うさぎの森オートキャンプ場、ソロキャン・1日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うさぎの森オートキャンプ場、ソロキャン・1日目

2018-08-23 23:52
  • 6

 去る8月某日、片道百数十キロの道のりを経て福島県南会津町にあるという「うさぎの森オートキャンプ場」へソロキャンプに行ってきました。
 今回は、その初日、道中とキャンプの様子になります。

 台風が近付いているとの事で、結構低い雲の多いどんよりとした天気でした。



 車両で移動途中、西郷村の甲子公園展望台を通過。

 写真撮影中にトンボや蝶に体当たりされる。

 ここがキョロロン村という所か......


 よく分からないキョロロン謎オブジェ。


 休憩所はあっても中は無人。バスの運転手やトラックのおじさん、一般通行人が外の公園で休憩している程度で、特に賑わいは見えず。



 せっかくなので、キョロロン夕張メロンソフトクリームを頂く。


 更に運転して、道の駅しもごう。お土産店と峠の茶屋みたいな。


 せっかくなので、お昼に十割蕎麦と限定プリンを頂く。もはやキャンプでは無く単なる観光である。



 ついでにかった、うさぎの漆塗り置き鑑。


 再出発し、南会津町に到着。
 町内のスーパーへ立ち寄る。夕飯の肉とパックご飯、水を購入。
 ここでテント内で使う扇風機の買い忘れを思い出したので、南会津街にあるホムセンにより店頭品を購入。同じく店頭品のロゴスのポータブル火消し壷と、ついでに鹿番長のシェラカップも。地味に火消し壷はAmazonよりも安く、お得に入手できました。地味にこれは嬉しい。
 そして、うさぎの森オートキャンプ場入口の魔像。やってくる人間を喰いそう。クトゥルフ神話で信仰されていそう。


 上の魔像のある建物の中の左手側にキャンプ受付窓口があります。無人の時は反対側の管理室に声を掛ける。
 無事にチェックインが終わり、私のサイトは下図の右側「フリーサイト」になります。ちなみに管理棟は下図左の「しゃくなげ園」のさらに左になります。
 料金はフリーサイトだと「入場料+サイト利用料+駐車場利用料」で1,400円。
 テント・タープ1張りに付き550円、レンタル品の有料貸出や、炭や薪の販売もあります。


 管理棟からフリーサイトまで徐行で割と走る。そして、サイトに到着。管理棟ではコインシャワーが使えるのだけど、夏場にこの距離を歩くのは結構キツイ。


 ここをキャンプ地とする!



 設営終了!

 中にマットとか敷きまして......

 これの下に厚さ0.8cmの折り畳み式銀マットもあり、前回に比べて住環境は格段に改善されました。

 キャンプ場内写真
・フリーサイト近くの炊事場



・フリーサイト脇にある遊歩道。蝉がとてもうるさい。





・管理棟とうさぎ小屋、手前の植木のある部分がしゃくなげ園


 そして、小屋の中のうさぎども。車に轢かれるから、放し飼いはされていない。


 我が家の家うさぎに比べて、とても野生があるし、耳が長い。

 折角なので、外に出て昼寝の真似でもしようとしたら、蜘蛛くんやアブに邪魔されたので中々夏は難しい。


 途中で拾った松ぼっくりくんを生贄\アツゥイ!!/にしようとしたら、数日前の雨の影響らしく湿っていて着火できず。大人しく着火剤を使う。



 道中のスーパーで仕入れた肉どもを焼く。



 食後に焼き芋をしようとしたけれど、雨が降って来たので断念。


 そして、あっという間に日は暮れた。


 テントの中でAmazonプライムのギャレゴジを見ていたらいつの間にか寝落ちしてしまいました。
 ちなみに真夜中に弱めの暴風雨があり、フライシートが激しく雨に叩かれましたが、クロノスドームとソリステ30は無事に夜を越えました。
 ペグダウンはしっかり、地面にあった頑丈なペグでしましょう。

 2日目はまた後日......、8月27日、2日目投稿しました。
広告
×
テント飛ばそうぜ
17ヶ月前
×
テントが飛ぶ訳ないだr……    △
                 川
17ヶ月前
×
コンニチワ! アツゥイ!
17ヶ月前
×
\コンニチワ! ツカレタ! タノシイ!/
17ヶ月前
×
ゆるキャン難民キャンプ発見・・・イイ
17ヶ月前
×
>>5
\キャンプニ オイデオイデ!/
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。