• 2018年アニメランキング

    2019-01-17 06:20
    前回のブロマガで、
    「2018年アニメランキングを作ろうと思うーその1」
    というタイトルを付けたが、結局その2もないまま…。

    ということで、ものすごく私的ではあるが
    2018年のアニメランキングを発表しようと思う。

    こういう感想もあるんだ程度に見てほしいが、
    少しでも共感できる部分があれば
    コメント等を残せてもらえると嬉しい。

    評価方法
    各アニメを5つのポイントでそれぞれ5点ずつ、
    計25点満点で評価していく。
    評価ポイントは下記の通りとする。

    ストーリー
    ・全体としてまとまっていたか
    ・導入がわかりやすかったか
    ・ワクワクする展開だったか
    ・感動する、共感できる作品だったか

    作画
    ・作品に合致した作画だったか
    ・最初から最後まで作画が変わらなかったか
    ・話に集中できないような乱れはなかったか

    キャラ
    ・好きなキャラクターができたか
    ・キャラクターそれぞれに個性があったか
    ・キャラクターデザインは良かったか

    OPED
    ・作品にあったOPEDだったか
    ・単体でも聴きたくなるものか
    ・OPED映像と音楽がマッチしていたか
    ・記憶に残る音楽だったか

    声優
    ・それぞれのキャラに合った声優が起用されていたか
    ・好きな声優が出ていたか
    ・声優の魅力が作品にプラスとなったか


    まずは、残念ながらTOP10から漏れてしまった作品。

    「からかい上手の高木さん」    
    ストーリー4 作画5 キャラ4 OPED4 声優4 合計21
    原作から大好きだった作品。
    本来なら1位でもおかしくないのだが、
    他の作品が良すぎたと受け取ってほしい!

    「竜王のおしごと」
    ストーリー4 作画4 キャラ5 OPED4 声優4 合計21
    ロリコンではないのだが、2人の「あい」が良かった。
    各キャラが立っていて面白かった!

    「多田くんは恋をしない」
    ストーリー5 作画4 キャラ4 OPED4 声優4 合計21
    主人公2人が互いが惹かれる様と、
    その周りの想いや関係性など
    丁寧に、また爽やかに描かれていた。


    さて、ここからはベスト10に入っていくが、
    同率点数の都合上、実は11作品あったりするw
    ということで、第6位は同率で6作品!

    「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
    ストーリー5 作画5 キャラ4 OPED3 声優5 合計22
    実は途中までその存在を知らず、
    あとで見返して最終話に間に合った。
    中盤からずっと泣かされっぱなし。

    「ゆるきゃん!」
    ストーリー4 作画5 キャラ5 OPED3 声優5 合計22
    各キャラが立っていて
    楽しく見ることができたアニメ。
    キャラ同士の衝突がほぼなく
    ひたすら平和だったことも良かった。

    「はるかなレシーブ」
    ストーリー5 作画5 キャラ4 OPED4 声優4 合計22
    熱いスポ根アニメかと思ったら、それだけではなく、
    いい感じのイチャつきや笑う要素もあって、
    流石きらら枠だと思った。

    「ゴブリンスレイヤー」
    ストーリー5 作画4 キャラ4 OPED4 声優5 合計22
    圧倒的なストーリーに引き込まれた。
    メインパーティーをはじめ
    とにかくキャストが最高で、
    安心していて見ることができた。
    女勇者が悠木碧さんだと思ったら
    島袋美由利さんだと知って驚いた。

    「転生したらスライムだった件」
    ストーリー5 作画4 キャラ5 OPED4 声優4 合計22
    実は1話で切ったにも関わらず
    あとで視聴を再開したレアパターン。
    主人公無双だが嫌いじゃない。

    「となりの吸血鬼さん」
    ストーリー4 作画5 キャラ4 OPED5 声優4 合計22
    最初から最終回まで安定して見れたアニメ。
    特にOP・EDが秀逸で、
    最後まで飛ばすことができなかった!


    ここからは、ベスト5。
    第4位は同率で2作品!!

