オクトパストラベラー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オクトパストラベラー

2018-12-06 20:00

    僕は堪え性が無いからもう言わなくていいことまで言っちゃうんですけど、前回の投稿の締めくくりで言ってた、


    「日中は雨が降ったり止んだりでぐずぐずの天気だったのに、一転、びっくりするぐらい月が綺麗で、


    っていうこれ、悪天候だったのにキレイな月が出ていて、それをオーイシマサヨシがGRIDMANのOP歌いながら指差した、っていう実際のライブレポであると同時に、


    当初そこまで乗り気じゃ無かった僕が最終的にライブを超満喫していた、っていう心理描写も兼ねていて、天気と心境をリンクさせる古典的手法ながら巧いなーと思ったので自画自賛しておきます。巧いなー。






    オクトパストラベラーの表をクリアした。


    プレイ時間は60時間程度。30時間もあればクリア余裕だろうと思ってたのに、思いのほかたっぷり遊べてしまって悔しい。


    今回はせっかくなので、僕が屈服させられたこのゲームのくっ殺ポイントを教えてあげます。購入を検討してるエルフの方がもしいらっしゃったら、いないと思うけど参考にしてください。





    このゲームは8人のプレイアブルキャラ、それぞれにそれぞれの旅が用意されてて、最大4人のパーティーを編成して好きな順番でそれらを攻略していける、って構成になっています。


    同じ街で違うキャラのストーリーが複数発生したり、キャラ同士の掛け合いがあったり、後は世界観の設定が小出しでわかってきたり、


    8人の旅は独立しているようで緩やかに繋がってはいて、最終的にはアレがアレしてアレ、ってことでこっからが裏面のお話なんですけどこれはモロネタバレなので書くことが出来ません。





    というかさっきも言ったように、短めの旅×8の短編集みたいなこのゲームでは、細かい部分の記述ですら、1キャラ単位で見ると占めるウェイトのデカさ的に即重大なネタバレになりうるから、


    もはや僕は、ストーリーの詳細については何も語ることが出来ません。困った。


    ただ1つ言えるのは、全員の旅が一点で収束したときのパチッとピースがはまった感覚はなかなかのものだったね。あっ!!っあああっ!!って感じ





    個々のストーリーもまあなんだかんだ結構、王道というかなんというか、どれもしっかり盛り上がりどころのある展開で良かった。


    ただ、裏面まで終えて初めて完成する物語って感じがするからこの時点であれこれ言うのは違う気がする。この投稿の存在を今根底から否定したな。





    強いて言うなら、「試合」と「けしかける」っていう、町人と戦闘する固有能力を持ったキャラが2人いるんですが、


    どのキャラも自分の能力を活用しながらストーリーを進行していく流れで、必然この2人は町人との戦闘を繰り返すんだけど、これはちょいキツかった。



    以前も言ったように僕は基本RPGの戦闘が退屈で仕方なくて、オクトパストラベラーに関しては「ブレイク」ってシステムのおかげで多様性が出てそれを回避できてるんですが、


    「試合」「けしかける」は完全なタイマンだからそこらへんの戦略とか何もなくて、難易度設定的にも基本負けないから、いつ終わるかもわからないままボタン連打してるだけ、って状態が多くてこれはテンポがアレだなーってアレだった。





    まああえて粗探しするならそんなとこですかね。低予算ぽくてボイスがあったりなかったり中途半端、ってのも人によっては気になるかもしれないけど、これはどうなんだろ。


    僕はストーリーとかそこまでどうでもいいから大丈夫なんだけど、よく考えたら「RPGの戦闘嫌いでストーリーそんなどうでもいい」って人間がなんでこのゲームを購入したんでしょうか?謎ですね~。なんで?





    まあとにかく、何が一番良かったって装備とかジョブを集めるのはめちゃめちゃに楽しかった。


    8人それぞれに固定のメインジョブ、付け替え可能なサブジョブがあって、ジョブごとに装備できるものやらステータスやらも変わってこれがまーーー楽しかったね。


    ここらへんの組み合わせをあれこれ試すのが好きな人は間違いなく楽しめるでしょう。ちゃんとしたゲームのレビューブログみたいでこの表現ムカつくな。楽しめるでしょう。



    全キャラ万遍なく進めてくもよし、一気に最強装備手に入れて無双するもよし、って自由度は寛大で良い感じ。


    それでいてあんまりバランス崩壊って感じでも無いから、うまいこと出来てんね。






    色々他にも不満が無いわけではないけど、DLCとかは出さないって公式に言われてるし、買い切りのゲームでこんだけ楽しめるんなら損はしないんじゃない?ですか?


    とにかくキャラが魅力的なのとBGMが秀逸なのは間違いないです。特にキャラに関しては、普段全くその手の営みに興味のない僕がカップリング妄想とかを始めるレベルには素晴らしかった。


    ただこれは荒れるだろうな~、荒れる。男女4人4人で無数の組合せができてしまうから、これはちょっとあんまり表に出すべきではないね。



    個人個人の話で言うと僕はトレサとハンイットが好きで、あとはアーフェンなんかも、ぱっと見の印象から良い意味で期待を裏切られたからお気に入り。


    唯一、「盗賊」って職業柄テリオンだけは受け付け難い、って人もいるかもな。僕は最初に選んだ主人公キャラがちょうどテリオンだったので何も気になりませんでした。





    BGMの話をすると、もちろんクオリティが高いのは言うまでもないとして、ボス戦前の会話からシームレスに戦闘曲に切り替わってくのはすごい良かった。


    あとは街中のモブとかも結構こだわってて、プロフィールを調べる能力で見てみると、悩みを解決してあげる前と後で中身が変わってたりして、


    例えば「旅に出ようかどうか迷っている」みたいなのが「彼の心には一点の曇りもない」みたいな。ネタバレになるから実際はこんな文章無いけど、


    そういう細かい部分の拘りが随所に散見されて、愛されてるゲームだな~と思いました。





    さっきから写真が多い。珍しく写真だらけ。


    僕はこれまであんまブログで写真とかやらなかったんですけど、めんどくさくて。ただやっぱ無いよりはある方がいいのかなあ、と思ったので、珍しく気合いを入れて写真をたくさん貼り付けてみました。


    僕はオクトパストラベラーだけで900枚ぐらいスクショを撮っているので、本当はまだまだこんなもんじゃないけど、そろそろ書きたいことも書き終わったのでここらで勘弁してあげます。



    貼りたいだけ写真を貼って満足したので特にamazonのリンクとかは貼りません。面倒だし。


    まともなブロガーならここでリンクを貼るであろう場面だな、僕は別にブロガーじゃないので貼りません。けど面白いゲームだから全員やれ。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。