ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

marineさん のコメント

私は2周目でもフェンリスと恋愛関係になれず、3周目は完全にフェンリス一人に狙いをつけて色仕掛け(?)した結果、何とかフェンリスと恋愛を成就することに成功しました。そして、今回のセシリアはどうなるんだろうと思って見守っていたのですが、やはり、「仲間とは云々、、。」なんてセリフをフェンリスが語ってしまったので、、、。

どうやらフェンリスは、先に誰かと恋愛を成立させてしまったら恋愛関係に持ち込めないみたいです。
つまり、「他人の嫁は、たとえ想いがあっても恋愛対象とは見ない」という、なんともしっかりした貞操観念の持ち主なようです。(まわりが貞操ユルユルのお姐さんや高倉健並みの不器用隊長、耳年増のJCエルフなので、よけいにフェンリスがまともに感じられるのかもしれませんが。。。)

サンダーマウントで元主の追手を倒した後、あそこでメリルクエを優先していたら、その後ハドリアナの待ち伏せ攻撃を受けた挙句にフェンリスに散々罵倒され、下手すればあそこでフェンリスが永久に袂を分かつ危険なポイントであったのです。ベサニーやママンに次いでフェンリスまで、、ていう展開はあまりにも悲しすぎるので、フェンリスの本懐を遂げる選択肢を選んでいただけてよかったです。

ほかの恋愛フラグが立っているキャラはまだチャンスがあるはずなので、ぜひ頑張ってください!

No.1
77ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
今回も、仲間クエストをザクザク進めていきました。 まずは、 1.イザベラさんに「ボトルシップ」プレゼントしたところ、 やっぱりエロネタ混ざりのやり取りのうち、ご機嫌で受け取ってもらえた。 2.私とイザベラさんとの仲を、ヴァリックが嫉妬したらしく”恋の三角関係”が成立。 (ヴァリックとの友好度が+20アップ!) 3.行方不明だったヴァリックの兄バートランドが、カークウォールに帰ってきてるらしく 妹ベサニーの敵を討つため、早速殺しに向かう。 ハイタウンの潜伏場所に着くと、案の定、敵が待ち伏せしていた。 かっこいいオレ♪という話を膨らました戦闘もありましたが 全員生存でクリア! 屋敷の奥に、バートランドを見つけるが、地底回廊で見つけた遺物に、 とり憑かれてしまっていて、もう正常とは言えなかった。 それでも、ベサニーのケジメをつけさせなくてはいけないよね?という私の意向に従い ヴァリックにバートランドを殺させる選択をしてしまった。 後悔はないが、後味が悪い・・・。 4.お口直しに、甘酸っぱくなろうとメリルのクエストを進めることにしたのだが お話が難しい・・・。曰くつきの鏡の修復をしたいメリルと、先祖が捨てたのだから 放っておきなさい!というエルフ伝承者様との対立から、行方不明のメリルの友達について までは、なんとなくわかった。 クエストの流れに従って、サンダーマウントに向かったのだが! なんと、フェンリスのイベントが発生!! フェンリスの追っ手が、ついにやってきたのだ! 戦闘の後、フェンリスの元主の使いのハドリアナという女が、洞窟にいるとの情報を掴むが メリルのクエスト途中だったので、どっちを進めるか悩みましたが 水先案内人の「フェンリスのイベント最優先!」という指令が飛んできたので フェンリスのイベントを進めることにしました! 手下の女が、フェンリスの妹の居場所を教えるから、見逃してくれというが ってか、フェンリスに妹がいたんだ!!! セシリアちゃんも妹がいただけに、ここは情報をもらって見逃すってことで落ち着くと思いきや、フェンリスはこの女を殺してしまったではありませんか! で、画像の左下に終了5分前と出てまして、実はこれがラス枠の予定だったのです。 こんな熱い展開を次週まで持ち越せないということで、次枠移動し、続きます。 ホーク邸にフェンリスが来てくれたよ!ごめんね♪だって! 全然かまわんよー(・´з`・) そして、フェンリスの家で、”二人きり”でお酒を飲みつつ、 フェンリスの昔の誰にも話さなかったという悲惨なお話を聞き、親睦を深めたのでありました♪ フェンリスが笑ったよ~ヾ(*´∀`)ノ このところ、笑い落ちばかりの放送だったのが、実にキュンとくるいいお話で終わったので ご機嫌で、いつものところへ。 そして、今度こそとばかりに「お店からのサプライズ」をチョイス! またかよ・・・・(´・ω・`)ガッカリ… そして、水先案内人の「フェンリスとの恋愛フラグ終了」のお知らせとともに枠を 閉じたのでありました。 次回、なんと100枠目になります!ヮ(゚д゚)ォ! 張り切ってプレイしていきますよー!!
お布団妖精の生態
まったりゲーム実況してます。

たまにダークサイドに堕ちます。

お知らせ程度になると思いますが

何か思いついたら、書くかも・・・。