• DUEL MASTERS PLAY'S(デュエプレ)とかいうスマホゲー

    2020-01-09 07:54

    どうも、こんにちはkapivaraです。

    こいついっつも更新の日が空いてんな。
    まぁこういうスタイルですし、そもそも大して見てる人がいないと思うんでメモ代わりにでも。
    チラシの裏に書くようなことがPVが10くらいでも入れば御の字だと思っているので…
    見てくれてる人ありがとうございますやでほんまに。

    というわけで今回はタイトルに有るDUEL MASTERS PLAY'S(通称:デュエプレ)についてです。



    皆さんはデュエルマスターズ、ご存知ですか?
    大体現代で言う10代最後半~20代半ばくらいの人が世代だったんじゃないでしょうか。
    アニメもあったし、漫画はコロコロで連載とかしてましたよね~~

    自分もガッツリ世代だったんですが、デッキのきちんとした組み方もわからずやってたあの頃…中学生になって再び流行りだしたもののデッキの組み方は下手だし、新しく追加される要素についていけなくなりやることもなくなってしまったデュエマ…

    なんでしたっけ…ゴッドリンクやら、ゼロ文明とか、超次元とか、闇のエンコマ、光のデモコマとかね…
    (知ってる人は知ってると思います、わからなかったらすいません)

    そんな世代を感じるカードゲームのデュエマが2019年末についにアプリでリリース!!!
    まぁ、自分はリリースしたあとで存在を知ったんですけどね。

    元は身内内でやる感じになり今でもぼちぼちやっているんですけど、このアプリについて物申す!!(未収益)



    ・デュエマ、懐かしい!
     デュエマって、世代だった人には懐かしいですよね。結構長いことやってるカードゲームコンテンツですし、なによりコロコロで連載してたのがデカかった気がする。

    んでこのデュエプレ、たしかに懐かしい!というようなカードがいくつか収録されており、経験者からすればこれはこれで楽しいのですが…
    思い出補正ありきなのである
    いやもうね…過去にデュエマやってなかったらもう辞め…いや、これは後で話します

    ・このゲームのいいところ
    なんか批判をすると過去の自分がかわいそうなので、良いところを挙げていきますね。
    1. カードごとの効果などが一目瞭然
    2. デッキ構築がカードの生成などで楽になった
    3. ゲームになったことによりデュエル自体が楽しいものに
    じゃあ上から説明していきます

    1:カードごとの効果などが一目瞭然
    カードゲームって、カードごとに効果が割り当てられてますよね。
    カードゲームに適応した機械などが当時にはあるわけもなく、カードの効果などはすべて自分で把握してゲームを進める事が多かった。
    実際は大した効果じゃないのに長い文章でわかりづらかったりとか、パワーが今いくつになってるんだっけ?この効果は今出ているの?とか、盤面がごちゃごちゃになるほどそれはめんどくさいものになり、その形骸から子どもたちの間では意図しないローカルルールが構築されてしまう始末に…
    たまにそれの食い違いで喧嘩になったりといろいろありましたね。

    で!!今回のデュエプレは公式が出しているので(当たり前)そういったローカルルールなどもなく、きちんとした公式のルールのもとでプレイできる。
    こういう場面ではこのクリーチャーは出せないとかできるとかできないとかがすぐにわかる。
    パワーがその時だけプラスされているならきちんとその時はプラスしたパワーで表示してくれているしでわかりやすい。めんどくさい計算もなし。
    なので、デュエマってどんなゲームだっけ?とか、そういう人でもとっつきやすいのはいいですね。

    2:デッキの構築がカードの生成などで楽になった
    デュエマって、デッキを作る際にカードを4枚揃えるのって当たり前ですよね?(他のカードゲームもそうかもしれないけど)

    でも、実際にリアルでカードゲームをやっていたときってレアカードを4枚揃えるのはパックを購入するだけじゃぶっちゃけ大変だし、お金がかかる…
    そういう場合はトレードとかでどうにかするんですけど、トレードに見合うカードが無かったり…最悪中古屋とかで高値でカードを買う…とかそういうことをしないとデッキを作るのすら困難。なんならレアカードだったら管理しないとパクられるってことも当時はありましたからね…