    「リリースザスパイス」
    ストーリー5 作画4 キャラ5 OPED4 声優5 合計23
    ゆるゆりのなもりさんキャラデザ
    ってことだけで視聴し始めたのだが、
    世界観がもうゆるゆりだったw
    先輩・後輩でも先生と生徒でもない
    弟子と師匠というシステムが、
    新たな妄想を生み出してくれて
    とにかく良かった。

    「オタクに恋は難しい」
    ストーリー5 作画4 キャラ5 OPED5 声優4 合計23
    大した話の展開はないのだが、
    そこが逆に肩肘張らずに見れた要因。
    オタクに媚びる作品は
    あんまり好きじゃないのだが、
    主要キャラが日常過ぎて違和感ないのが良かった。


    いよいよ佳境、ベスト3!
    第3位は・・・、

    「スロウスタート」
    ストーリー5 作画5 キャラ5 OPED4 声優5 合計24
    重くなりがちな内容を
    絶妙な空気感と優しい世界観で
    ふわっとしたものに変えてくれた。
    このアニメでは、とにかく
    たまちゃんの存在が大きい。
    うざいと思われたらそれまでだが、
    彼女あってこそ周りが明るくなった。


    さて第2位だが、実は25点満点で1位と同率。

    「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」
    ストーリー5 作画5 キャラ5 OPED5 声優5 合計25
    ヒロインみんな好きなんだよなぁw
    アニメ見ながら昔やったエロゲの
    同級生や下級生を思い出した。
    とにかくオープニングやエンディング
    作中の伏線に至るまで丁寧に作られていて
    同時期の妹萌えアニメにツメの垢を
    煎じて飲ませたいと思った。
    あと改めて声優ってすごいなと感じた。


    そして堂々の第1位!

    「ハイスコアガール」
    ストーリー5 作画5 キャラ5 OPED5 声優5 合計25
    2018年アニメのハイスコアw
    いいアニメというのは
    続きが気になるものだが、
    ゲームの思い出とともに
    小さな恋の行方がどうなっていくのか、
    毎週楽しみで仕方なかった。
    こちらは脇の声優がしっかりしていて
    作品の良い潤滑油となっていた。


    第1位のハイスコアガールは第2位と同率だが、
    原作見てなかったこともあり、
    期待してなかった分大きく裏切られたので1位にした。

    個人的には、差がつけられないほど
    どの作品も素晴らしくて、
    2018年は大豊作の年だったように思う。

    異世界モノや、主人公がラノベ作家モノなど
    最近は似たような作品が多くなっているが、
    だからこそ、ストーリー以外の要素も大事に
    なってるような気がする。
    食わず嫌いも多いので
    ヴァイオレットや転スラのように
    初見で見過ごしていたり切ったりすることも
    しばしばありそうだが、
    これからもいろんな人の意見を聞きながら
    良い作品は後追いでも見ていきたいと思う。


    年間ランキング
    2013年 ゆゆ式
    2014年 1週間フレンズ。
    2015年 SHIROBAKO
    2016年 響けユーフォニアム2
    2017年 小林さんちのメイドラゴン
    2018年 ハイスコアガール

    ではまた、ノシ~


  • 広告
  • 2018年アニメランキングを作ろうと思うーその1

    2018-11-22 05:07
    今年もあと40日ばかりで終わろうとしているので、
    1年を振り返る意味で見てきたアニメについて
    ありのままにまとめてみようと思う。

    結果、3年ぶりにブロマガを書くことになった。

    以下、今年見てきたアニメを列挙する。
    ※夏アニメまでは完走した作品
     秋アニメはこのまま完走するであろう作品
    ※完走していても、
     ランキングトップ10に入らなそうななものは省く
    ※タイトルは正式名称でない場合がある
    ※ランキングは秋アニメ完走時点で決める


    ・ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    ・からかい上手の高木さん
    ・スロウスタート
    ・ゆるきゃん
    ・三ツ星カラーズ
    ・竜王のおしごと
    (弱虫ペダル)

    個人的には豊作だった冬アニメ。
    通常はアニメでハマり原作に行くパターンが多いが、
    高木さんやカラーズなどは原作を持っていた。

    弱虫ペダルは今回ランキングからは外すが、
    大好きな手嶋回で熱くなれた。


    ・オタクに恋は難しい
    ・コミックガールズ
    ・多田くんは恋をしない
    (ゲゲゲの鬼太郎)
    (キャプテン翼)

    プライベートでは転勤があり、
    アニメに夢中になれなかった時期なのかも。
    恋愛物が多かったかな。

    鬼太郎、キャプ翼はいいリメイクだと思う。
    制作側の作品愛が伝わってきて良かった。


    ・すのはら荘の管理人さん
    ・ハイスコアガール
    ・はねバド!
    ・はるかなレシーブ
    ・ゆらぎ荘のゆうなさん
    ・京都寺三条のホームズ
    ・七星のスバル
    (深夜の天才バカボン)

