ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 美少女大喜利で過去に放送した美少女

    2016-11-17 18:41
    66.藤田菜七子



    1~65までの美少女は、こちら↓
    http://ameblo.jp/kawagoefumi/entry-11407169051.html




  • 広告
  • 過去に放送したくだらない枠講座    -大喜利狼少年-

    2016-03-01 23:57
    あるコミュに、いたずらと大喜利が大好きな少年がいました。

    暇を持て余していた少年は、ちょっといたずらをしたくなりました。

    「オオギリ!画像オオギリをするよ!」

    少年は、突然、リスナーに向かって、そう大声をあげました。

     
    大喜利が大好きなリスナー達は、少年の元へ駆け付けて来ました。

    (真っ暗なままの画像)
     
    それを見て、少年は大笑い。


    「ウソだよ!オオギリなんてしないよ~!(笑)」


    リスナー達は「なんだ、嘘かよ」と言って、帰って行きました。

     
    それに味をしめた少年は、もう一度、リスナーに向かって大声をあげました。

    「オオギリ
    !本当に画像オオギリをするよ!」

    大喜
    利が大好きなリスナー達は、今度は本当だろうと少年の元へまたもや駆け付けて来ました。

    (真っ暗なままの画像)

    「ウソだよ!オオギリなんてしないよ~!(笑)なんでまた騙されるんだよ。これは傑作だ~(笑)あー、お腹痛い(笑)

     
    ところがある日、少年は本当にオオギリがやりたくなってきて、リスナーにこう叫びました。


    「オオギリをするよ!本当にオオギリをするよ!今度は本当に、本当にオオギリをするんだよ!!」
     
    けれどもリスナー達は、知らんぷりです。

     
    なんども嘘を言う少年を、誰も信じようとはしなかったのです。

     
    かわいそうに、それ以来コミュに人は集まらず、少年のコミュは、とうとう爆破してしまったのでした。


    このお話しは、ウソツキは例え本当の事を言っても、誰も信じてくれない事を教えています。

    おしまい。

    -総評-

    子供に絵本を読み聞かせてあげているように、優しく進行していきましょう。







  • 過去に放送したくだらない枠講座    -ふみドン-

    2016-02-28 22:00
    壁ドン。いわゆる、男性が女性を壁際に追い詰めて手を壁にドンと突く行為である。多くは、その状態から男性が女性に「お前は俺の言う事を聞いていればいい」など、上から目線でものを言うのである。

    その壁ドンが女性の間で「キャー、キャー」言われているという情報を知った私は、それをもじって「ふみドン」なるものを決行した。

    放送を開始してから数分間の沈黙の後、実際に家の壁をマイクが拾えるくらい「ドン」と叩く。
    「リスナーはうちの言う事を聞いていればいい」
    特にリスナーさんの反応は無かったが、それは想定内。更に続ける。

    「うちの放送が始まるまで、パソコンの前で正座をし、待っているんだ。いいな?」

    「放送が始まったら、早めにコメントをするんだ。いいな?」

    「一人一枠につき、最低でも500円は広告するんだ。いいな?」

    「枠が盛り上がってるんじゃないか風なコメントをするんだ。いいな?」

    「うちのリスナーは、全員プレミアム会員になるんだ。いいな?」

    そんな感じの事を上から目線で連ねていくが、リスナーさんのあまりにも反応の薄さに「ちょっと言い過ぎたかな」とか「この枠ちゃんと理解されてるのかな」とか凄く不安になってくる。

    そんな中、最終的に思ったのが、「これってうちのリスナーさんへの要望じゃん」だった。
    それに気付いたと同時に、私はそっと放送終了のボタンを押した。

    -総評-

    うちのリスナーさんを壁際に追い詰めて手を壁にドンと突いて上から目線の発言をしても「キュン」とはならない。