    でも今回はゲーム!カードを盗まれる心配ナシ!!(?)
    そして今回は持っていないカードでもゲーム内ポイントを使用すれば手に入れられるという仕様があります!
    ゲーム無いポイントはいらないカードを分解したりすることで手に入れられるポイントで、コモンのカードならポイントは安いですがいらないレアカードを分解し、ポイントを貯めて本命のカードをゲット…ってことができます。
    これができるだけで昔のプレイヤーからすれば大歓喜。最高やな!!
    ま、そのポイントをかき集めるには結構苦労しますけどね…

    3:ゲームになったことによりデュエル自体が楽しいものに
    カードゲームにはイラストやフレーバーテキストなど、味わい深いものってありますよね
    このカードの絵が好きとか、テキストが好きとかあると思います。
    で、今回はカードによってはアニメーションがあったり、召喚した際にボイスがついていたりするので単純に楽しめるものになってます。

    まぁゲームなんで当たり前ですけど、パックを引くのがいちいち課金しなければお金を払わなくても無料なんで、お金がかかっているのに…!ってことはないんじゃないでしょうか。
    課金してたら知りません!

    前述したデッキ構築が楽になったのも含めて、デッキを組むのが楽しいです。
    デュエプレにはソロプレイなるモードもあるので、構築したデッキを試すのも気軽にできて良い。


    このゲームのだめなところ
    ああ、ついに書いてしまうのか?いや、書くねッ!
    1. 登場しているカードのバランスがよくわからない
    2. ソロプレイがダルい
    3. カード固まりすぎ
    4. パックが課金しないと全然引けない
    5. メインストーリーが少ない
    6. 重い
    7. その他
    いっぱいありすぎる…とりあえずむかついてしゃーないんで書いていきます

    1:登場しているカードのバランスがよくわからない
    デュエマには登場するカードの弾が色々と分かれていますよね。
    で、このデュエプレにもカードの弾があるんですけど(今現在は1弾のみ)、収録されているカードは最初期だったり、比較的新しい弾だったりでごちゃごちゃ。人気のカードが優先的に収録されているように見えます。
    なので最初期からカードはインフレ気味のものがあったり… 
    一応わかる方に説明すると現環境で最強格のカード(出されたらお手上げレベル)は
    クリスタル・ランサー 悪魔神バロム 不落の超人 レジェンダリー・バイロン
    以上4種。つまるところこいつらをデッキに2枚以上組み込める人はだいたいのデュエルに勝てます。
    そしてなんでこいつらに対抗できないの?っていうと、単純に効果が強力なんですけど、他のカードが貧弱すぎて、そもそもこいつらを除去できるカードがほぼない。
    まずこいつらは進化クリーチャー(不落を除く)なので仕方ないですがコストに対してパワーが馬鹿高く、クリーチャーをぶつけて破壊できるパワーを持つクリーチャーがまず全然いないということ。
    手段がないわけではありませんよ?ただ、収録カードが偏りすぎていて対抗できるカードが明らかに少ない。
    そんでクリランとバイロンに関しては言わずもがな、ブロックできないので盤面に登場されたら「ンヒィ~wwwww」って奇声を挙げながらデュエルを放棄しなければならない。
    クリランはコスト6で8000でWブレイカーで進化クリーチャーですからね。コスパおかしい。

    ブロッカーで固めて「泥仕合に持ち込んだろ!w」って意気揚々としてたらバロムで一気に消し飛ばされた日には「ファーーーーwwwwww」と言いながらアプリケーションを落とさなければならない。しかも現状最高のパワーを持つので実質対抗手段がバロムと不落しかない(相打ち) しかもしかも、現状デュエプレにはTブレイカー(シールドを3枚ブレイク)が不落とバロムのみになっているので、こいつらが出てくる可能性を想定することがそもそも難しく、ただ出されることに驚いてそのまま死ぬしかないのだ。

