何回やっても何回やってもモーショントレースが倒せない人の一年間の試行錯誤
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

何回やっても何回やってもモーショントレースが倒せない人の一年間の試行錯誤

2019-03-23 17:09
     ※挫けないようの覚書で、個人の解釈、やり方ですので、ゆるい目でみてねー※

    なんと。飽き性の私が一年続いた記念に、進化した?モーショントレース方法を覚書します。未だに倒せてないけどな。


    香乃流モーショントレース術(2019/03/23現在)

    0.トレースの準備


    AviUtlでダンス動画と原曲のタイミングの合わせ方。

    http://ch.nicovideo.jp/kanokano/blomaga/ar1463969

    背景AVIの準備。

    「movie2avi」でググる。
    フリーのグリッド素材も用意しましょう。Z移動の目安にします。



    こんなの。加算で合成します。

    ダンス動画と合成します。ダンサーの初期位置の足元にZ軸0目安の赤ラインも入れます



    必須MME

    MultiMonitor(右視点、左視点、上面視点の3画面読み込みます)
    M4Layer(モデルの半透明化)
    ModelCenter(重心表示)
    あると便利なスロー再生スクリプト
    http://ch.nicovideo.jp/kanokano/blomaga/ar1456651

    導入と使い方はググる

    モデルの改造記事はこちら。

    http://ch.nicovideo.jp/kanokano/blomaga/ar1507921

    上半身・下半身同時回転ボーン追加プラグイン(P.I.P様)

    https://bowlroll.net/file/190138


    モデルの表示枠はこんな感じ




    かなり独特のようですが、私はセンターXY、グルーブZで打ちます。これについては後述

    まず最初に、カメラのパースを切ります



    パース付きだと私は作業できません。メイン画面のパース切った正面図とMultiMonitorの側面図だけのほうが落ち着きます。
    これ、なんでパース付きで作業出来ないのか自分でもわかんなかったんですが、先日その理由が判明しました。
    私は前職がCADオペ、製図屋さんだったからです。
    よって正面、側面、上面(足運び確認に下面も)のほうが、情報が頭に入りやすいのです。製図は基本的にパース付き視点は厳禁の世界なので。

    3Dの空間把握でお困りの方は、3面図をお試しあれ!

    ここまででこんな画面になります。



    このカメラを「初期位置カメラ」として保存します。(センター、足IK用)
    さらにカメラをX移動した「初期位置左カメラ」も保存します。(体幹、腕用)



    この二種類のカメラを交互に使います。


    では、作業開始です

    0.5.指



    指は一番面倒くさいうえに、一番重要な要素なので(ダンス表現において「指と手首は表情」(by盗賊つばき師匠)とまで言われるほど)先に別データ作って前ならえでポーズで全フレーム打ちます。腕やるときに結局微調整するので、とりあえずポイントだけ押えておきましょう


    1.センター(XY)



    モデルと踊り手を初期位置カメラで重ねた後、モデルを半透明化し、物理演算タブから「演算しない」にします。

    センターXYはできるだけ多く打ちます。上下左右、ダンサーが動いたところ全部です。慣れたら服の動きでわかるようになります。

    ・X移動
    ハンドルでX(赤い矢印)だけ移動します。体の真ん中に来るようにします

    ・Y移動
    ここは数値入力で行きます。数値は膝の曲がり具合と足の開き具合で判断します


    だいたい、直立でY-0.2くらいだと思います。肩幅くらい足開いたら-0.7くらい

    XとYが決まったら、Enterキーを押して登録です。
    歌のワンフレーズくらいとか、キリのいいとこまで一気に打ちます。

    2.上半身

    カメラをずらした方のカメラにします。半透明も解除。見やすいです。




    トレースの上手い方は、上半身の動きの頂点で上半身のキーを打つそうですが、私にはそれができないので、センターのあるフレームすべてに上半身を打ちます。すべてのセンターのあるフレームで毎回初期化して毎回ポーズを作ります。けっこうな手間ですが、そのぶん棒立ち感が減ると思う。
    センターを細かく、といったのは、このためです。

