なのはReflection雑感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なのはReflection雑感

2017-08-01 23:41
    なのはReflection見てきた~。

    まず、本当に公開されて良かった・・・。
    2013年3月のリリカルパーティーで製作が発表されてから4年4ヶ月
    ホントもう無理だと思ってたもんなぁ(´Д`)

    最後に製作の一報を聞いたのは2014年の奈々さんの冬フェスで三嶋さんが
    「まだ作ってる」みたいな事を言ったのが最後で、それ以後なんの音沙汰も無くて

    そうこうしてる内に

    TV版のA'sから劇場版2ndA'sまで監督やってた草川敬造さんが
    いつの間にかセブンアークス辞めて艦これ作ったりして
    「誰がなのはの監督やるんや・・・」ってなって

    そしてゆかりんのキングレコード離脱ですよ。
    これはホントに
    工エエェェ(´д`)ェェエエ工
    ってなった。

    離脱の際にブログに書かれていた
    「最後の別れ際、三嶋プロデューサーが悲しそうな顔をしていた」
    みたいな事を書いてるのを読んで・・・
    「ああもうなのはの映像化は無理だな」と諦めましたよ。
    リリカルなのはってキングレコード製作で三嶋章夫プロデューサーが製作の総責任者
    その三嶋さんと主演声優の田村ゆかりさんが決定的な決別

    なのはを演じるのは田村ゆかり以外ありえないし、そのゆかりんがもう三嶋Pの元では
    仕事しそうにない。
    ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

    それでなくても、4期なのはForceの不可解な休載(と言う名の実質打ち切り)
    そしてアニメ版なのはvividの分割2クール目の消滅(まだ待ってるんだが・・・)

    「やるよ」と言ってたものを2つも途中で投げ出してる現状もあって

    ホントもうReflectionは無かった事になったんだろうなぁと

    Vivid Strike!の第1話のCM見るまでは思ってたわ。
    あのCMを見たときの衝撃
    言葉にならんかったなぁ

    思えばその年の9月、奈々さんの甲子園ライブにて
    奈々さんがMCでvivid Strike!の宣伝がてら「後輩たちも頑張ってるんですが、私達のほうも何か動きがあるかも」なんて言ってた。
    あの時はその言動を深く考えなかったが、今にして思えばReflectionの事だったか。

    ほんっとよくReflectionに辿り着いたなぁ。
    感慨深い・・・。


    映画の雑感だったな(^^;





    とりあえず一言で言えば

    「細けえ事はいいんだよ、ドンパチドンパチ」

    だったな(^^;

    全体的に「唐突」だったか
    いきなり感が多いと言うか
    説明が不足してる気がしたわ。

    キリエはエルトリアを救うため永遠結晶(エグザミア)を手に入れるため地球に来たんだよな
    そのカギははやての持つ闇の書
    だよな?
    (もっとも、この辺はすべてイリスのハッタリだったのかもだが)

    何で廃車やら集めてロボット作ったりしてたんだろ?
    はやてを襲うため?よく分からなかった・・・。
    キリエあんなに強いんだから普通に奇襲を掛ければよかったような。
    もしくは、あんなに綿密にはやて達のことリサーチしてたんだから、はやての性格くらい
    わかるんじゃないかな。性格が分かれば「事情を話して協力してもらう」方が可能性が
    高かったのでは?
    とも思ってみたり。

    あんなロボット引っ張り出して派手に暴れるもんだから管理局全体が出てきて
    余計に敵を増やしただけに思えるんだが・・・。

    まあそれでもシュベルトクロイツの強奪に成功したからおkなのかな(^^;

    そして奪った闇の書からディアーチェ、シュテル、レヴィの召喚をする訳だが・・・
    何でディアーチェ達は呼び出されたんだろうな?(^^;
    王様達がエグザミア(ユーリ)起動のカギみたいな話だったが・・・・

    実際は遊園地にあった結晶から、王様達が特に関係する事も無くユーリが復活してるんだよなぁ

    ユーリの出現の仕方が物語の辻褄を全てぶち壊した気がする。

    あそこでディアーチェ達を絡めて復活させて、それまでのキリエの行動も
    整合性を取ってれば「なるほど」と思ったのになぁ。

    それまでのキリエの行動もディアーチェ達もほとんど関係なくユーリを復活
    させてしまったものだから
    「今までの戦いは何だったのか?そもそもディアーチェ達は何だったのか」
    ってなっちゃった。
    (もっとも、全てがイリスの奸計なら「まあそういうものか」って話だが)

    なのはさん達も、何の説明も無くいきなりフォートレス装備したりして
    ( ゚д゚ )
    ってなったわ。
    Forceでのフォートレス、ストライクカノンその他次世代装備って
    エクリプス感染者(ドライバー)には旧来の魔道が通用しないって事で開発されたって
    理由があったのでスッと受け入れられたんだが

    2ndA'sの時のカートリッジ装備は
    それを装備する理由もあったし、装備するまでのドラマも合って熱かったんだがなぁ。

    あまりにも唐突な登場だった感

    ディアーチェ達が登場したと思ったらもう次の場面では
    ディアーチェvsはやて
    シュテルvsなのは
    レヴィvsフェイト
    になってた。
    どんな感じで出会ってたんだ・・・?
    いきなりもうバトルになるのか・・・。

    シュテルん、弱かったなぁ(^^;
    レイジングハート抜きのなのはさんにあっさり撃墜されるとは・・・
    ってかなのはさん、レイジングハート抜きでSLB軽々とぶっ放してたな( ゚д゚ )

    やっぱりキャラデザが・・・う~ん
    奥田さんのキャラデザじゃあかんかったのか?
    全体的に作画のクオリティが1stや2ndA'sに比べるとイマイチと言うか。
    遠巻きのところとか作画崩壊っぽいところもあったし

    etc・・・

    なので、ストーリー的には「う~ん・・・」って感じだったんだが

    ま、細けえこたぁいいんだよ。ドンパチドンパチ

    やっぱ待ちに待った劇場版だけに
    最初に「Nanoha Reflection」の文字が浮かび上がっただけで鳥肌立った。

    しゃべって動いてるなのはやフェイトやはやてにはしびれた。

    あまり深く語られずに出てくるアミタやキリエもディアーチェやシュテル、レヴィも
    THE GEARS OF DESTINYにINNOCENTやってるから馴染みが深い
    突然なのはさん達と戦闘になっても、
    そりゃディアーチェははやてと対峙するし、シュテルはなのはと対峙するしレヴィはフェイトと対峙するよな。
    そういうもんだよ。

    いきなりフォートレスとか装備してても
    Force読んでるからさ
    あれはエクリプス対策に民間企業カレドウルフ社が作って管理局が調整してる云々
    とか分かるから。

    なのはさん達がバシバシとぶっ放してバキバキと戦う姿はやっぱかっこいいよっ。

    全てが唐突でも、全てが受けいれられる。

    ストーリーに関してはあくまでこの映画は「前編」なんで
    後半を見ないことには良いも悪いも言えない。

    続き早く見たいわ~。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。