    わからない人に説明すると…
    ガンダムに登場するザクやグフやドム。切り札にジオングとかで固めて「あと10年は戦えるw」と高をくくっていたところにターンエーガンダムやクロスボーンガンダムやF91が出て
    「これでゲームオーバーだド外道ーーーッ!!!」
    と言われながら無慈悲に殺されるのを見ているしかないということです。よいこのみんな、わかったかな?
    もっと簡単に言うとアンパンマンが核ミサイルでなすすべなく殺される感じです。わかりやすいっしょ?(チャラ男)

    2:ソロプレイがダルい
    先程は好評したソロプレイですが、実情はうんちみたいなものです。じゃ、それはなぜ?
    それはまず、ゲームのペースが遅いからです。
    いやまぁ、デュエマだから?カードゲームだから仕方ないんですけどソロプレイでも時間がかかって億劫ってのがある。
    まぁ、対人よりレスポンスは良いんですけどね…

    そしてトドメは
    CPのシールドにほぼ必ずシールドトリガーが仕込まれている
    に尽きる。
    シールドトリガーをわからん方に言うと、普通はコストを払わないと使用できないカードがシールドを割られて出てきた場合無料で使用できるカードなんです。
    シールドにはランダム(後述参照)でカードが仕込まれるので、必ずトリガーが入るわけではない。
    なのにコンピューターは必ずと行っていいレベルでシールドトリガーが仕込まれている。
    少なくとも入っていないときに「お、珍しいな」と思えるレベルで。
    そこでデーモンハンドとかホーリースパークを使われた日には携帯の画面が粉々になる思いをしないといけない。
    なのでうかつにシールドをブレイクすると負けたりドロ試合に持ち込まれたりでほんとクソ。
    どうにかしろ、運営!!

    3:カードが固まりすぎ
    個人差だったらすいませんとか言うと思ったか?
    これが個人差では済まされないレベルのことが多いんですよ
    それでは最近の私の手札をご覧ください


    
    ????????????????????????????????????????
    ※全部山札で始めの手札で引いたものです
    右3枚はシールドトリガーです。しかもこれは1ターン目です。
    なんなん??40枚カードが有るはずなのにそのうちの3枚が手札に来るってテメェこの野郎
    リアルのカードゲームでカードが固まってしまうのはわかるよ?けど、これコンピューターでやぅてるゲームだよ????どうしてこんなことが頻発してしまうのか?
    デュエプレのランダムって、こういうことなんですよ。

    他にあったのはドラゴンデッキでシールドに3枚コッコルピアがあったり、山札残り10数枚までコッコルピアが無かったり、デッキに10枚ちょいしか入ってない文明のカードが手札にびっしり5枚きたりとか尋常じゃねぇレベルです。何か調整ミスしてるとしか思えない。
    シャッフルのアニメーションとかいちいち入るけどどうせシャッフルしてないんだからやめてほしい。ほんとにむかつきます。


    4:パックが課金しないと全然引けない
    これはマジ。
    ただでさえごちゃまぜのカードパックなのにそれからなけなしの通貨でパックを引く思いときたら…
    まともに10連などを引けたのは1回か2回くらいで、うち1回は運営からの詫び石ってやつ。
    ミッションタスクなどがあるのですが、初めて1週間程度の時間しかやってないですがほぼミッション系はクリアしてしまい、現状パックはほぼ引けません。
    実はソロプレイのメインストーリークリアでゴールドがもらえるんですが…
    5:メインストーリーが少ない
    これは30個しかストーリーがなくて、それをクリアするとガチャを回す手段が絶望的。
    リリースしたばかりとはいえ、このゲーム性でストーリーが少ないってどうなの?
    かなり難易度が高いクエストでクリアに時間がかかる!とかなら少ないのもうなずけるけど、こういう出す手がいっぱいあるだけのじゃんけんゲームでお話が30個だけって粗末すぎやしませんかね?

