ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

CoDWW2 ベータをプレイしてみての感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

CoDWW2 ベータをプレイしてみての感想

2017-08-26 06:11
    こんにちわ

    今回は先日より配信された、Call of Duty WorldWarⅡ(CoDWW2)のβテストをプレイしてみてのレビュー?です

    私はCoDWaW~CoDAWまでPS3でプレイし、IW,BO3は未プレイですが、今回気になっていたのでプレイしてみました
    そのうえで、何のシリーズに似ているか?何のシリーズと比べてどうか?とか、できるだけわかりやすく書いていきます。

    ・ゲームスピードについて
    多分気になる人もいるであろうゲームスピード。
    ちょいっと話を遡りますが、このまえ、MWR(CoDMWをリメイクしたもの)が単品販売されてちょっとだけ騒ぎになっていましたね。
    理由は、単品販売はしない!と言っていたのに調子に乗って販売したことや、単純に現代のCoDプレイヤーのニーズに合わないゲームの単品販売だったので、批評だらけでした。
    そのニーズというのが、ゲームスピードでした。
    MWRは本当にCoDMWをリマスターしただけの作品で、モッサリ感がそのまま受け継がれたせいで、一部ユーザーに批評が。IWとの抱き合わせ販売はあくまでおまけだったので許されたのでしょうが、どうも単品ではそうも行かなかった模様。
    それで今回のゲームスピードに関してですが、正直BO3やIWに慣れた人にとってはもどかしくてたまらないでしょう。
    強いて比べて表現するなら、CoDMWーCoDMW3の間くらいのゲームスピードです。
    遅すぎもしないし、速くもない。微妙な感じ。
    まぁ、世界観が世界観なので仕方ないですけど、あえてこれくらいのほうが受けたりしそうですね。最近のCoDは迷走気味だったので。

    ・敵の硬さ
    これもゲームスピードの枠でしょうが、一応分けて説明 率直に言えば固いです。
    BO2より固いです。 でも、武器に寄ってはあっという間に溶けたりする…
    つまり、硬さについては絶妙。どの武器でもほぼ瞬殺だったCoDMW2、3とは違い、武器の威力に寄って溶けたりそうじゃなかったりする。これに関しては良いと思う。ぬるま湯につかっていたプレイヤーからすればいい刺激になるでしょう

    ・クラスによるスキル
    今回、どういった意図か、クラスの作成は武器などだけではなく、兵士の兵科のようなものが選択できます
    バトルフィールドシリーズより極端ではないが、各兵科によって得意武器のようなものがあり、それに対応したスキルが有るようです。
    例えば「空挺師団」は、SMGの仕様に長けていて、戦闘中にサプレッサーの脱着が可能になるという感じ あとはスプリント距離が長かったりするので、無難に使いやすい。
    「山岳師団」はスナイパーのクラス。見た目はギリースーツを着ていてかなり目立つ たとえば足音を小さくしたり、敵のネーム表示を見やすくしたりなどのスナイパーに仕様に長けた兵科
    「遠征軍」はショットガンの仕様に長けたクラスで、ショットガンを使うともれなく焼夷弾という弾薬が使えて、敵を燃やす事ができる ショットガン同士でかち合うとたまに相打ちになったりする
    「機甲師団」はライトマシンガンの仕様に長けていて、LMGにバイポットが付くので精度が上がってつよいというLMGの仕様に長けたクラス
    「歩兵師団」は特に得意な武器などはないが、どの武器を使っても問題ないスタンダードなクラス
    持っているスキルが「銃剣チャージ」要するに銃剣突撃なんだが、そもそもCoDで近接攻撃で敵を倒す事はほとんどないし移動速度もそんなに速くないから強いのかわからない

    とまあこんな感じで色々別れていて個人個人のオリジナリティが求められるので、こういうのもいいですね 因みに自分は空挺と遠征が好きです

    ・リスポーン
    今回はリスポーンはなかなか動きづらいです
    マップの真ん中を走り回ってても基本的に変わらない 
    なので、敵が抑え込まれたり簡単にこちらが抑え込まれたりします 果たしてこれが良いのか悪いのか… 


