ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

雇用保険 失業手当についての個人的体験談。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雇用保険 失業手当についての個人的体験談。

2017-08-15 04:50

    2013年振りにブロマガを書き出しています、お久しぶりです。

    以前書いた転職サイトの記事、実はそこそこ見て頂いてるようで
    やはり皆さん仕事関係のことは情報収集に飢えているようだ!と思いましたので
    今回は少し視点を変えて、自身の転職で知った事、気づいたことを書いていこうと思います。
    (そんなこと言いながら、SNSばかりで長文に飢えてただけなのですが)


    さて、全回の記事が2013年とかなり年月が経ち、私も様々な社会人経験を経てきました。

    詳しいことはネット上には書けませんが、ざっくり言うと世間的にブラック企業
    になる会社で、働いていました(ざっくりすぎますね)


    まぁ!そんなことはどうでもよくて!


    実際いま、転職しようか迷っている又は離職している人に向けて書きたいと思います。

    ※注意事項
    本記事はあくまで私個人が感じたことお伝えしています、正規のガイドラインではありません。



    まず、現職で勤務している方が思う、離職したあとの不安要素としていくつか挙げると

    ①離職後の収入
    ②健康保険など各種保険の支払い(年金等も)

    などがあると思います。

    タイトルで完全に何を話すかネタバレしていますが、①に関して主に書きたいと思います。


    ずばり。
    失業手当をご活用ください。



    失業手当を受給できる条件として、雇用保険を支払っている、前職での雇用保険支払い期間が一年以上であることなど、条件がいくつかあります。

    雇用保険を支払っているかは、会社に問い合わせるか給料明細をご確認いただければ良いかと思います。

    ー失業手当とは。

    失業手当とは、今後就労する予定の方に対してその間の生活・転職活動の交通費などを
    保障してもらえる制度です。
    支給は職業安定所(ハローワーク)で認定され、事前に連絡された日時の説明会に出て
    毎月ある認定日までに月2回就職活動をしていることが条件とされます。

    金額に関しては、個人の収入から算出されますのでいくらとは言えませんが
    退職前の6カ月間の給与÷180日と、大体がこの計算式になるようです。
    (私も実際計算したことがないです、ごめんなさい!)

    計算により賃金日額が算出され、賃金日額*出勤日数の金額が指定の口座に
    振り込まれる仕組みになっています。

    ここで計算した方、お?案外もらえるんじゃないか?と思った方がいるかと思います。
    私も、そんなにくれるんだーと思いましたが、ここで落とし穴があります。

    退職している以上、保険証を返却しなくてはなりません。
    つまり、ご自分で保険料を支払う必要があり、その金額は以前給料から引かれていた
    保険料×2となります。
    会社で10000円払っていたとしたら、20000円を自分で支払うことなります。
    会社側は、従業員の保険料の半分を支払ってくれていますので、その分自己負担になるということですね。

    あとはアレよアレよと様々な税金がかかり、案外余裕なんてなくなってくるのです!
    それでも、支払いが困難な場合は各都道府県の市役所に掛け合えば減額してくれるので
    相談してみてください。

    そして、具体的にいつ振り込まれるのかですが。
    これがかなり時間が掛かります。

    まず、自己退社の場合(これが主ですね)
    大体ですが、支給までに三か月弱かかります、これは待機期間と呼ばれ、この間の
    失業手当の支給はありません、が。

    早期再就職手当というものがあり、三か月の待機期間内に内定した場合は
    全額とはいきませんが一定の金額が支給されますので、はやめに活動をはじめ
    再就職手当をもらうことをオススメします。

    次に、会社都合の退社の場合。
    これついては申し訳ないですが、あまりケースが少ないのでぶっちゃけわかりません!
    簡単に言えば、会社が倒産して退職せざるを得なくなった、などですね。

    この場合は待機期間を待たずに支給が始まるそうですが、詳しくは正規のガイドラインを参考にしてください!


    一人暮らしの方などはもっと余裕がなくなってしまうかもしれませんが
    生活最低限のお金を保証してもらえる制度は非常に貴重です。
    安心して転職・就職活動を行うためにも、この制度は是非活用してください。

    当たり前ですが、不正受給は絶対にしないよう注意してください。
    仕事があるにも関わらず手当を受けてしまうと不正になりますので
    間違いのないようにしてくださいね。

    簡単ではありますが、私が個人的に理解した失業手当とはこのようなものでした
    わかりにくいかもしれませんが、同じような境遇、又は悩んでいる方に
    少しでも不安なく次のお仕事探しができるよう祈ってます。

    拙い文章でしたが、最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。
    またストレス発散に更新するので、良ければ読んでくださいね!

    では!




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。