    6:重い
    単純にゲームが重いと思う…いや、スマホが悪いと思うでしょ?
    別環境でやってみてもやはりロードは長いし読み込みに時間がかかる場面が多い。
    たまに謎のエラー吐いたりするし… そのせいかメンテナンスが多い模様…最近はないですけど… 詫びパックよこせ!「こんなゲームでごめんなさい」の詫びパックを配布しろ

    7:その他
    これがある種一番言いたかったことなんですけど…
    デュエプレだけでなく、カードゲームのアプリっていくつかありますよね
    ハースストーン、シャドバ、デュエルリンクスとか。
    その中でもデュエプレのリリースって圧倒的に遅いんですが…
    UIが他と全然変わんない!
    つまりはっきり言いたいのが「パクリやん…」ってハナシ
    実際現状のゲーム環境ではデュエマである必要がないんですよね
    今更似たようなゲーム出しておいてこれとは…って感じで、これやるならシャドバとかのほうがわかりやすいと思うしマシなバランスなんじゃないの?と思います。やったことないですけど。
    これは先にも言いましたが、思い出補正ありきでやっているにすぎません。
    デュエマじゃなかったらとっくのとーに辞めてます。

    そして上に登場カードのバランスが良くないと書きましたよね。
    現在登場しているパックが1弾のみということで、現環境でもだいぶバランスが崩れているというのに、これで新しいパックが追加されて最強格カードが登場したりでもすれば、それらを含まないカードはどんどん取り残されていくわけですし、パックガチャが全然回せない現状のまま新弾なんて出されちゃ、課金している人には到底勝つことは不可能になるでしょう。

    そうなれば現環境でヒーコラしてる私みたいなプレイヤーはまじでついていけなくなり本当に辞めることになるやもしれません
    でも、楽しい部分はあるんで続けていますよ…今はね…


    総評:5点中2.5点
    思い出補正とデッキを組むおもしろさで2.5点です。以上!!!!

    ま、デュエマやってたな~って人は片手までやってみてもいいかもしれないですね。
    ソロプレイと身内でやることのみおすすめします。いいカードが引けたら野良でやってもいいでしょう。

    なんかあったらつけたすかもしれません。
    とりあえず今日はこんなもんです



    次もぜってぇ見てくれよな!

  • 広告
  • 不登校ユーチューバーゆたぼんとかいうキッズの話

    2019-06-03 18:31

    おいいいいいいっす!kapivaraです。
    ブロマガを書き始めた当初はフリーターだったのでいくらでもブロマガを書けていたのに、よくわからん専門に入ってしまったおかげで時間もないしおもしろくもない憂鬱な日々を過ごしています。

    今回はネットの各所で賛否両論を巻き起こしているユーチューバー「ゆたぼん」くんについてお話します(適当)

    まぁ、いまさらこんなことを私が言って何になるとか、別にそういうわけじゃないんですけど…。
    以前にブロマガで「学校に行きたくない人に」というブロマガを書いたことがあるのもありますが、どうしても自分としては物申したいことがあるのでこうやって書いてます。

    まず前提に一つ言っときますが、私はゆたぼんが嫌いです

    じゃあ、このキッズの嫌いなところをひとつずつお話しましょう。

    1.小学生という世間知らずな子供のくせに偉そうに物を語ること
    まぁ、まずはじめに思ったのが「なんやこのクソガキ…」という感情(過激)
    小学生のくせに不登校の人たちにメッセージを送るとかいう言い方に不満を覚えます。
    言ってることすべてが間違いとはいいませんが、チン毛も生えてないようなガキんちょが偉そうに物を言ってるんちゃうぞ。と…
    このゆたぼん自身は「先生の言うことを聞くのが嫌になった」「周りがロボットに見えた!」とか言ってますが、世の中にはもっと辛い理由で学校に行きたくない人にだっているわけじゃないですか。
    そんな人を差し置いてちんけな理由で「学校は行かなくてええんやぞ!」とかムカつきません?ムカつきますよね、ええ。

    例えば
    「数学の因数分解がわかんね~数学やめてぇ~」と自分が悩んでいたとする
    そこに小学生(敵)が来て
    「ぼくも足し算できないから算数とかはやりたくない!君も一緒にやめない!?」
    とか言われてみてくださいよ。真面目に自分は悩んでいるのにそんな数学(算数)の序の口でずっこけるようなやつに言われたら良い印象持ちませんよね?

