

    捨て身を遺伝した個体をいただいたため試しに使ってみたところ、もう秘密になんて戻れないくらいに強すぎた。グロウをしなくても火力があるのは反則。
    調整としては非常にメジャーなもの(というか前期1位のパクリ)だが、この余りHという振り方でゲコの珠けたぐり≒+2一致イカサマを確定で耐えるという神のような調整になっている。いやこれ反則ですよ。
    この構築の場合軸のゲッコウガがギャラレヒレに対して何もできないのでそれに強いガル以外のメガ枠は考えられなかった。激流手裏剣で上手いことガルのグロパン圏内に押し込んでくれたのも相性がよかった。


    ミミッキュ@フェアリーZ
    特性:ばけのかわ      性格:いじっぱり
    技:かげうち/シャドークロー/じゃれつく/つるぎのまい
    努力値:[H 4] [A252] [B - ] [C - ] [D - ] [S252]
    実数値:[H131] [A156] [B100] [C - ] [D125] [S148]
    調整先 ぶっぱ

    参考にした記事はゴーストZだったが、冷Pのないガルーラとミミッキュという並びの時点でマンダが重いことに回してて気づいたため多少抗えるフェアリーZへと変更した。構築単位で鋼に強めで、ミミッキュを出す頃には相手に鋼なんて残ってないのがほとんどだったためむしろゴーストZよりも通りがよかったように思えました。ルカリオやバシャーモへの火力が上がったのも非常によかったです。

    半減フェアリーZ>等倍シャドクロだぞ!!みんなは忘れないようにな!!!(戒め)


    スイクン@とつげきチョッキ
    特性:プレッシャー    性格:ずぶとい
    技:ねっとう/こごえるかぜ/ぜったいれいど/ミラーコート
    努力値:[H 44] [A - ] [B220] [C148] [D 12] [S 84]
    実数値:[H181] [A - ] [B179] [C129] [D137] [S116]
    調整先 H:少し
        B:意地ガブの逆鱗2耐え
        C:余り
        D:眼鏡ジバコの10万耐え
        S:-1準速メガマンダ抜き

    耐久お化け。硬い。なんなのこいつってくらい堅い。
    チョッキスイクンといえば無振りバシャを確定で落とせる控えめCぶっぱが基本ですが、控えめの再厳選が面倒だったからバシャはメガが多いからあまり生きないと判断してCを削ることでスカガブやマンダに殴り勝てるように調整しました。+1マンダの特化捨て身まで確定で耐え、Aに割いてない恩返し(HDマンダ想定)なら2舞でも確定耐え、3舞でも25%の低乱数まで押さえ込めるためマンダとの殴り合いには困らなかった。先日行われたからきおす杯でも同じ個体を使用しましたが、ドリュの地震と+2フェローチェのさざめきを耐えた時には目を疑いました。固い。
    Sを少し削ってますがバナやガルド相手にほぼほぼ上を取れるため零度チャンスはいくらでもあった。ミラコが認知されていたせいで毒やヤドリギから入られることが多かったため、低速特殊相手には特殊技を打たせるために零度から入ることが多かったです。零度の圧力はヤバイ。1発で当てる零度は麻薬でした。


    ボルトロス(霊獣)@カクトウZ
    特性:ちくでん      性格:おくびょう
    技:10まんボルト/めざめるパワー氷/きあいだま/わるだくみ
    努力値:[H 4] [A - ] [B - ] [C252] [D - ] [S252]
    実数値:[H155] [A - ] [B90] [C197] [D100] [S168]
    調整先 ぶっぱ

    受けル、カグヤ、ポリ2に強く、マンダに隙を見せない電気無効。スイクンのこご風と合わせることでリザやギャラに対しても強く出れる。襷と低火力で行動保障の2枠を使ってるため重めになるガルーラをワンパンできるのも強い。

    一個だけ言うなら少しSが足りなかった。積まないと少し火力も足りなかった。うまく積めればとても強かったし、受け回す構築への遂行能力は全ポケの中でもトップだと思うが、行動保障が殴り負けるポケモン(特にゲコが勝てないレヒレやポリ2)へ後出しした際に耐久がないので上手く積めずゲコとの相性だけを見たらあまり合ってないのかな、と。
    マンダに隙は見せませんが削られたらどうせ勝てないこと、ゲッコスイクンが水に弱いことから何度もカミツルギに変えたいと思いましたが後述のモロバレルの使用感が良く、結局最後まで変えられませんでした。バレルがカバになったなら間違いなくこの枠はカミツルギになっています。