    現時点では順番をつけるつもりはないが、
    とにかくハイスコアガールが強力だった。

    バカボンはエンディングが素晴らしかった。


    ・アニマエール
    ・ゴブリンスレイヤー
    ・となりの吸血鬼さん
    ・リリースザスパイス
    ・色づく世界の明日から
    ・青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
    ・転生したらスライムだった件
    (ジョジョ第5部)

    秋アニメはちょうど折り返したところ。
    個人的には冬アニメ同様豊作だと思う。

    ジョジョ第5部はランキングに入れない予定だが、
    毎週楽しみで仕方ない作品。

    ということで、()は除く23作品から、
    今年のランキングを作ろうと思う。
    できれば大晦日までには…。




  • 2015年春から秋にかけて購入したマンガ

    2015-10-07 10:19
    時間が経つのは早いもので、
    今年もあと3ヶ月で終わろうとしています。

    今年は仕事環境が変わりまして、
    ブロマガや動画の投稿が出来なくなるほど
    忙しい毎日を送っています。
    また、季節ごとに浴びるように見ていたアニメも
    いまは1週間に5、6本程度と、
    人間は環境によってこうも変わってしまうのかと
    自分のことながら驚いてる次第です。

    最近少し気持ちに余裕が出来てきたので、
    動画作成や視聴したアニメの話など、
    ちょっとずつ記事に出来たらなと思っています。
    今回はタイトルの通りですが、
    今年購入した漫画をざっと記しておこうと思います。

    ◆普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。1巻/小杉光太郎(一迅社)
    ◆ゆるゆり2・5巻/なもり(一迅社)
    ◆ゆりゆり/なもり(一迅社)
    ◆大室家1・2巻/なもり(一迅社)
    ◆ゆゆ式7巻/三上小又(芳文社)
    ◆幸腹グラフィティ2巻/川井マコト(芳文社)
    ◆ご注文はうさぎですか?3巻/koi(芳文社)
    ◆Aチャンネル5巻/黒田bb(芳文社)
    ◆つうがくろ1巻/かがみふみを(双葉社)
    ◆P.K.ジーニアス2巻/桐谷将士(小学館)
    ◆女子のてにをは1巻/るなツー(小学館)
    ◆ボブと愉快な仲間たち/パンチョ近藤(小学館)
    ◆からかい上手の高木さん1・2巻/山本崇一朗(小学館)
    ◆咲‐saki‐14巻/小林立(スクエア・エニックス)
    ◆シノハユ2・3・4巻/五十嵐あぐり(スクエア・エニックス)
    ◆げんしけん 二代目の八 17巻/木尾士目(講談社)
    ◆純潔のマリア1~3巻/石川雅之(講談社)
    ◆恋は光1・2巻/秋★枝(集英社)
    ◆全国高校!ゆるキャラ部/まいたけ(白泉社)
    ◆キミニ恋シナイ/天堂きりん(マッグガーデン)
    ◆お前ら全員めんどくさい2巻/TOBI(メテオコミックス)
    ◆グリザイアの果実1~4巻/廣瀬周(秋田書店)

    あまり購入したような記憶がなかったんですが、
    こうやって並べてみると結構な量ですねw

    以前も書いたと思いますが、
    基本的には好きな作者の本を継続して購入しているのと、
    アニメで好きになって漫画にも、というパターンが多いです。
    上記に加えて最近では、
    ニコニコの電子書籍の無料試し読みで気に入って
    コミックス購入という流れも増えております。
    わざわざ単行本で購入しなくてもと言われそうですが、
    電子書籍と実際のコミックスでは
    頭に入ってくる情報が違うんですよね。
    上手く言えないけれどw

    さて、上に挙げた作品の中で
    今いちばんのお気に入りですが、実は「大室家」です!
    「ゆるゆり」はアニメで見ていましたが、
    コミックスを全く持っていませんでした。
    電子書籍で「大室家」にはまりコミックスを購入、
    その流れで「ゆるゆり」本編も集め始めています。

    「大室家」はやっぱり櫻子がいちばん好きなんですが、
    出てくるどのキャラも心情豊かで、毎回癒やされてしまいます。
    ゆるゆり本編のような笑うだけで終わる展開ではなく、
    心をほんわかさせてくれるエッセンスがあるのが堪らないです。

    「ゆるゆり」は3期も始まったことですし、
    頑張って全巻揃えてみようと思います。
    「大室家」は3巻待ちですが、
    こちらも裸待機したいと思います!

    では、またノシ~