    そういうことなんじゃないかと僕は思いますね。

    2.親に言わされてる感しかない
    みなさんはこのキッズの動画を見たことがありますか?
    自分はネットで存在や主張を見てから動画をちらっと見たんですけど…
    なんだこのクソガキ… という印象。
    ツイッターのプロフィール画像はきちんと写ってるからよく見えるけど動画に出てくるとそのへんの公園でアリ潰して遊んでる子供と何も変わらん。
    こんなやつが大検とか義務教育ガーとか言ってますけど、みなさんは小学生の頃に義務教育とか大検とか知ってました?
    というか、今は大検じゃなくて高卒認定試験なんですけどね。
    まあ親に言わされてるんでしょうねこの辺は。

    調べると、このゆたぼんの親自体も相当良いとは言い難い経歴の持ち主。
    中村幸也という人らしいです。

    あんまし言いたくないけど親も親なら子も子ですわ。という感想しか出てこない。

    あと、他にはこんなことを言っていたらしい。
    これは俺がいっつも言ってることやねんけど、命は大切や。だって、学校と命やったら絶対に命が大切や
    だから死にたくなるくらいなら学校なんか行かんでいい

    あ? 




    >学校と命やったら絶対に命が大切や だから死にたくなるくらいなら学校なんか行かんでいい
    は?そんなもん誰でも知っとるわ。学校生活を送った上で友達関係とかで死にたくなるのであって、学校生活自体がいやで死にたい!なんてやついなくない?

    さっきも言ったけどこいつが言う限り学校で死にたくなるような思いをしてるわけでもないのにわかったようなことを言うのがたまらなく不愉快。

    なーーーにが少年革命家じゃ。
    自分の意見(?)を主張するだけで革命を起こそうともしてないくせによく革命家が名乗れますね。チェ・ゲバラとか知ってるんですかねこいつ。

    決め台詞のように「人生は冒険や!」とたわごとを繰り返していますが、10年程度しか生きていないようなやつが人生を語ってんじゃねぇよ。と思いますね

    一応今動画を見返したのですが、あまりにアレすぎてまじで殺意が沸いてきました。
    相変わらずコメントには批判殺到というか、正論コメントもたくさんありますね。

    じゃがりことさけるチーズを混ぜる動画にて
    不登校の子を助けたい」とか偉そうなこと言ってこの動画内容は草

    一人で訳わからんもん食うより、友達とワイワイ毎日食べる給食の方が美味しいのに。 家おるより学校行くほうが冒険やのに。

    いつでも、誰でも出来るその「勉強」ができないのが君だよ

    命の方が大事なんて皆知ってるよww 【学校で習った】からね


    書いててダレてきたのでこの辺にしましょうかね…
    いつの間にかツイッターアカウントも消えてますし、いつかしれっと消えてなくなりそうです。
    今後も彼の活躍に期待はしません。

    じゃ、このへんで
    人生は冒険や!










  • FIREWALL ZERO HOURというVRゲームを買ってみた

    2018-09-03 03:36

    どうも、こんにちわ

    お久しぶりです。しばらく更新が空いてしまいました

    理由は何もなかったからです。それに限る

    それで今回の話題は



    FIREWALL ZERO HOUR
    というゲームをご紹介します。

    実はこのゲームはなんとPSVR専用タイトルなんです!
    8月30日に発売開始されたVRのFPSゲームで、4人のチームでミッションのクリアを目指すというゲームで、シンプルかつVRの進化を垣間見る事ができるゲームなんです。



    このゲームではVRガンコントローラを使用することが出来て、画面を通して映る銃はまるで自分が実銃を握っているかのよう。

    自分でレットドットサイトを覗き込んで狙い打つこともできれば、ガンコントローラと視点が分離しているので、ブラインドショットなんかもできたりします
    ※ブラインドショットとは、物陰に隠れながら銃だけ遮蔽物から出して盲撃ちすること