    モロバレル@くろいヘドロ
    特性:さいせいりょく    性格:のんき
    技:きのこのほうし/イカサマ/ギガドレイン/ヘドロばくだん
    努力値:[H252] [A - ] [B252] [C - ] [D 4] [S - ]
    実数値:[H221] [A - ] [B134] [C105] [D101] [S - ]
    調整先 ぶっぱ(S妥協個体で実数値覚えてない)

    ガルーラ、ゲッコウガと合わせたら強いのは6世代で知っていたので、試しに入れてみたらめちゃくちゃ強かったポケモン。型次第で誰も見れないブルルやゲッコウガを処理した後に出てくるジャローダに無限に後出しが効いて裏への圧力も最高の最強ポケモンです。
    スイクンと組み合わせることで霊獣ボルトで見れないヤミラミ+ヌケニンの受けループにも強くなれました。
    眠らせてガルーラやミミッキュ、ボルトで積んでいく積みサイクルの形や、再生力と胞子を生かしてくるくる回すサイクルの形をモロバレルが1匹いるだけでとることができる。重いポケモンをケアするだけでなく、選出、立ち回り、勝ち筋の全てに新たな選択肢を作ってくれる受け枠の理想形】と言えるポケモンでした。
    【選出・立ち回り】
    基本選出はゲッコウガ+ガルーラ+ミミッキュ
    バシャが見えたらゲコの襷とミミッキュの皮を両方失ったらその時点で負けだと思うことが大事でした。
    対面構築のため極力素引きはしない、ということを念頭に置いて立ち回りました。ゲッコウガ相手にレヒレが瞑想を積んできたり、ポリ2が間違いなく再生を押してくるような場合以外は基本全つっぱ。少しでも相手のHPを減らして裏の負担を減らすことを考えていました。

    レヒレやポリ2など、ゲッコウガでは厳しい相手が多い場合はスイクン。受け回しには霊獣ボルトを出していきました。モロバレルはコケコレヒレがおらず、ブルルやジャロがいるなら積極的に選出。バレルがいる時だけ釣り交換に注意しつつもサイクルを回していました。
    コケコレヒレがいた場合、モロバレルはバシャ等に容易に後出しされる(その場合こちらの受け出しができないので崩壊する)のでコケコレヒレがいた場合は相手にジャロやガッサがいても絶対に出しませんでした

    スイクンのこご風+霊獣ボルトの組み合わせによりギャラ、両リザへ対応できるためギャラ+リザの並びには意識して選出していました。

    受けル相手は純正ならスイクン+ガルーラ+霊獣ボルト。ヤミラミ+ヌケニンならスイクン+モロバレル+ガルーラを出します。

    崩しを必要としないような相手にはゲッコウガ+スイクン+ミミッキュを選出し、この選出ができた時は基本的に余裕を持って勝つことができました。

    【最後に】
    なんとサブロムでメガバングルを手に入れました!!!!!
    おかげで2ROM体制で潜る事ができ、チキンハートでも2000に乗せた後も何十戦か潜ることができました。しかしそこで勝ちきれなかったため、まだまだ選出とプレイング、そして択が甘かったんだなと実感させられました。構築が完成したのが終盤、2ROM2000に乗せたのもレート最終日で、もっと早めにこの構築を完成させてじっくり潜れていれば結果も違うものになったのかな、等と少し後悔しています(鬼火ドライブとピロゲンと雪崩バシャは絶対に許さない)
    来期こそは2100を達成したいですね(なんか毎回言ってるなこれ)。
    QRは公開していますが、ゲッコウガが激流だと最初からバレてる状況で戦うのは割と厳しめなんじゃないかなーとか考えてるのでURLは張りません。調べてもすぐには出てこないような工夫をしてみたので、URLが欲しければ直接言っていただけるとありがたいです。

    それぞれの2000達成画像です。



    何かあればツイッターまで。
    twitterID:@takamatu_yuma

    ではノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。