夏井川渓谷キャンプ場、ソロキャン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏井川渓谷キャンプ場、ソロキャン

2018-06-05 05:44

     去る5月、暑い中ソロキャンしていたので、その時の様子をば

    ・駐車場に車を停めてサイトの隅から撮影

    左手側に駐車場、正面が男性・女性・多目的各トイレ
    先客としてコールマンで統一された男女1組がいました(白の車の持ち主

    ・トイレ前からサイト全体を撮影

    左手の東屋が炊事場になります
    サイトから一段下ると林間部があり、そこからもう一段下ると河原になります



    林間部にもテント設営ができるので、猛暑日にはそこに設営した方が良いかも
    というか当日は正に、春に似合わぬ暑さだったから林の中に設営すべきだった......

    ・テント設営

    到着したのは太陽が南天を回ってから、直射日光がとても暑い
    今回使用するのは「モンベル クロノスドーム2」
    ともかくグランドシートを広げ、テント付属のペグで仮止めしてから設営を始める

    グランドシートの4隅に独特のポールを差し込み、固定する
    なんでインナーテントも一緒にはめ込まなかったのか、コレガワカラナイ

    四苦八苦しつつ、インナーテントにもポールを差し込み、吊り下げる
    ここで軽くミスしたのは、ペグの本打ちする時に「ペグを固定するループ」と
    「フライを固定するループ」を間違えていた為、打ち直しする事になりました
    しかも、使っていたのがソリッドステークだったので、引き抜くのも苦労する事に

    何とかインナーテントを吊り下げて


    フライシートも被せ、これもペグ打ち

    用意したソリステが9本で、足りない個所には付属のV字アルミペグを
    L字や丸ペグではなく、V字だったので付属のペグでも結構しっかり固定された

    ・600円の銀マット(厚さ0.5mm)

    なぜこれで大丈夫だと思ったのか......

    ・ともかくのお昼

    結局、こだわりがなければペットボトルが楽、砂とか入らないし

    ご飯は炊かずに温めます
    こんな感じに1/3が水からはみ出すけれど、特に問題無く柔らかく


    ・火起こし

    B6君にエコエコロゴスミニを2個投入
    今思うと、別に1個で良かったような......
    なかなか着火しないので、着火剤を投入するも、ちょっと量が多くないかな......


    あらぶる着火剤、慄く私


    そして焼かれる豚肉くん


    もう1枚乗せられる豚肉くん、そして反撃に合う私


    あぁ^~

    特に焦げる事も無く、美味しく頂きました

    ・食べ終わった後片付け

    グリル、トング、箸、スプーン、お皿代わりのクッカー
    B6君はまだロゴスが燃えているのと暑いから、手入れは帰ってから

    なかなか消えないエコエコロゴスくん

    「1時間くらいで消えるよ」らしいけど、結局1.5時間燃え続けて
    最後は崩して、土を掛けて消火

    申し訳程度の虫よけにランタンキャンドル点火

    でも風の流れ的に、効果があったのかよく分からないです
    気分だよ、気分

    ・夕焼けは一気に宵う


    虫除けに明るいLEDランタン、手元にキャンドルランタン
    これで合ってるのかな.......

    鹿番長のアレとフィールドアのコンパクトチェア
    ただ座るだけなので手元に強い光は必要無いから、もう1つのLEDランタンはお休み
    それに、最小光量でもテントがこんな感じになるから、離れてるとは言え隣の人に遠慮する


    適当な所でテントに潜り込んで、radikoを流しながら艦これしたりアズレンしたり
    寝落ちしたので、翌朝スマホのバッテリーがかいめつしたけれど、
    ちゃんと10000アンペアのアンカーmobileバッテリーを持って行ったので、
    撤収中に充電する事ができました

    帰りに海沿いの温泉施設と石炭化石館に寄りまして、お土産購入
    次回はちゃんとマットを用意しようと思いました(小並感


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。