2018年 仮想ドラフト<デモ版> 指名全選手章(巨人、西武、広島編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年 仮想ドラフト<デモ版> 指名全選手章(巨人、西武、広島編)

2018-07-16 11:26
    前回の続き。1位指名については、前回も参照を。

    【読売巨人】
    1位 笹川 晃平 外野(東京ガス)右打
    即戦力野手、左打者とセンターの補強、陽の代わりが長野とかでは困る.また,左打者として代打起用もあり。

    2位 勝野 昌慶 投手(三菱重工名古屋)右投
    即戦力投手、高卒社会人なので21歳と若いのも良い

    (他候補:上茶谷、齋藤、吉川、甲斐野、東妻、高橋、生田目、清水、富山、勝野、平尾、辰己など)



    【埼玉西武ライオンズ】
    1位 鈴木 翔天  投手(富士大)左投

    2位 岡野 祐一郎 投手(東芝) 右投

    (他候補:高橋、吉川、野村、生田目、平尾など)



    【広島東洋カープ】
    1位 上茶谷 大河 投手(東洋大) 右投

    2位 米倉 貫太  投手(埼玉栄高)右投
    めぼしい大社投手が残っていなければ、逆に将来のエース候補が残る可能性が高い。今年の候補で言えば、この米倉か倉敷商業の引地だろう。共に185㎝前後という長身で、米倉は癖の無いフォームで投げる質の良い直球が、引地はマウンド度胸と150㌔超の直球が武器。現状この2人に大きな差はなく、開催中の甲子園予選次第ではあるが、難しい選択になる。知名度では、やや米倉が有利か。

    (他候補:齋藤、高橋、坂本、富山など)


    沢山のご参加、ご来場ありがとうございました!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。