信州山越え鉄道旅 Chapter-1の解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

信州山越え鉄道旅 Chapter-1の解説

2017-05-24 21:49

    今回からいきなり始まりました、信州山越え鉄道旅

    ●今回の旅のルール

    今回は「特別料金不要列車縛り(いわゆる、普通・快速縛り)」や「チェックポイント」とかがっちりとしたルールは設けません
    とにかく1泊2日で湯田中に行って戻ってくるだけです…

    ちなみに2日目は中央線経由で東京方面に戻っていきます。

    ●立川8:04発 各駅停車/武蔵五日市行き(JR東日本E233系 トタ青663)

    立川始発五日市線直通電車。朝なのでそこそこお客は乗ってましたはい。
    ちなみに青梅線はATOS化後初めて…ですかねぇ…。

    武蔵五日市行きは五日市線ホーム(1番線)に到着。しかし、時間があまりなかったため
    乗ってきた電車の拝島到着時の映像は撮れてません…ので

    ↑の映像で代用。奥の電車は東京方面の快速なので乗ってきた車両ではありません。

    ●拝島8:22発 各駅停車/川越行き(JR東日本209系 ハエ64)

    拝島駅 八王子方面ホームでは 昇降バーを用いた方式のホームドアの試験中。
    埼玉県に入ります。

    ●高麗川9:07発 普通/高崎行き(JR東日本キハ110-222+208)
    ↑動画内で「川越行き」となっていますが、上記が正しい表記です。訂正してお詫びします

    八高線のキハ、2両固定編成もありますがこちらは1両+1両の組成。

    小川町の手前あたりになると山の中を突っ切ってるんじゃないかという感覚になります。
    地図を見ると沿線はほんっとゴルフ場がたくさんあるんですね…



    近年はここにも(臨時電車だけ)東急車がくるんだぜ…


    そして、こちら。
    画面奥には「フライング東上」色の8000系。


    グンマー入国群馬県に入りました。

    高崎車両センター高崎支所の前を通過。イベント用の旧型客車がとまっています。

    ●高崎10:40着


    高崎に久しぶりに来たのですが、この前来て115系や107系が見られたのが
    今は211系だらけという…。変わったなぁ


    ●高崎11:22発 普通/横川行き(JR東日本211系タカA56)

    少し風があって肌寒い高崎。駅の売店で買ったサンドイッチをホームで食べて待っていると
    隣のE231系と同時に入線してきたこちらの電車。乗りまっせー


    横軽の名残で今も複線なのですが、対向列車はほっとんど来ません。寂しいなぁ



    ●横川11:56着

    今回は横川到着まで。では次回またノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。