川上量生さん推進の海賊版サイトのブロッキング、星野ロミさん逮捕でますます不要になる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

川上量生さん推進の海賊版サイトのブロッキング、星野ロミさん逮捕でますます不要になる

2019-07-09 20:15
  • 2
というわけで、あれだけ問題視されていた漫画村運営者の星野ロミさんがフィリピンで身柄を取られてしまいました。

【独自】フィリピンで拘束された「漫画村」元運営者 星野ロミ容疑者の写真独自入手
https://www.fnn.jp/posts/00047147HDK/201907091343_kokusaibu_HDK

 これで、漫画村での被害総額3,000億円と言われていた金額の行方だけでなく、通常の民事刑事での追及では海賊版対策はできなくなると繰り返し主張されていた川上量生さんのお話も台無しになるわけでございます。

 時間がかかっているとはいえ、福岡県警(とされている組織)が日本大使館経由ですでに居場所の知れていた星野ロミさんの身柄をフィリピン当局に確保するよう願い出て、実際普通に拘束されておるわけですのでね。

 一方、星野ロミさんはドイツ国籍やイスラエル国籍も持っているという謎報道も出てきており、そのまま日本に身柄が引き渡されるのかは良く分からん状況になっています。

ABS-CBN News(Twitter アカウント)
https://twitter.com/ABSCBNNews/status/1148409133353148418

 確かイスラエルにはユダヤ教徒のみが適応される帰還法(The Law of Return)と、イスラエルに永住する意志を持ち3年間納税して滞在すれば国籍が得られる措置があったかと思いますが、過去5年間で星野ロミさんがイスラエルに定住していたという話を聞いたことがないので、何らかの意図をもって星野さんがイスラエル国籍ホルダーであるとフィリピン当局に供述した可能性はあるというだけかもしれません。星野ロミさんがドイツ国籍でないことはすでに確認が取れているので、イスラエル国籍も微妙な雰囲気がいたします。

 これで川上量生さんが重ねて主張していた海賊版運営者をいまの日本の法令では摘発できない、だから緊急避難として漫画の海賊版サイトにはブロッキングが必要なのだ、という面白ロジックも通用しなくなりました。良かったのではないかと思います。

 もちろん、第二第三の大手海賊版サイトが出版業界に大きなダメージを与える可能性は否定できませんが、少なくとも、当面は憲法違反や通信事業法抵触を怖れるような措置が行われる必要性は無くなり、問題を起こす危険性は低くなりました。

 今後の川上量生さんの活動には注目してまいりたいと思います。
 引き続き、よろしくお願い申し上げます。




広告
×
山本一郎さんへ。

昔2ちゃんねるとひろゆきさんを訴えたやまもといちろうは経歴詐称のホラ吹きですよ
https://i.imgur.com/foWVpII.jpg

やまもといちろうの経歴詐称はこちらのブログのにまとめられているので御覧ください
http://yamamotohorahuki.blog.fc2.com/
1ヶ月前
×
なおやまもといちろう氏は個人ブログに対しスラップ訴訟を仕掛け敗訴していたのを最近暴かれたりしました。
合わせてご笑覧下さい。

山本一郎が「総会屋2.0裁判」で敗訴、高裁がネット総会屋と一部事実認定

https://yamamotoichirosaiban.home.blog/
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。