マトリョシカ制作について。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マトリョシカ制作について。

2013-02-25 07:02
  • 1
どうも、金子卵黄です。

お陰様で、マトリョシカPVが10万再生、1万マイリスト突破いたしました。
何回も見てくださっている方もいらっしゃるようで、本当に作ってよかった、完成できてよかった、と思います。
コメントはすべて目を通しております。沢山の暖かいコメントに励まされてます。本当にありがとうございます。
そして現時点で広告してくださっている11人の皆様も、本当にありがとうございました。

MMD杯投票期間終了までまだ日にちがある中、なかなか他の杯動画を拝見できていない不届き者の私ですが、ともあれ、憧れのMMD杯に参加できたことを心から嬉しく思っています。



さて、上の動画ですが、先日メイキングを作りたいという旨の記事を書きました。
そして、その内容についてのコメントやツイッターでのリプを受けて、いざメイキング動画制作に手をつけたところまではよかったのですが
・・・メイキング動画って作るの超難しいというか 大変というか・・・
MMD講座とか作ってる人やばいなあ、すげえなあ、と痛感している今です。
一応形にしたものの、とても公開できるようなものではない気がしていて、
さらにそれを修正できるかもちょっとわからないので、ここで今
少しだけ、制作についてちょこっと書いてみようかな、と思います。
長くなりますが(既にここまででも長いのですが)、お暇でしたらお付き合いください。


コメントで多かった感想の一つに、「MMDぽくない」「手描きみたい」というものがありました。
私としては、「手描き風」を意識して動画を作ったわけではなかったのですが、でも確かにあまりないタイプのMMD動画かな、と後で思いました。
このMMDらしからぬ雰囲気を生み出している最大のポイントは、やはりモデルの材質かな、と思います。

動画を見てわかるとおり、このモデルたちには陰影が全くありません。
陰影を出さない方法は簡単です。PMDエディタで、全ての材質のToonの欄を空欄にするだけです。
そして、基本的にこのモデルたちは顔やパーカーの模様以外はテクスチャを使わず、材質色で色を指定しています。
反射色を真っ黒にすれば光の反射もなくなりますから、そうすればべた塗り風な、この動画のような質感を実現することができます。

MMEはほとんどつかっておりません。
陰影がないのでシェーダー系も使いませんし、発光するものもないのでALやパーティクル系も必要なく、使ったMMEはビルボード+アニメーションテクスチャのもののみです。

さらに、2D風に見えるもう一つの理由として、パースペクティブをOFFにしているシーンが多々あることも考えられます。
ぶっちゃけ何故パースのON/OFFを切り替えているかは、何となく、というのが一番しっくり来る答えなのですが
パースOFFにするだけでも印象は結構変わりますし、立体感もなくなります。それがさらに画面を手描き風にみせているのかな、と思いました。


と、偉そうに色々言ってしまいましたが
私は、映像の仕事や勉強を沢山していたとか、実は動画投稿熟練者だとか、そういうことはありません。
MMD動画制作についてはまだまだこれから経験を積もうとしているところですし、MMDに限らない動画制作についても同じです。

メイキング動画楽しみにしてくださっていた方々の希望にそえるかはちょっとわからないです。ごめんなさい。
質問等あればお気軽にどうぞ、今回の動画制作についてなら何でも答えられるとは思います。
・・・MMDer様方と交流したいなあ・・・

では、朝から失礼しました。
広告
×
なるほど!モデル改造であのような感じにしているのですね!
前回アニメ風な動画を作ったのですが、いまいち絵のようにならなくて…。
次回手書き風に仕上げたい動画を作るときはモデル改造にも少し気を配ってみたいと思います。
解説有難うございました~^^
88ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。