    上半身群に下半身が入っています。



    これは、上半身の回転と下半身の回転を同時に行うためです。
    ここで、トレース準備で紹介したPIP様の「上半身下半身回転ボーン」を使っていきます。

    上半身は、ハンドル操作と同時回転ボーンとパネル操作と、全部使います。

    まずハンドル表示で見たままトレースします。



    胴体のポイントは S字 かなと思います。
    上半身を後ろにそらしたら、上半身2は前に倒し、顔は後ろに回転、みたいな。
    左右でも同じことが言えるかなと。逆方向にくねらせるといいんじゃないかなと。
    これを連続でやることで、動きのウェーブみたいなのがうまれる。ような気がする。
    ダンサーの姿勢のS字ラインを読みます。これも慣れる。



    ハンドルを回転させる順番は、正面から見て

    上半身
    上半身2
    下半身

    上半身
    上半身2
    下半身

    上半身・下半身同時回転ボーン
    上半身2

    首頭はパネルです

    XとZ回転
    のY回転

    です。

    これにより、直立じゃない姿勢も作りやすくなると思う。




    3.足IK

    重心の移動など気にしなくてはいけないので、左右の足を同時進行、フレームを行ったり来たりします。

    まずは正面図でかかと(足IK)のXを合わせます。最初にパースを切ってるのでZ(前後移動)は無視します。Xのみ合わせます。



    つぎに、テンキー4か6で横視点にします。
    ここでZ移動(グルーブZと足IKのZ)を決めます



    これを連続でやっていきます。
    原則として、足IKのスタート時は、Y位置の数値が0.00であることが重要です。



    足IKの5点打ち
    リングイネ様の記事参照
    http://ch.nicovideo.jp/mmd_ring/blomaga/ar275071

    これを簡単に説明すると、足の裏が全部地面についてるY0状態を「完全接地」として、

    ・動く前の完全接地キー
    ・動いた後の完全接地キー

    をまず打ちます。
    このとき、Y移動は絶対にしません正面からX、横からZのみです。
    動きの始めに戻って、コマ送りで元ダンスの動きに合わせて

    ・離陸終わり(つま先立ちorかかと立ち)のフレームに動く前の完全接地キー
    ・着陸始まり(つま先立ちorかかと立ち)のフレームに動いた後の完全接地キー

    を、コピぺして、この2点の「かかと」なり「つま先」なりを回転で浮かせます。

    かかと、つま先の浮かせ方は、足IKとつま先IKを「シフトで複数選択して回転」です。
    選択の順番で、かかとが浮くかつま先が浮くか変わります。

    そのキーフレーム間に、
    ・Y最高点、足が一番高い場所を打ちます(これは複数点になることもあります)

    この5点打ちを ABCDE としたらBが最重要です。
    重力に逆らう、地面を蹴る瞬間をギリギリまでひっぱります
    (つばき師匠の受け売り)
    五点打ちじゃないと接地感は出ないと思っていいくらい大事と思います。

    4.腕

    これは動きの頂点を見ながらつけていきます。胴体よりはわかりやすい。これも上半身と同じく毎回初期化して毎回ポーズを作ります

    腕は片腕ずつやります。片腕が終わったら、ダンスによっては反対側の腕をやるときにスーパー反転コピータイムがあって幸せな気持ちになれます。

    腕のポーズのとり方はこちらの記事参照。盗賊つばき流は一発で腕が決まります。すごい。

    http://ch.nicovideo.jp/kanokano/blomaga/ar1522308

    肩の上げ下げも忘れずに。

    肩は、最低でも2パターンあると思います。

    肩から下がってる場合と、腕の方向が下向きでも肩が上がっている場合
    ①肩のZを下げて、腕のZも下げる
    ②肩のZを上げて、腕のZを下げる

    これ、右肩が①、左肩が②です。結構違います。



    あとは、腕を見ながら指の修正をします。



    以上が、主な手順です。

    1~4を、0フレームから最終フレームまで繰り返し
    これでモーションは完成。


    5.仕上げの補間曲線

    基本、私は補間曲線を使いません。
    なので何も説明できません。解散!

    しかしながら、こちらも補間使わない派の某有名トレーサーさんにお話を伺った際に
    「私はセンターY移動のみ、まろやかで補間曲線つけますよ。重力感が増す」
    という、いい話を聞きました。



    ずばりこれ「補間もまろやかMMD

    一括!!自動!!おまかせ!!!!!良い響き。

    今度やってみようかな、とは思ってます。


    最終的に、出来れば何でもいいんですよ!!!使えるものは使わないと!!!
    ツール作成の神に感謝!!

    こんなかんじでやってます。
    2019/03/23現在の 香乃さん私流のモーショントレース方法でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。