ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンラインとかいうアニメ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ソードアート・オンライン オルタナティブガンゲイル・オンラインとかいうアニメ

2018-07-01 04:19
  • 1
おはよ~こんにちは~こんばんは~おやすみ~

お久しぶりです。kapivaraです。
相変わらず書くタネがないので更新が遅れていました。

今回は2018年の4月から7月まで毎週放送されていた、ソードアート・オンラインオルタナティブガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)の感想書こうかな~と思います。

ソードアート・オンラインといえばキリト…キリトといえば…アレ。
だからなんだか視聴するのが悔しくて、はじめは見ていませんでしたが知り合いが面白いと言うのもありおっかけで視聴。基本的にはAbemaTVで観てました。

中高生に人気なアニメシリーズで、このオルタナティブガンゲイル・オンラインは本編SAOの外伝の話。
本編でもガンゲイル・オンライン編はありましたが、その同じゲーム内での別主人公としての話。
批判をするつもりはないですが、ミリタリー色が強い話の内容で、一部ならず様々なファンを楽しませてくれましたが、肝心のキリトが銃をほぼ使わない…
今思えばなんかガッカリだし、あんまり”GGO編”というのを楽しめなかったように思います。あと無理やりこじつけたような殺人設定だとか…


自分もSAO本編は劇場版以外は一応視聴したことはありましたが、今回のガンゲイル・オンラインは一番楽しめました。

楽しめた部分
・戦闘描写
今回のSAOAGGO編、とにかく一番に挙げて評価するのであれば戦闘描写だと思います。
本編GGOでは剣振り回すだけだし、結局は単純なストーリー構成でした…
今回は最初から最後までリアルな戦闘描写をしていました。キャラクターが使う銃火器、チーム戦による戦略・戦法、あくまで”ゲーム”ならではの戦い方などなど…
特に、主人公のレンが使うP90を射撃する際の音割れレベルの銃声もなかなかにリアリティがついていて良い。
とにかく銃弾が飛び交う感じがGGOだなぁ~って感じです。知らんけど。
レンがP90にサイレンサーを取り付けたりだとか、スモーク散布で撹乱したり。
小さい体でスーツケースに入ったり…
他にはアツい盛り上がりの戦闘シーンで藍井エイルの疾走感MAXの曲が流れるもんですから、悔しながら鳥肌立たせながら観てました。

・作画
戦闘描写と並んで評価したかったのが作画です! アニメのスクショを見てもらうと分かると思うのですが















拾ってきたスクショです。レンばっかですみません。
とにかく作画がきれいで丁寧なんですよね。
キャラクターのどアップシーンは思わず見惚れるレベルできれいでした。特に目。
レンちゃんがかわいいから♡とかじゃなくてです。マジで。
あとは銃の描写もそうですね。ミリタリー界隈ってそういうのにうるさいですからね。
意見が正しいがどうかはともかく…

あとはずっと整った顔でカワイイ!とかじゃなく、ちょいちょいとおふざけ顔も混じってくるわけですが、それでもなお綺麗ってどういうことなの…

他には登場する銃火器も様々で、VSS・AR57・PTRD1941などのマイナーどころかつマニアも唸らせるような銃の登場であったり、原作者のミリタリー好きさがよく出ていますね(実際には分かりませんが)

・脚本、ストーリー描写
先に紹介しておくと、今回アニメの構成、脚本を手がけたのは「黒田 洋介」という方で、過去作には長編シリーズとなったガンダム00を一人で手がけ、他にはガンダムX、ガンダムビルドファイターズ、鉄血のオルフェンズ…まあ、ガンダムシリーズで名高い評価をされているのが黒田氏で、どのシリーズも忠実な戦い、戦争などのリアリティさがある物だと理解しています。なので脚本や描写などは期待して損はないかと思います。

で、結果を言うとめっちゃ楽しめましたし、とにかく飽きさせない感じでしたね。
大まかな流れとしては、レンがこのゲームで右往左往してたらGGOでは珍しい女性プレイヤーピトフーイと出会うのですが、実はとんでもないサイコ女で躊躇なく敵を騙し背後から撃ち殺すみたいなキャラクター。戦闘にもかなり慣れていてゲーム内ではある程度の知名度がある最強格のプレイヤー。
レンはいつかピトフーイを倒すという約束をし、その暁にはリアルで会うという約束を交わします。というのが大まかな流れです。

アニメというのは1クールのうちにいろいろと話を進めるわけですが、たまに戦闘シーンありきのアニメであっても「今回は話だけの回だな」とか「今回は戦闘モリモリだな」っていう回とかってありますよね?
SAOAGGOにもなかったわけではないですが、1クールのうちほんの1,2話だけだったのが高評価でした。
戦闘シーンは前述したとおりアツいのでめちゃくちゃ楽しめました。

ここはアニメ脚本というか、原作の流れだったら申し訳ないですが、期待を裏切るような展開がされているのも良かったですね。
1シーンだけ紹介すると、湖の手前まで逃げたレンをピトフーイが車に乗って追いかけるのですが、その湖の手前で停まって最終決戦!と思いきや勢い余って湖(実は浅瀬)に突っ込むという凡ミスをしてしまうなど、ある意味で期待を裏切るような、そんな展開が多くて面白かったです。

あと、今回SAOAGGOは本編SAOのGGO編の外伝となるわけですが、そんな外伝で本編主人公の話や名前が出たりするのって、なかなかアツいですよね。
シノンの話とか、キリトが使ってたフォトンソードとかも登場したりするんですよね。ほんの一応程度でしたが。

ちょっと長かったでしょうかね? いや、でもまだなにか書き足りないような気がしなくも…

つい先日放送は終了してしまいましたが、まだ新しいアニメなのでAbemaTVとかニコニコ動画とかで一挙放送とかやったりすると思うので是非視聴してみてください。

あ、ちなみに本編GGO観てなくてもぜんぜん観れます!

じゃあまぁ今回はこれくらいにしといてやります。

次もぜってぇ見てくれよな!



広告
×
Mさんすき。かわいい。
21ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。