いつまで安牌を切り続ける? - あいまいみーのアニメに思う
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いつまで安牌を切り続ける? - あいまいみーのアニメに思う

2013-01-25 19:44
    ■アニメ化からすぐに3巻発売。タイミングは最高だ。ネット雑誌のまんがタイムWINということもあり、原作は1話~3話と最新4話分がいつでも読めるし、作者のpixivで3巻の最初の話が試し読みできるので、アニメから入った人も安心だ。

    ■ちょぼらうにょぽみといえば狂気で知られた同人作家であり、ニコニコにおいては東方変態四天王に数えられてもいた。東方だろうがボカロだろうがガンバの冒険だろうが、何を題材にしてもやることがたいして変わらない、良くも悪くも確立された作風の持ち主なので、オリジナル作品の”不思議なソメラちゃん”を引っさげて商業へ進出したのは正解だったんだろう。

    そしてなにか色々評価されてしまったのか、あいまいみーはとうとうアニメ化にまでこぎつけた。いい時代になったものだが……ここまで見てみると、どうにも、こう、その、味が薄い。

    ■暴力削減。愛がすっかりおとなしくなってしまっている。友達も先輩もなくボコボコに殴り倒す彼女はどこへ行った。2話だって愛がミイとぽのか先輩を殴り倒した後、怯えた麻衣が二人の血を掬ってこれで漫画を描いてくださいと懇願する部分がカットされている。ひどいキチガイとひどい暴力を盛り込んでバランスを取ることが多い漫画でこれはちょっとまずいんじゃないか。

    ■オチカット。メインパートで2つの話を合成した1話はともかく、2~4話でオチがカットされてしまった。3話と4話はまだしも、2話は前述の理由もあって、見ていて辛い。3分はとにかく短すぎる。

    ■そしてなによりキチガイ削減。おとなしいネタばかり拾っている。だいたいつかみのギャグとしてふさわしいはずの原作漫画1話はどうした。キチガイが大きな売りであるはずの漫画をアニメ化しておいてこれはないだろう。内田真礼に「やまたのペ○スおろちにHされる話を描くつもりなんだ」と言わせる気が、「断ち切ろう!悲しみの連鎖を!」と言いながら野犬の群れに葬式を襲撃させる気が、声優の非処女疑惑ネタをやった挙句「私達処女厨は誰も裏切らない最高の仲間だろ!!」と言わせる気が(3話のポスターはこれが元かもしれないが)あるのか。やれるのか。

    ■まだまだ弱いが、徐々に切れる安牌がなくなってきているのも確かであり、もう少し見守ればいつかはやらざるを得なくなるかも……という期待ができる。4コマ原作アニメの世界に大きな傷跡を残して伝説を打ち立てて欲しい。あと、せっかくのしばいぬ子さん枠だし、この回を早いところアニメ化して欲しいんだけど。


    実は1巻よりも最初の一冊にふさわしいかもしれない最新刊

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。