    ちなみに、普通のDUAL SHOCKコントローラーでも遜色なくプレイ可能です。

    肝心のゲーム評価は海外では超大絶賛。
    まだまだ発展途上にあるVRにも関わらず良い完成度でゲームが仕上がっています


    かくいう私は、実は発売日前日までゲームの存在を知りませんでした。
    PSVRを手に入れたは良いものの、気に入るゲームがまったくなく燻っていたPSVRでしたがこんなゲームが有ると知って喜んで飛びつき、前日に知ってその日の0時にガンコン付属版を購入してしまいました

    さて、今回はPvEのモードやPvPも遊んでみて私なりの評価をしてみたいと思います。

    ・完成度が良い!
    マップの作り込み、銃のモデリングその他いろいろが洗練されていて、最近のゲームにも劣らない完成度です。
    マップも初期リリースながら8種類くらい?存在しておりなかなか飽きさせない。
    このゲームは基本亭に攻撃側、防衛側と分かれるゲームルールなので、そこの一つのポイント。強いて言えば他のゲームルールも欲しいところですが。
    あとはキャラクターに寄ってスキルが存在します。足が若干早くなるスキルや、ダメージを軽減するスキル、罠を発見しやすくなるスキル、味方の蘇生が早くなるスキル
    なので、それぞれ好きな役割を選ぶことができ、それぞれの分野に特化しているのでものによってはかなり便利。
    一応それぞれのキャラクターの固有スキルに、別の好きなスキルを付けることも出来たりします。
    後は投擲物の使用なのですが、これらも簡単かつ細かく指定できてやりやすいです。
    自分のガンコントローラで構えた後L2を押し、何処に投げるかというインジケーターが出るのでそこに構えてL2を離せばOK 狙いやすいし、わかりやすい。

    それと、現状使用できる武器はアサルトライフル、サブマシンガン、ショットガンとなっています。
    それぞれの武器はきちんと良いところや不利なところがはっきりしているので好みの武器を探すのも良いでしょう。

    ・VRならでは
    従来のFPSゲームでは右スティックで狙いを定めL2ボタンで構えてサイトを覗き込み、R2ボタンで射撃。というのが普通でしたが、今回はそれらを自分の身体で行う…
    自分で銃の上に取り付けたレットドットサイトを自分で顔の近くまで上げて覗き込んで狙うんですよ。それでトリガーを引く。 
    どうですか?それだけでもう面白いと思いませんか??
    今までは画面上でしか行えなかったことが、VRゴーグルを通して自分の身体を使ってキャラクターを操作するんです。
    右を向くなら銃を右に向けつつ視点移動。
    ブラインドショットをするならしゃがんでから銃だけを高く掲げて行うんです。

    あ、ちなみにキャラクターの移動やキャラクターの大まかな視点移動、キャラクターの姿勢変更はコントローラーにある左右スティックで行います。
    え、がっかり? いやいや、逆にそれらがすべて自分の体で行うとしたらめちゃめちゃなスペースも必要ですし、体力が足りませんよ。
    もちろん自分の首を向けることで360°好きな方向を見ることが出来ます。
    ただ、コードの関係上大抵の視点移動はスティックで行いますがね。

    ・FPS未経験、上手くなくてもなんとかなる
    従来のFPSが苦手な人って、やっぱりエイムが苦手というのが大きな要因だと思います。
    だけどこっちは自分の腕を動かし、目で構えて狙うので誰でも出来ます。
    自分もFPSはそこそこやっている方ですがまだまだ苦手な部類です。それでも連携すれば4人キル、3人キルとか出来ちゃいます。
    エアーガンとかと一緒なんですよ、要は。
    あと勝利に必要なのは度胸とある程度の状況把握能力くらいですね。
    このゲームは近ごろのゲームとは違い時間経過で回復するうえに、ショットガンでもなければ即死はまずないです。結構キャラクターは硬いので、案外死にません。いや、死にますけど
    それにこのゲームはヘッドショットがないので、それも初心者には良い配慮かもしれません。