    その他やっていて気になったこと
    このゲームをしていて、いくつか気になったことを書きます
    まぁ、まだベータなので今後変わるかもしれませんが参考程度に。

    ・マズルフラッシュが強い
    まず、武器って仕様のレベルに応じてアタッチメントが開放されるのですが、一番最初に解除されるのが「レンズサイト」というものなんですが、これが微妙。
    背が低いサイトなので、マズルフラッシュをモロに受けて、正直前が見えなくなります。
    空挺師団のサプレッサーをつけてもマズルフラッシュが出るので、全然前が見えない…ただ、リフレックスサイトが使えるようになれば気にならない
    もちろん、ライフルも同じです。昔の武器って照門が独特なので見づらかったりするんですよね

    ・SMGがそんなに強くない
    SMGが弱いというわけではなく、いい感じに弱いんです
    SMGって本来遠距離が弱い武器ですが、過去のシリーズを思い返しても、どの武器もちゃんと当てれば大体どの距離でも倒しやすかったりしたのですが、今回は離れるとまあ死なない死なない。 でも、良い調整ですよね~ なので中距離以遠はやはりライフルが強いです。

    ・敵が見づらい?
    これまでのシリーズって、順々に時代を追ってきて、最終的に未来にたどり着きましたが、WW2には現代的な家屋などはなく、瓦礫や草むらを背景に敵が動くので、意外と敵が見づらい… 

    ・現在登場しているSMGの分析
    初期SMG:威力もレートも低いのでそこまで強くないが使いやすい
    PPSh:近距離が一番強い レートが高い。
    百式短機関銃:レートは低め、威力はSMGの中では高め なので、PPShに近距離で出会うと負ける。ただ中距離での威力減衰が少ないので離れるとARとも勝負できる サプレッサーと相性が良いです
    他の武器は初期ショットガンしか使ってません。あしからず

    ・固定LMGめっちゃつよい
    正直うまいやつに使わしたら手がつけられなくなるくらいマップに固定されてるLMGが半端じゃない 文字通り溶ける

    ・UAVを落とすのがちょっと面倒
    今までは飛んでるUAVをロックオンして落とせましたが今回はロックオン不可
    その代わりに、低空をデカ目の偵察機がトロトロ飛んでいるのでちょっと偏差で撃てば撃ち落とせる ただランチャーを持てる兵科は限られてる

    ・UAVの敷居が高い
    元来UAVは3キルストリーク。パークに寄っては2キルするだけで手に入るストリークでしたが、今回は500ポイント つまり5キルストリークでした。
    BO3,IWではわかりませんが、BO2時代の頃は425でしたよね。あの頃はEMPグレネードだとか、何かと装備が揃いやすいのでポイントも上手く稼げたのですが、WW2にそんなものはない。己の腕で獲得するものになった なのでUAVが一試合で10回も飛ばないなんて普通にあったりする

    ・遭遇戦になりやすいマップが多い
    つまり曲がり角が結構多くてなにかと不便
    まぁでも、ショットガンが光るのかなぁとは思いますが、それは今後出るマップ次第だと思います

    ・ライフルのM1ガーランドが強い
    一応ライフルの区分のM1ガーランドがあるのですが、これが結構強い。いや、かなり強いのでは?
    CoD内で見れば結構な遠距離でも余裕で2発キルが出来るんですよね
    ゲーム内のスペックダメージは80ダメージくらいで、歩兵が持つライフル区分のもんじゃなくて、もはやスナイパーライフルレベル。ただ、弾が少ないのがネック エイムに自信がある人はおすすめかも。

    ・焼夷弾で死ぬ敵がむごい
    自分はよくショットガンを使うのですが、師団についているスキルの焼夷弾で敵を倒すと、「アアッ!ギャアアアッ!アアアアーーッ!!」と悲鳴混じりの声で火に焼かれて死にます。なかなかその光景はむごくて申し訳なくなる


    うん、取り敢えず思いつくのはこれくらいでしょうか
    ま、また何か思い出したら追記してみます。
    プレイできてない人でもし何か質問があればお答えするのでお気軽にどうぞ

    じゃ、このへんで 次もぜってぇみてくれよな!













    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。