    あとは状況把握ですが、例えば敵が残り3人の状況で少し離れた方の味方が撃たれて倒されたら、残り二人は目標のある部屋にいる?とか。
    まあそういうのを補うのがボイスチャット機能です。このゲーム、ボイスチャットをしてるかしてないかで天地の差があると言っても過言ではないくらい活きます。
    このゲームはドローンとかそういった便利なものはなく、足音か自分の目で判断するしか敵を発見する方法はありません。
    PSVRには標準でマイクが付いているので、それを使わない手はないですね。
    まあ、このゲーム外国人が多いので野良でやる場合は多少の英語力は必要になるかもしれないですね。

    ・意外と酔わない
    自分はもともと酔いの耐性はあるほうなのですが、そこまで気持ち悪くならないですね。
    ただ、目の疲れは出てきますがそれは仕方ない。
    自分で視点を動かすことが多いので、案外酔わないですね。
    まあでも、酔いやすい人は酔うかもしれませんけど。

    ・国際交流が出来る(?)
    このゲーム、海外で広く展開されていることやVC推奨のゲームなだけあって外国人が多いです。
    気さくに話しかけてくれる外国人も多く、それだけでもそこそこ楽しいですね。

    ・微妙な点
    逆に、ちょっとこれはどうなの?というようなところも紹介しておきます。
    ・ゲームモードがひとつだけ
    このゲームはマッチング毎度に攻撃側か防衛側か割り振られるんですが、親切なことに連続で防衛、連続で攻撃というようなことはないです。
    ただ、どうしても飽きちゃう… そもそも、結構このゲーム攻撃側が若干不利になりがちなゲームです。攻撃側は索敵を必要とするのに対して、防衛側は角で待って、足音を聞いて打てばいいだけですからね。
    可能ならデスマッチ的なやつとかもやってみたいですね。

    ・足が遅い
    このゲーム、従来のFPSに比べるとめっちゃ足が遅いです。ダッシュすることでやっと他のFPSの歩くくらいのスピード…
    まあ、逆にそれくらいのゲームペースのほうが全体的なやりやすさは向上しているかもしれません。その分位置取りや立ち回りが大切ですが

    ・フラグが強い
    このゲームはコントローラーのL2などを押すことで投擲物を投げるのですが、まあそれのダメージ範囲が大きいこと。
    加えて足も遅いので敵がいるところに投げちゃえば半々くらいで倒せます。無論自分もですが
    ただフラグが爆発するときにアラーム音が鳴るのでまだ良し。

    ・蘇生がめっちゃ早い
    このゲームは一度ダウンしてから追い打ちをかければやっとキルできるのですが、蘇生は他のプレイヤーにやってもらう必要があるのですが、蘇生がちょうど1秒くらいでできるので、撃ち殺した!と思ったらくっついて行動してる敵は速攻で起き上がります。
    前述したキャラクターの固有スキルの話なんですが、蘇生が早くなるスキルのキャラクターが現状死んでいます… 今でも十分早いので、わざわざ選ぶ人がいないのです。
    ダメージを軽減するスキルやフラグを1つ多く持てるスキルのキャラクターがいるので、それらを使う人が多いですね。

    ・全体的な感想
    はい。十分面白いです。
    自分で狙いをつけて敵を倒す。それがどんなに清々しいことか!
    敵と撃ち合って勝った時は、自分がアメリカ特殊部隊と見紛うような快感が得られます。
    なんたって、相手も同じVRでガンコントローラを担いでいる人間ですからね。
    一種のスポーツをやっているかのようです。
    味方と連携して勝利を掴めれば、きっとこのゲームの虜になるでしょう…

    箇条書きでとりあえずわかりやすいように書き綴ってみました。
    記事の最後には自分のプレイ動画(きたない音声入)があるので、もしよければ見てどんな感じか見てみてください。
    後は公式のローンチトレーラーなどもあるので、ぜひそれらを見てワクワクしてください

    とりあえず以上です!!
    まだまだPSVR自体を持っているユーザーがいないので日本人プレイヤーも少ないです…
    PSVRを持っているユーザーは是非購入してみてください。
    対人戦が不安でもAIを相手にするPvEもあるので気軽にやってみてください。

    じゃ、このへんで

    次もぜってぇみてくれよな!